MISSING PIECE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
MISSING PIECE
氷室京介スタジオ・アルバム
リリース
録音 1995年 - 1996年
パラダイススタジオ駒沢
パラダイススタジオイースト
A&Mスタジオ
ロイヤルトーンスタジオ
クリントンスタジオ
ジャンル ロック
バラード
時間
レーベル ポリドール・レコード
プロデュース 氷室京介
美久月千晴
佐橋佳幸
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年度年間35位(オリコン)
氷室京介 アルバム 年表
SINGLES
(1995年)
MISSING PIECE
(1996年)
I・DE・A
1997年
EANコード
『MISSING PIECE』収録のシングル
  1. 魂を抱いてくれ
    リリース: 1995年10月25日
  2. STAY
    リリース: 1996年6月24日
  3. SQUALL
    リリース: 1996年8月15日
  4. WALTZ
    リリース: 1997年1月15日
テンプレートを表示

MISSING PIECE』(ミッシング・ピース)は、日本のミュージシャンである氷室京介の6枚目のアルバム

1996年9月30日ポリドール・レコードからリリースされた。東芝EMIからの移籍第一弾としてリリースされ、前作『SHAKE THE FAKE』(1994年)以来2年ぶりのリリースとなった。作詞は松井五郎の他に松本隆および氷室が担当、全作曲は氷室、プロデュースは氷室および美久月千晴佐橋佳幸が担当している。

レコーディングは当初日本国内で行われていたが、氷室の要望によりアメリカ合衆国でのレコーディングに変更され、エンジニアとしてニール・ドーフスマンが参加している他、マスタリングはテッド・ジェンセンによって行われた。本作のテーマはシェル・シルヴァスタインの絵本『ぼくを探しに』(1977年)および『ビッグ・オーとの出会い : 続ぼくを探しに』(1982年)を題材としており、アルバムタイトルは同作の原題から名付けられた。

テレビ朝日系テレビドラマ『風の刑事・東京発!』(1995年 - 1996年)の主題歌「魂を抱いてくれ」、TBS系音楽番組『COUNT DOWN TV』(1993年 - )の6月度オープニングテーマ「STAY」、日本テレビ系テレビドラマ『グッドラック』(1996年)の主題歌「SQUALL」が先行シングルとして収録されている他、ダイドードリンコダイドーブレンドコーヒー」のコマーシャルソングWALTZ」がリカットシングルとしてリリースされた。

オリコンチャートでは最高位1位を獲得した。

背景[編集]

前作『SHAKE THE FAKE』(1994年)リリース後、氷室は「SHAKE THE FAKE」と題したコンサートツアーを同年10月12日横浜アリーナからツアーファイナルとなった12月24日12月25日東京ドーム2日間連続公演まで、8都市全16公演を実施した[1][2]

1995年に入り、氷室はレコード会社の移籍を検討し始める[3]3月7日には「阪神・淡路大震災チャリティコンサート」に参加し、同公演には別枠において布袋寅泰も参加していた[3]。また、このライブを最後に氷室は1998年のコンサートツアー「TOUR "COLLECTIVE SOULS"1998 One Night Stand」まで 3年半におよぶ期間ライブを一切行わなかった[4]7月19日には初のベスト・アルバムSINGLES』をリリース、同作はオリコンチャートで最高位1位を獲得、売上枚数は136.7万枚とミリオンセラーとなり、また氷室のアルバムにおいて最も売上の高い作品となった。

同年に氷室は「BeatNix」という新レーベルを設立し、BOØWY時代より10年間所属した東芝EMIからポリドール・レコードに移籍し環境や制作において大きな変化をもたらす事となった[5]。後年氷室は1995年に関して「やらなきゃいけない作業の量から内容からすべてが180度変わる、第二期に突入する(中略)大きなターニングポイントになっています」と述べている[5]

10月25日には移籍第一弾となるシングル「魂を抱いてくれ」をリリース、12月15日には前年のコンサートツアーから東京ドーム公演の模様を収めたライブ・ビデオ『LIVE AT THE TOKYO DOME SHAKE THE FAKE TOUR』をリリースした。

録音[編集]

レコーディングは日本国内のパラダイススタジオ駒沢およびパラダイススタジオイーストの他、アメリカ合衆国A&Mスタジオ、ロイヤルトーンスタジオ、クリントンスタジオにて行われた。

本作の構想はシングル「魂を抱いてくれ」をリリースした頃には始まっていた[3]。ディレクターの臼井克幸は本来であればアップテンポの曲をシングルとしてリリースする事を検討していたが、「魂を抱いてくれ」の松本隆による作詞に感銘した氷室は、シングルでのリリースを要望した[3]。しかし氷室も臼井も同作を軸としてアルバム制作に入るイメージが湧かず、「STAY」および「SQUALL」をシングルでリリースした後にアルバムをリリースする流れに変更する事となった[3]

