MK3手榴弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MK3A2攻撃手榴弾
アメリカ海軍の訓練で投擲されるMK3A2攻撃手榴弾
フロッグマン訓練でMK3手榴弾を使用するアメリカ沿岸警備隊下士官

MK3手榴弾は、アメリカ合衆国で開発された攻撃手榴弾アメリカ軍陸上自衛隊で採用されている。

概要[編集]

MK3は、M67のような破片手榴弾(防御手榴弾)ではなく、攻撃手榴弾として設計されている。すなわち、TNT爆薬爆発により発生した衝撃波によって敵兵の無力化(殺傷)もしくは制圧を狙った設計になっている。金属片を広範囲にばら撒く破片手榴弾よりも危害半径が小さく、接近戦でも友軍を巻き込む危険性が低い。水中で炸裂させても水圧によって兵士を殺傷することができ、いわば超小型の爆雷として機能するため、水中工作員(フロッグマン)などを殺傷ないし退散させるためにも使用されている。

また、建物の破壊などの発破作業にも使用される。

基本型のMK3とその改良型のMK3A1、MK3A2の3種類が存在している。

諸元[編集]

  • 重量:440グラム
  • 長さ:145mm
  • 直径:53mm
  • 炸薬:TNT爆薬
  • 炸薬量:227グラム
  • 信管:M206
  • 危害半径:2m

登場作品[編集]

漫画・アニメ[編集]

小説[編集]

ゲーム[編集]

関連項目[編集]