MANRIKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MANRIKI
監督 清水康彦
脚本 永野
原作 永野
製作 齊藤工(企画・プロデュース)
永野(企画・プロデュース)
出演者 斎藤工
永野
金子ノブアキ
SWAY
小池樹里杏
神野三鈴
音楽 金子ノブアキ
編集 清水康彦
制作会社 イースト・ファクトリー
製作会社 MANRIKI Film Partners
配給 HIGH BROW CINEMA
東映ビデオ
公開 2019年11月29日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

MANRIKI』(マンリキ)は、2019年11月29日公開の日本映画[1]。監督は清水康彦、主演は斎藤工[1]。なお、主演の斎藤は「齊藤工」名義でお笑い芸人の永野と共に企画・プロデュースも兼任している[2]

第23回プチョン国際ファンタスティック映画祭・ヨーロッパ国際ファンタスティック映画祭連盟 Asian Award受賞作[3]

概要[編集]

永野がファッションイベントに出演した時に感じた違和感から着想したという脚本をもとに、プロデューサーである齊藤や監督の清水がクリエイティブエッセンスを詰め込んだ作品[4]。なお、本作は齊藤、永野、清水のほかにミュージシャンであり俳優の金子ノブアキがメンバーとなっている映像制作プロジェクトチーム「チーム万力」による長編映画第1作となる[4]

2019年6月8日に表参道ヒルズで行われた「チーム万力 presents ショートフィルムの未来地図 vol.2」において、斎藤は「魔物を生み出してしまったという感じがあるが、同時に天使のような存在でもあるように感じる。観客の皆さんにはこの映画を観て是非共犯者となって映画を盛り上げてくれればと思う」と語った[5]。なお、このイベントでは本作をショートフィルムとして編集し直した特別作品や「チーム万力」の最新作である「DEATH BIKE」も併せて公開された[6]

あらすじ[編集]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “「チームMANRIKI」の長編映画『MANRIKI』、11月29日公開決定”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク). (2019年3月28日). https://www.barks.jp/news/?id=1000165867 2019年7月6日閲覧。 
  2. ^ “齊藤工×永野が企画、映画『MANRIKI』公開日が11月に決定 特報&ティザー”. CINRA.NET. (2019年3月28日). https://www.cinra.net/news/20190328-manriki 2019年7月6日閲覧。 
  3. ^ a b “斎藤工や永野ら出演、チーム万力「MANRIKI」がプチョン映画祭で受賞”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年7月5日). https://natalie.mu/eiga/news/338635 2019年7月6日閲覧。 
  4. ^ a b “永野原作、斎藤工主演『MANRIKI』公開日が11月29日に決定 ティザービジュアルも公開”. Real Sound (blueprint). (2019年3月28日). https://realsound.jp/movie/2019/03/post-339492.html 2019年7月6日閲覧。 
  5. ^ “斎藤工、永野ら「チーム万力」の新作「MANRIKI」短編版お披露目「魔物を生み出した」”. 映画.com. (2019年6月8日). https://eiga.com/news/20190608/13/ 2019年7月6日閲覧。 
  6. ^ “チーム万力の新作に斎藤工「魔物を生んだ」、SWAYは半裸でバイクのエンジンふかす”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年6月8日). https://natalie.mu/eiga/news/334829 2019年7月6日閲覧。 
  7. ^ a b “斎藤工、「チーム万力」の最新作に自信 金子ノブアキ、SWAYら共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2137141/full/ 2019年7月6日閲覧。