同時期に氷室は周囲のスタッフにあらゆる事を依存している事、ミュージシャンとしての活動時間が長くなりすぎて一個人としての時間が持てなくなっていた事に疑問を感じていた[6]。「魂を抱いてくれ」のPV撮影のためにネバダ州を訪れた氷室は、低賃金で働く現地スタッフが汗だくになりながら仕事をしている様を見て、成功は収めたものの虚しさを感じている自身と比較していた[6]。その後氷室は活動の拠点をロサンゼルスに移す事となり、以降のレコーディングはアメリカにて行われる事となった[3]

音楽性とテーマ[編集]

本作はファーストアルバム『FLOWERS for ALGERNON』(1988年)がダニエル・キイスの小説『アルジャーノンに花束を』(1959年)を題材とした事と同様に、シェル・シルヴァスタインの絵本『ぼくを探しに』(1977年)および『ビッグ・オーとの出会い : 続ぼくを探しに』(1982年)を題材として制作された[6]。氷室は同書の「自らの欠けた破片を探す物語」が当時の自身の心境とリンクしていたと述べ、結果同書の原題である「The missing piece」をアルバムタイトルとして使用する事となった[6]

ディレクターの臼井は本作のレコーディングには膨大な時間が掛かっている事を述べた他、日本とロサンゼルスにおいて様々なものを探索しながらレコーディングを行った事で一箇所でイメージを固定して制作したアルバムとは異なる作品であるとして、「チャレンジしたアルバムというか、結果的には大作だと思うんです」と述べている[7]

「NAKED KING ON THE BLIND HORSE」がバージョン違いを含めて2曲収録されている事に関して臼井は、曲が不足しているという理由からではなく全く異なるアプローチによる別の曲という認識から収録する事になったと述べている[8]

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
CDジャーナル肯定的[9]

音楽情報サイト『CDジャーナル』では、「ハードなギター・サウンドにばかり耳が向く」と指摘しながらも、バラード曲に関しては肯定的に評価し「氷室京介のバラード・シンガーとしての魅力は相当なモノ」と称賛した[9]。また氷室のボーカルを「硬質で色気いっぱいに歌う」と表現し、松井五郎や松本隆の詞を歌うスタイルが認知されたときに「矢沢永吉に近い歌謡性を持つはず」と評価した[9]

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは最高位1位、登場回数は10回となり、売り上げ枚数は65.7万枚となった。

収録曲[編集]

一覧[編集]

全作曲: 氷室京介(特記除く)。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.STAY松井五郎氷室京介(特記除く)
2.PLEASURE SKIN松井五郎氷室京介(特記除く)
3.MISSING PIECE松井五郎氷室京介(特記除く)
4.魂を抱いてくれ (ALBUM MIX)松本隆氷室京介(特記除く)
5.WALTZ氷室京介氷室京介(特記除く)
6.IF YOU STILL SHAME ME松井五郎、氷室京介氷室京介(特記除く)
7.MIDNIGHT EVE (ALBUM MIX)松井五郎氷室京介(特記除く)
8.SQUALL松井五郎、氷室京介氷室京介(特記除く)
9.NAKED KING ON THE BLIND HORSE松井五郎、氷室京介氷室京介(特記除く)
10.NAKED KING ON THE BLIND HORSE松井五郎、氷室京介氷室京介(特記除く)
合計時間:

曲解説[編集]

  1. STAY
    12thシングル。シングルバージョンよりキーが若干高くなっている。また、次曲「PLEASURE SKIN」とははっきりとトラック分けされておらず、この曲のアウトロに被さって次曲が始まるように作られている。
  2. PLEASURE SKIN
    13thシングル「SQUALL」のカップリング曲。
  3. MISSING PIECE
    12thシングル「STAY」のカップリング曲。
  4. 魂を抱いてくれ (ALBUM MIX)
    11thシングル。
  5. WALTZ
    14thシングルとしてシングルカットされた。
  6. IF YOU STILL SHAME ME
    14thシングル「WALTZ」のカップリングにも収録されている。
  7. MIDNIGHT EVE (ALBUM MIX)
    11thシングル「魂を抱いてくれ」のカップリング曲。
  8. SQUALL
    13thシングル。
  9. NAKED KING ON THE BLIND HORSE
  10. NAKED KING ON THE BLIND HORSE
    CD版には表記は無いが、上記曲のリミックスバージョンである。
    各種サブスクリプションサービス(SpotifyLINE MUSICなど)では「NAKED KING ON THE BLIND HORSE(Remix)」[10][11]
    iTunes及びApple Musicでは「NAKED KING ON THE BLIND HORSE 2」という曲名で配信された[12]

