MBSアニメフェス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
MBSアニメフェス
MBS ANIME FES
2014年から会場として使用される 大阪城ホール (大阪府大阪市中央区)
2014年から会場として使用される
大阪城ホール
大阪府大阪市中央区
イベントの種類 一般イベント
開催時期 毎年10月
初回開催 2005年7月30日(大阪城公園内西の丸庭園特設ステージ)
最終開催 2018年10月6日
会場 大阪城ホール(2014年以降)
主催 毎日放送[注釈 1]
プロデューサー 丸山博雄
最寄駅 JR西日本大阪環状線大阪城公園駅またはOsaka Metro長堀鶴見緑地線大阪ビジネスパーク駅
公式サイト

MBSアニメフェス』(エムビーエス アニメフェス)は、毎日放送 (MBS) 製作のアニメ作品に関するイベントである。

概要[編集]

初回は2005年7月30日に、毎日放送が大阪城公園にて開催した「オーサカキング」内イベントの1つとして、『MBSアニメフェス2005 大阪城エクスペリメント 真夏の夜の夢』のタイトルで開催された。各作品の出演声優陣のほか、T.M.RevolutionL'Arc〜en〜Cielなど著名な主題歌アーティストによるライブコーナーを充実させ、音楽性も強めていた[1][注釈 2][注釈 3]。この特徴は後述の各イベントにも共通する売りの1つとなる。

3年後の2008年8月17日には日本武道館にて、キー局であるTBSが毎年夏に開催する「TBSアニメフェスタ2008」と競合する形で『GUNDAM 00×CODE GEASS GO!GO!5!FES '08 in 武道館』を開催した[2][3][4]

それから6年後の2014年10月11日には、大阪城ホールにて開催の『MBS音祭2014』内イベントの1つとして、『MBSアニメフェス2014』を開催した[5][6]。また、今回からは日本全国の映画館約100館へ生中継するライブビューイングも実施されており[7]、同局のアニメ担当チーフプロデューサーである丸山博雄DVD化や後日の配信は一切なしということを公言している[8]

翌年の2015年10月10日には、大阪城ホールにて開催の『MBS音祭2015』内イベントの1つとして、『MBSアニメフェス2015』を開催、ライブビューイングも日本全国約120館で実施した。その最後には、他系列の作品もサプライズ登場して観客を驚かせた[9][10]。その映像は、同年11月14日にMBSで放送された『アニマゲー』第11回でも報じられた[11]。なお、他系列の作品のサプライズ登場は2017年以降も恒例となっている。

2017年には2年ぶりに開催され[12]2018年にも開催されている[13]。特に2018年はアニメシャワーアニメ特区アニメイズムアニメサタデー630第1部の合同イベントとして開催された。

2019年3月17日には、幕張メッセ国際展示場にて関連イベント『MBSアニメヒストリア-平成-』が開催された[14][15][16]

参加作品[編集]

MBSアニメフェス2005 大阪城エクスペリメント 真夏の夜の夢[1]
MBSアニメフェス2014[5]
MBSアニメフェス2015[10]
MBSアニメフェス2017[12]
MBSアニメフェス2018[17]
MBSアニメヒストリア-平成-[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2015年の開催までは認定放送持株会社移行前のため、旧法人(現・MBSメディアホールディングス)。
  2. ^ 2005年8月15日、同局の深夜枠で特別番組として放送。
  3. ^ 関連イベントとしては、翌年の2006年ソニーミュージックとの共催で、同様のイベントを東京(代々木第一体育館)・大阪(大阪城ホール)で開催している。

出典[編集]

  1. ^ a b MBS・TBS系アニメの祭典「MBS ANIME FES.'05」開催 (1/2) ITmedia Games 2005年8月9日、2014年6月20日閲覧。
  2. ^ 武道館を黄色い歓声で染めた「ガンダム00×コードギアス」ライブの模様をレポ! 電撃オンライン(アスキー・メディアワークス) 2008年8月18日、2014年6月20日閲覧。
  3. ^ “ガンダム00”と“コードギアス”が武道館で奇跡の融合、“好きキャラ・ランキング”を発表 ライブドアニュース 2008年8月18日、2014年6月20日閲覧。
  4. ^ 武道・音楽の聖地で2大アニメーションの音楽とパフォーマンスがシンクロ!「GUNDAM00 × CODE GEASS GO!GO!5 FES'08 in 武道館」 GUNDAM.INFO 2008年8月21日、2015年10月21日閲覧。
  5. ^ a b 人気アニメ“夢競演”に1万人、豪華声優13人&6作品が大阪に集結。 ナリナリドットコム 2014年10月12日、同16日閲覧。
  6. ^ 『ハイキュー!!』、MBSアニメフェス2014に参戦!スペシャルドラマの朗読と、SPYAIRによるサプライズライブが! リスアニ!WEB 2014年10月21日、2021年8月16日閲覧。
  7. ^ 人気アニメ大集合の『MBSアニメフェス2014』より公式レポ到着 アニメイトTV 2014年10月14日、2015年10月21日閲覧。
  8. ^ また、当日のリアルタイムの感動とサプライズを大事にしたく、内容に制約が増える... 丸山博雄のTwitterより 2014年10月11日、2015年10月21日閲覧。
  9. ^ 宮野真守さん、神谷浩史さん、小野大輔さんら人気声優が一同に集結! 「MBSアニメフェス2015」公式レポート到着 アニメイトTVニュース 2015年10月11日、同15日閲覧。
  10. ^ a b MBSアニメフェス2015 サプライズゲスト続出、「銀魂」参戦で大阪城ホールが歓喜の渦に アニメ!アニメ! 2015年10月10日、同12日閲覧。
  11. ^ 『AniMaGa』(2015年11月14日放送回)の番組概要ページ - gooテレビ番組(関西版)
  12. ^ a b 『MBSアニメフェス』サプライズ満載のライブレポート ORICON NEWS、2017年10月8日、同年10月12日閲覧。
  13. ^ 『MBSアニメフェス』過去最多の声優登場 『進撃の巨人』『ハルヒ』『おそ松さん』サプライズ参戦 - ORICON NEWS、2018年10月6日、同年10月8日閲覧。
  14. ^ MBSアニメヒストリア―平成― - MBS、2018年12月3日閲覧。
  15. ^ 『MBSアニメヒストリア平成』参加作品&キャスト発表 『ガンダムSEED』『進撃の巨人』『GRIDMAN』参戦 オリコン 2018年12月14日、同22日閲覧。
  16. ^ a b 『MBSアニメヒストリア』1万5000人“ギアス”の命令従う 18作品20声優参戦 オリコン 2019年3月18日、同30日閲覧。
  17. ^ 「MBSアニメフェス2018」公式レポート公開 - アニメイトタイムズ、2018年10月7日、同年10月8日閲覧。

関連項目[編集]