MDR-CD900ST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
MDR-CD900ST

MDR-CD900STは、ソニー・ミュージックソリューションズが販売しているヘッドフォン日本ではモニターヘッドフォンのデファクトスタンダードとして知られている[1]。1989年に法人に限定して販売が開始され、1995年からは家庭用にも販売されている。

本機はソニーが1985年に発売したヘッドフォン MDR-CD900[2] を元に、ソニーとソニー・ミュージックスタジオの共同開発によって誕生した[3]。CBSソニーのスタジオで使用するために開発されたモデルであり、当初は非売品で MDR-CD900CBS というモデル名であったが、1989年に国内のスタジオ向けに発売された際、MDR-CD900ST にモデル名が変更された[3]

MDR-CD900 と MDR-CD900ST の外見上の主な相違点は、MDR-CD900 はハウジングが光沢仕上げ、折り畳み機構を備え、カールコード、プラグが3.5mmミニプラグと標準プラグを切り替えられる2ウェイ仕様のフォーンプラグである一方、 MDR-CD900ST はハウジングがつや消し仕上げ、折り畳み機構がなく、ストレートコード、標準フォーンプラグとなっている[4]。MDR-CD900 はアモルファス・ダイヤモンド振動板を採用しているが、MDR-CD900ST は振動板素材に関する記載が特にない。

海外では同系統の機種である MDR-V6英語版(1985年発売)と MDR-7506(1991年発売)がモニターヘッドフォンとして有名である。どちらも折り畳み可能で、カールコード、2ウェイ仕様のプラグである。MDR-7506 はソニーから業務用ルートで国内でも販売されている。

仕様[編集]

いずれもメーカー公称の値。

型番 MDR-CD900ST
方式 ダイナミック型
ドライバー口径 40 mm
最大入力 1000 mW
インピーダンス 63 Ω
音圧感度 106 dB/mW
再生周波数帯域 5 - 30000 Hz
質量 約200 g
(コードの重さは含まず)

歴史[編集]

  • 1989年 - 業務用モニターヘッドフォンとして発売。
  • 1995年 - 消費者からの希望を受け、消費者向けにも販売を開始。
  • 2010年10月18日 - MDR-CD900STのノウハウを生かしたインナーイヤーモニター『MDR-EX800ST』を発売[5]
  • 2014年10月1日 - 2014年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞[6]

脚注[編集]

  1. ^ 高橋敦 (2012年12月12日). “【第27回】ソニーの定番モニター「MDR-CD900ST」の音はイマも通用するか?”. 音元出版. 2015年9月20日閲覧。
  2. ^ https://www.sony.jp/headphone/special/park/kiseki/history/
  3. ^ a b http://www.smci.jp/files/2/headphones/pdf/DiGiRECO_2012AUG_VOL.135.pdf (開発者の投野耕治へのインタビュー)
  4. ^ ハウジングがつや消し仕上げで、折り畳み機構がなく、ストレートコードである点はMDR-CD900 の下位機種として発売されていた MDR-CD700 に準じている(同機種は2ウェイプラグだった)。
  5. ^ “ソニーとソニー・ミュージックスタジオが共同開発、インナーイヤーモニター 『MDR-EX800ST』 発売” (プレスリリース), ソニー・ミュージックコミュニケーションズ, (2010年9月21日), http://www.smci.jp/mob/news/newsShw.php?site=headp&ima=5329&cd=10001 2015年9月20日閲覧。 
  6. ^ モニターヘッドホン [MDR-CD900ST]”. 日本デザイン振興会 (2014年10月1日). 2015年9月20日閲覧。