MIZUKI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
瑞希
Mizuki
瑞希 Mizukiの画像
プロフィール
リングネーム 瑞希
MIZUKI
本名 上撫 瑞希
ニックネーム みずぴょん
ポッピングシュガーラビット
身長 158cm
体重 40kg
誕生日 (1995-03-16) 1995年3月16日(25歳)
出身地 兵庫県神戸市
所属 東京女子プロレス
スポーツ歴 ソフトテニス
トレーナー 井上貴子
中川ともか
さくらえみ
デビュー 2012年12月29日
神取忍&井上貴子
(パートナーはSAKI
テンプレートを表示

瑞希(みずき、1995年3月16日 - )は、日本の女子プロレスラー。本名:上撫 瑞希(かみなで みずき)。

所属[編集]

  • LLPW-X(2011年 - 2016年)
  • フリーランス(2016年 - 2020年)
  • 東京女子プロレス(2020年 - )

経歴・戦歴[編集]

井上貴子がプロデュースするアイドルレスラープロジェクト「VoLume II」の2期生で、同期のSAKIとともに「ブリバト♡」(ブリリアントバトルガールズの略)として活動中。1期生オーディションには100通以上の応募があったものの、合格者8名全員がデビュー前に脱落。より審査を厳格化して開催した2期生オーディションで応募70通弱の中から合格した2名がSAKIとMIZUKIだった[1]。プロレスと平行して秋葉原で週1回の定期LIVEを行うなど、ライブアイドルとしても活動している。

