MFFフットボールセンター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MFFフットボールセンター
МХХ Хөлбөмбөгийн төв
Naadam archery.jpg
施設情報
所在地 モンゴル国の旗 ウランバートル チンギス・カン通
位置 北緯47度54分00秒 東経106度54分59秒 / 北緯47.900135度 東経106.916303度 / 47.900135; 106.916303座標: 北緯47度54分00秒 東経106度54分59秒 / 北緯47.900135度 東経106.916303度 / 47.900135; 106.916303
開場 2002年10月24日
所有者 モンゴル国サッカー連盟
運用者 モンゴル国サッカー連盟
グラウンド 人工芝
ピッチサイズ 105m×68m
使用チーム、大会
ニスレル・リーグ
サッカーモンゴル国代表
収容能力
3,500人
アクセス
交通アクセスを参照

MFFフットボールセンター: МХХ Хөлбөмбөгийн төв: MFF Football Centre)は、モンゴル国の首都ウランバートルにある球技専用スタジアムである。

概要[編集]

MFFはモンゴル国サッカー連盟 (: Mongolian Football Federation) の略称。収容人数は3,500人[1]2002年FIFAのFIFAゴールプロジェクトにより人工芝の競技場として建設された[2]。その後、2007年にはFIFAセカンドゴールプロジェクトによりテクニカルセンターが建設され、2012年現在はFIFAサードゴールプロジェクトによりスタジアムの隣に室内フットサル競技施設を建設中である。なお、隣にはナショナル・スポーツ・スタジアムが隣接している。

主にサッカーの試合に用いられる。ニスレル・リーグに所属する数チームがホームスタジアムとして使用する他、サッカーモンゴル国代表のホームスタジアムとしても利用される。

2011年3月15日には、AFCチャレンジカップ2012予備予選のフィリピン戦で使用されている[3]。また、2014 FIFAワールドカップ・アジア1次予選ミャンマー戦でも使用され、モンゴル代表が勝利を収めている[4]

交通アクセス[編集]

スフバートル広場より南に伸びるチンギス・カン通り沿いにある。スフバートル広場からタクシーで約10分。ウランバートル駅からも同程度。

脚注[編集]

  1. ^ National Sports Stadium Mongolia soccerway.com
  2. ^ Football in Mongolia, First Goal Project (pdf)” (英語). FIFA.com. 2012年3月10日閲覧。
  3. ^ Preliminary success boost for Philippines” (英語). FIFA.com (2011年3月1日). 2012年3月1日閲覧。
  4. ^ 2014 FIFA World Cup Brazil™: Mongolia-Myanmar - Overview - FIFA.com” (英語). FIFA.com. 2015年2月21日閲覧。