スタッフ・クレジット[編集]

参加ミュージシャン[編集]

スタッフ[編集]

  • Algernon - エグゼクティブ・スーパーバイザー
  • project HIMURO(BeatNix、ユイ音楽工房)
    • 鈴木“ゾンビ”よしのり - マネージメント・チーフ
    • 宮野真一 - A&Rディレクター
    • 土屋浩 - プロモーション・チーフ
    • しぶやたかゆき - ビジネス&リーガル・アフェアーズ
    • やがさきゆうけん - マネージャー
    • かわじりこうじ - マネージャー
    • ましのともみ - プロダクション・デスク
    • かみむらゆきこ - プロダクション・デスク
    • なかやりか - ポジティブ・トランスレーション
    • まつむらあみ - U.S.プロダクション・マネージャー
  • project HIMURO(ポリドールK.K.)
    • 臼井克幸 - A&Rチーフ
    • 竹内修 - A&Rディレクター
    • 植田秀樹 - プロモーション・チーフ
    • あおやぎひろし - マーケティング
    • ただじゅんじ - プロモーション・マネージャー
    • 内田宣政 - A&Rマネージャー
  • ニール・ドーフスマン - レコーディング・エンジニア、ミックス・エンジニア
  • 坂本達也 (DEEP) - 追加エンジニア
  • テッド・ジェンセン - マスタリング・エンジニア
  • ケン・ヴィルヌーヴ(A&Mスタジオ) - アシスタント・エンジニア
  • チャド・バンポード(A&Mスタジオ) - アシスタント・エンジニア
  • 阿部哲也(パラダイススタジオ) - アシスタント・エンジニア
  • ロジャー・ソメールス(ロイヤルトーンスタジオ) - アシスタント・エンジニア
  • T.K.(サウンドオンサウンド) - アシスタント・エンジニア
  • ジョン・R・レイガート(サウンドオンサウンド) - アシスタント・エンジニア
  • ロベルト・フリードリヒ(クリントンスタジオ) - アシスタント・エンジニア
  • 福士昌明 (294) - アートディレクション
  • 河合南都子 (294) - デザイン
  • 小木曽威夫 - 写真撮影
  • 加藤正憲 - 写真撮影
  • 二村毅 (Femme) - スタイリング
  • 油屋喜明 (Allure) - ヘアー&メイク・アップ
  • 芳賀祐美(ポリグラムK.K.) - ビジュアル・コーディネーション

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 氷室京介 -SHAKE THE FAKE”. LiveFans. SKIYAKI APPS. 2021年1月9日閲覧。
  2. ^ ぴあMOOK 2013, p. 104- 松田義人 (deco) 「"Tabloid" Himuro Historic Clips 1988-2013」より
  3. ^ a b c d e f 田家秀樹 (2020年12月3日). “氷室京介の充実期、1990年代後半の作品を振り返る”. ローリング・ストーン ジャパン. CCCミュージックラボ. p. 2. 2021年1月11日閲覧。
  4. ^ ぴあMOOK 2013, p. 105- 松田義人 (deco) 「"Tabloid" Himuro Historic Clips 1988-2013」より
  5. ^ a b ぴあMOOK 2013, p. 22- ふくりゅう「LONG INTERVIEW 最新40,000字インタビュー 【第二章】1995~2002 渡米、新たなる表現の獲得へ」より
  6. ^ a b c d ぴあMOOK 2013, p. 24- ふくりゅう「LONG INTERVIEW 最新40,000字インタビュー 【第二章】1995~2002 渡米、新たなる表現の獲得へ」より
  7. ^ 田家秀樹 (2020年12月3日). “氷室京介の充実期、1990年代後半の作品を振り返る”. ローリング・ストーン ジャパン. CCCミュージックラボ. p. 3. 2021年1月11日閲覧。
  8. ^ 田家秀樹 (2020年12月3日). “氷室京介の充実期、1990年代後半の作品を振り返る”. ローリング・ストーン ジャパン. CCCミュージックラボ. p. 4. 2021年1月11日閲覧。
  9. ^ a b c 氷室京介 / シェイク・ザ・フェイク [廃盤]”. CDジャーナル. 音楽出版. 2021年1月9日閲覧。
  10. ^ MISSING PIECE”. Spotify. 2020年7月21日閲覧。
  11. ^ MISSING PIECE”. LINE MUSIC. 2020年7月21日閲覧。
  12. ^ MISSING PIECE”. Apple Music. 2020年7月21日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『ぴあMOOK 氷室京介ぴあ 完全保存版! 25th Anniversary Special Book』、ぴあ、2013年9月20日、 22 - 24, 104 - 105頁、 ISBN 9784835622439。