MESHサポート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MESHサポート
MESH support
MESHSupport squadronmark.jpg
メッシュ飛行機
メッシュ飛行機
創立者 小濱正博
団体種類 特定非営利活動法人
設立 2008年11月14日
所在地 沖縄県那覇市高良3丁目3-17
北緯26度11分28秒東経127度39分34秒座標: 北緯26度11分28秒 東経127度39分34秒
法人番号 7360005003534
主要人物 理事長 塚本裕樹
活動地域 日本の旗 日本
主眼 医療支援活動
活動内容 航空機を活用した救急医療の提供
ウェブサイト www.meshsupport.jp
テンプレートを表示

MESHサポート(メッシュサポート)とは、島嶼県である沖縄県の僻地・離島の医療格差改善のため、医療用航空機を活用した医療支援活動に取組むNPO法人

MESHはMedical Evacuation Service with Helicopterの頭文字から成り『メッシュ』と発音する。

沿革[編集]

  • 2007年平成19年)6月16日 : 沖縄県北部地域にて北部地区医師会の費用負担による民間救急ヘリ(MESHヘリ)運航を開始[1]
  • 2008年(平成20年)
    • 5月23日 : 北部地区医師会新執行部にて財政的な理由からMESHヘリ運航を終了。特定非営利活動法人による運航再開を目指す[2]
    • 11月14日 : 沖縄県より特定非営利活動法人の認証を受け、MESHヘリ再開に向けた資金造成活動を開始[2]
  • 2009年(平成21年)6月15日 : 造成資金を財源に特定非営利活動法人によるMESHヘリ運航を再開。
  • 2011年(平成23年)10月31日 : 運航財源の不足によりMESHヘリ運航を休止。航空機の自主運航による事業の効率化を目指す。
  • 2013年(平成25年)6月3日 : 自主運航によるMESHヘリ運航を再開。
  • 2015年(平成27年)6月1日 : 南西諸島全域における搬送体制・医師等派遣体制の促進を目指し、MESH飛行機の試行運航を開始。
  • 2018年(平成30年)11月1日 : 沖縄県本島北部地域における救急ヘリ活動を終了し、南西諸島全域おける救急飛行機活動に移行。ビーチクラフト ボナンザ(活動半径700km)

事務局[編集]

沖縄県那覇市高良3丁目3-17

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “救急ヘリ、きょうから運用 北部医師会”. 琉球新報. (2007年6月16日). オリジナルの2013年5月1日時点によるアーカイブ。. http://archive.is/zKvqJ 
  2. ^ a b 小濱正博 2011.

参考資料[編集]

  • 小濱正博 『翼に命をたくして 民間救急ヘリMESHの奇跡、その記録』 沖縄タイムス社、2011年3月。ISBN 978-4871272001。
  • 沖縄離島の急病患者を救うために医療用飛行機を購入したい!”. クラウドファンディング Readyfor (レディーフォー). 2019年3月11日閲覧。 “2015年6月1日(月)23:00 支援人数 457人 総額 36,291,000円で、このプロジェクトは成立しました。”

関連項目[編集]