MARS (B'zのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > MARS (B'zのアルバム)
MARS
B'zEP
リリース
ジャンル
時間
レーベル BMGビクター
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン)[1]
  • 1991年度年間3位(オリコン)
  • 1992年度年間59位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ミリオン(日本レコード協会)
  • B'z アルバム 年表
    • MARS
    • (1991年)
    テンプレートを表示

    MARS』(マーズ)は、日本音楽ユニットB'zが1991年5月29日にBMGビクターからリリースした3作目のミニ・アルバム。このアルバムは、後にBMGルームス(現:VERMILLION RECORDS)の設立に伴い、発売権がBMGルームスに移行している。

    概要[編集]

    本作のテーマは「踊れるハードロック」。これはメンバーが映像作品『FILM RISKY』の撮影でニューヨークに行った時に寄った、当時流行りのクラブMARS」で流れていたハードなサウンドに刺激されたのがきっかけ[2]

    1991年のツアー『B'z LIVE-GYM "Pleasure '91"』を行っている間に発売された。

    4thアルバム『RISKY』に引き続き、ミックスにジェイソン・コーサロを起用している。

    BMGビクターとBMGルームスから発売されたものはCDのレーベル面が黒を基調とした塗装だったが、Rooms RECORDSから発売されたものは赤を基調としたものに変更されている。

    173万枚以上売り上げ[1]、B'zのミニ・アルバムとしては最も高いセールスを誇る。

    収録曲[編集]

    曲の解説やタイアップ等はB'zで解説しているため一部簡潔に解説する。

    1. 孤独のRunaway (5:01)
      松本孝弘安宅美春に提供したインストゥルメンタル曲のセルフカバー
      原曲からは打ち込みを減らしたアレンジが施されており、ギターリフにも一部変更が加えられている。
      歌詞は新たに作られたもので、稲葉は先にリリースされたインストゥルメンタルのイメージがあったので作詞し辛かったという。ただし、イントロの歌詞とサビの一部分の歌詞は、安宅のオリジナル版から存在しており、そちらでは稲葉がコーラスとして歌っていた[3]
      後にマスト・アルバム『B'z The "Mixture"』で再レコーディングされ、更にハードロック色が強調されたアレンジで収録。
    2. Mars (1:24)
      全編稲葉浩志の語りという、B'zでは異色の楽曲
      歌詞カードには言葉が全てひらがなで記載され、文字が四角く収められている。
    3. Loving All Night 〜Octopus Style〜 (5:50)
      2ndアルバム『OFF THE LOCK』の収録曲「LOVING ALL NIGHT」の全英詞アレンジ違い。
      間奏には加藤友彦によるブルースハープと稲葉の性行為を想像させるような喘ぎ声が入る。
      最後のサビは原曲の日本語歌詞(ラップ部分)で歌っている。
    4. Love & Chain 〜Godzilla Style〜 (5:45)
      3rdシングル「LADY-GO-ROUND」のカップリング曲「LOVE & CHAIN」の全英詞アレンジ違い。
      コーラス大黒摩季が参加している。
      リメイク曲の中では最も大幅にアレンジが加えられいる。
      間奏では原曲の日本語の語りが入る。
      曲終了後の英語の語りは藤田理麻によるもので、そのまま次の曲に繋がる。
    5. LADY NAVIGATION 〜Cookie & Car Stereo Style〜 (5:12)
      8thシングル「LADY NAVIGATION」の全英詞アレンジ違い。
      他のリメイク曲に比べると、原曲からのアレンジの変化が少ないが、ギターとドラムが目立つようになり、ロック色が強くなっている[4]

    参加ミュージシャン[編集]

    ライブ映像作品[編集]

    孤独のRunaway

    Loving All Night 〜Octopus Style〜

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    出典[編集]

    1. ^ a b “B'z、さらなる記録更新へ!ニューアルバムリリース決定!”. ORICON NEWS (オリコン). (2006年5月10日). https://www.oricon.co.jp/news/21023/full/ 2020年3月15日閲覧。 
    2. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、246頁。
    3. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、207頁。
    4. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、252頁。

    関連項目[編集]