2011年
  • 高校2年の秋に「VoLume II」の2期生オーディションを受け16歳で合格。神戸の高校に通っていたため、本格的にトレーニングを開始するのは上京する翌春からとなった。
2012年
  • MIZUKIが上京して間もなく1期生が脱落。残った同期のSAKIとともにデビューに向けトレーニングを続ける。12月29日、LLPW-X赤坂BLITZ大会でSAKIとともにデビュー。貴子は当初、SAKIvsMIZUKIのシングルマッチを考えていたが、社長神取忍の提案により、神取&貴子組vsブリバトでのデビュー戦となった。試合は4分37秒、貴子のツームストン・パイルドライバーでMIZUKIが敗戦[2]。またプロレスと同時にCDデビューした。
2013年
  • 4月13日、「石岡女子プロレスフェスティバル」にてSAKIとの初シングルもボディスラムからの逆エビ固めで敗れる[3]8月31日にはブリバトとして我闘雲舞に初参戦。以降、定期参戦するなど、練習ではさくらえみから指導を受けるようになる。
2014年
  • 10月11日、LLPW-X両国国技館大会のブリバトvs里歩帯広さやか戦で、帯広から新技アクアマリンで3カウントを奪い、デビューから2年で初のフォール勝ち。(それまでブリバトの勝利試合は、全てパートナーのSAKIが決めていた)
2015年
2016年
2017年
  • 3月25日東京女子プロレス横浜大会に登場しレギュラー参戦を発表。リングネームは瑞希とする[7]
  • 4月8日東京女子プロレス成増大会にて復帰。伊藤麻希を相手にキューティースペシャルで半年ぶりの試合を勝利で飾る。試合後、伊藤より「伊藤リスペクト軍団」への勧誘を受け同ユニットに加入。
  • 6月5日、我闘雲舞・板橋大会で沙紀(SAKI改め)と1年ぶりのタッグ結成[8]
  • 7月2日、第4回東京プリンセスカップに初エントリー、新宿FACE大会にて行われた初戦にてのの子をキューティースペシャルで投げきり勝利、2回戦へ進出。
  • 7月15日、横浜ラジアントホール大会にて行われた第4回東京プリンセスカップ2nd ROUNDにて滝川あずさを下し準決勝進出。
  • 7月30日、新宿FACEにて行われた第4回東京プリンセスカップFINAL ROUNDにて坂崎ユカに破れ準決勝敗退。
  • 9月9日、新木場1stRingから開催された初代TOKYOプリンセスタッグ王座決定トーナメントに伊藤麻希との伊藤リスペクト軍団でエントリー。1回戦の山下実優&才木玲佳組との対戦にて TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王者であった才木から、かつてのフィニッシャーであるアクアマリンで勝利。試合後、才木の持つベルトに挑戦する事を宣言。
  • 9月16日、横浜ラジアントホール大会にて行われたTOKYOプリンセスタッグ王座決定トーナメント準決勝にて坂崎ユカ中島翔子組と対戦、伊藤が破れトーナメント敗退。
  • 9月22日、新宿FACEにて行われた我闘雲舞5周年記念大会にて、沙紀とのタッグで我闘雲舞の新人であるアーサ米夏紺乃美鶴と対戦。
  • 9月30日、大阪市都島区民センター大会にて才木玲佳の持つTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座に初挑戦。タッグパートナーである伊藤の得意技である頭突きを繰り出すなど健闘するも才木のジャックハマーに破れる。
  • 12月21日、新木場1stRing大会にて行われた我闘雲舞の「ことり」プロレス卒業試合にて、里歩とのタッグで「ことり」&沙紀組と対戦。試合は里歩が「ことり」から勝利を上げる。
2018年
  • 1月4日、後楽園ホール大会にて盟友・里歩とのタッグで中島&坂崎の持つTOKYOプリンセスタッグ王座に挑戦するも敗北。また、同日伊藤リスペクト軍団でCDデビュー、ミニライブも行う。
  • 2月28日、我闘雲舞新木場1stRing大会にて沙紀とのタッグで里歩&真琴の同期タッグと対戦。
  • 5月19日、北沢タウンホール大会にて伊藤リスペクト軍団・伊藤麻希とのタッグでTOKYOプリンセスタッグ王座に挑戦するも敗北。
  • 8月4日、新宿FACE大会にて坂崎ユカとのタッグ・「マジカルシュガーラビッツ」として1dayタッグトーナメントに優勝し、8月25日後楽園ホール大会での空位となっているTOKYOプリンセスタッグ王座挑戦を表明。
  • 8月25日、後楽園ホール大会、第4代TOKYOプリンセスタッグ王者決定戦にて伊藤麻希をキューティースペシャルで下し、王座戴冠。
2019年
  • 1月20日、Color’s旗揚げ戦では沙紀と久々にタッグを結成[9]。茉莉&清水ひかり組に勝利した。
  • 7月7日、両国KFCホール大会で行われた第6回東京プリンセスカップ決勝戦でまなせゆうなに勝利し初優勝。
  • 9月1日、大阪・エディオンアリーナ大阪第2競技場にて行われた大阪初のビッグマッチにて中島翔子の保持するTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦するも敗北。
2020年
  • 8月29日、新宿FACEにて行われた第6回東京プリンセスカップ決勝戦で中島翔子に勝利し優勝、同大会初の2連覇を達成。
  • 11月7日、TDCホール大会にて坂崎ユカの保持するTOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座に挑戦するも敗北。
  • 11月14日、新木場大会にてこの日付けで東京女子プロレスに入団する事を発表。

タイトル歴[編集]

プロレスリング我闘雲舞
DDTプロレスリング
東京女子プロレス

人物[編集]

  • 「ブリバト♡」で共に活動しているSAKIは同期だが、年齢は7つ離れている(SAKIは23歳、MIZUKIは16歳でLLPW-X入門)。
  • 憧れの選手は、師匠井上貴子と、地元神戸出身の真琴REINA女子プロレス)。
  • プライベートで仲の良い選手は、我闘雲舞里歩。2人のコンビは(りほ+みずぴょん)で「りほぴょん」と呼ばれている。
  • 衣装のデザインが好きで、試合コスチュームも自身でデザインしている。
  • 好きなアイドルは、NMB48渡辺美優紀

得意技[編集]

フィニッシュ・ホールド[編集]

アクアマリン
変形の逆打ち。MIZUKI時代のフィニッシャー。
キューティースペシャル
MIZUKI時代もカウンター技として使用していたが、瑞希と改めて以降はフィニッシャーとして用いられている。フィニッシャーになってからも、相手をロープに振って繰り出す形からその場投げへと変化している。
ダイビング・フット・スタンプ
トップロープから放つものはフィニッシャーにもなる。

その他得意技[編集]

渦飴(うずあめ)
ロープから走り込んで横向きで相手に向かって飛び込み、相手と接触と同時に360°錐揉み回転しながら体重を浴びせて圧し潰す変形のクロスボディ・アタック。
高木三四郎のTwitterで紹介され[11]大きな話題となり、各種媒体でも取り上げられる事となった[12]
名称に関して、公式レポートでは「ローリングアタック」「回転式クロスボディー」と記載されていたり、本人が最初にこの技の動画を紹介した際に「きゅるりんぱ」と添えられていたため[13]、通称として「きゅるりんぱ(仮)」とも呼ばれていたが、話題が大きくなった事で本人が改めて命名[14]。名称は「鬼滅の刃」の栗花落カナヲが回転しながら放つ斬撃「花の呼吸 陸ノ型 渦桃」からヒントを得た[15]
ダイビングクロスボディ
弓矢固め
カサドーラ・フットスタンプ
バッククラッカー
ジャストフェイスロック
ドロップキック
通常のドロップキックの他、固有のムーブとしてリング外を向いてセカンドロープにもたれかかった相手の背中に打ち込むパターンを用いる。
カニバサミ
相手の足を自身の両足で挟んで回転し丸め込む。本人は「カニバサミの回転」と呼んでいる[16]

テーマ曲[編集]

  • 「Secret Bunny」 - 2018年5月3日より使用中のオリジナル曲
  • ねっ」 - 東京女子プロレス参戦以降に使用
  • 笑う 笑えば 笑おう♪」 - LLPW-X時代に使用
  • 「奇跡の扉」 - SAKIとのタッグ「ブリバト♡」時に使用

脚注[編集]

  1. ^ ブリバト♡デビュー戦 井上貴子オフィシャルブログ「Marble…」 2013年1月4日
  2. ^ 「超満員札止」御礼ならびに試合結果。 LLPW-X 2012年12月30日
  3. ^ 【結果】4・13石岡女子フェス RINGSTARS 2013年4月13日
  4. ^ 我闘雲舞 3・24新木場大会 【IWA三冠】米山vs里歩 【アジアドリームタッグ王座】さくら&高梨vsSAKI&MIZUKI 【SPW認定東南アジアシングル】高梨vs井上 - バトル・ニュース 2016年3月25日閲覧。
  5. ^ ブリバトのSAKIとMIZUKIがLLPW-Xを退団
  6. ^ イベントプロレスを含め僅か3試合
  7. ^ DDT UNIVERSE @ddtuniverse”. twitter (2017年3月25日). 2017年3月31日閲覧。
  8. ^ 【試合結果】6・5 我闘雲舞板橋大会 里歩&「ことり」vs沙紀&瑞希 アーサ米夏vs水波綾”. バトルニュース (2017年6月6日). 2017年6月6日閲覧。
  9. ^ アクトレスガールズから沙紀を中心に新団体旗揚げ!久々登場のブリバトがメインイベントで勝利!新人の松井が安納に「Color’sはBeginningには絶対負けない」と宣戦布告!” (日本語). バトル・ニュース (2019年1月21日). 2019年1月20日閲覧。
  10. ^ 配信等で返上・辞退した旨を語っている。
  11. ^ 高木三四郎のTwitter
  12. ^ 「こんな技、見たことない」「どうなってるの?」アイドルレスラー瑞希の驚きの新技がSNSで話題(スポーツ報知)
  13. ^ 瑞希Twitter 2020年9月10日
  14. ^ 瑞希Twitter 2020年10月24日
  15. ^ 東京女子・瑞希、SNSで話題沸騰の新技「渦飴」開発秘話を告白…「鬼滅を見て自分の強みを生かすことを学んだ」…11・7東京ドームシティホール大会
  16. ^ 瑞希 Twitter 2017年10月11日