MODERN TIME

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
MODERN TIME
吉川晃司スタジオ・アルバム
リリース
録音 SEDIC STUDIO
ジャンル ロック
ニュー・ウェイヴ
時間
レーベル SMSレコード
プロデュース 木崎賢治
梅鉢康弘
チャート最高順位
吉川晃司 アルバム 年表
INNOCENT SKY
1985年
MODERN TIME
(1986年)
BOY'S NIGHT OUT -Soundtracks From TAKE IT EASY-
(1986年)
『MODERN TIME』収録のシングル
  1. キャンドルの瞳
    リリース: 1986年1月1日
  2. MODERN TIME
    リリース: 1986年3月21日
  3. NERVOUS VENUS
    リリース: 1986年6月21日
テンプレートを表示

MODERN TIME』(モダン・タイム)は、日本のミュージシャンである吉川晃司の4枚目のスタジオ・アルバム

1986年2月21日SMSレコードよりリリースされた。

解説[編集]

  • このアルバムでオリコンチャート、3作連続初登場1位を記録した。
  • 自作の楽曲が増え、またアートディレクターとしても、ジャケット製作に係っている。なお、このジャケットに使用されている写真は、CBS・ソニー出版が出版していた雑誌「PATi-PATi」にて掲載されていたものであり、発行元である「PATi-PATi」の協力を得てアルバムジャケットに使用された。
  • シングル曲は、先行シングルの「キャンドルの瞳」と、後にシングルカットされた「MODERN TIME[注 1]が収録されている。
  • このアルバムより、後に吉川と共にロックユニットCOMPLEX』を結成することになる布袋寅泰がギターとして参加している。これよりCOMPLEX以前のオリジナルアルバム3枚すべてに参加することとなる。
  • 吉川晃司において、ターニングポイントとなった渾身の一作である。本人曰く「やっと魂が摩天楼に漂着した」と評しており、ディレクションも本人が行い、歌入れも「アクセント状態からほぼ抜け出し、まともに歌えるようになった」時期のアルバムで、1993年当時のインタビューで「今までで一番か二番ってくらいに好きなアルバム」と答えたことがある[1]。また、前作にも増してファン層がガラッと変わったそうである[1]

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 1986年2月21日 SMSレコード LP
CT
CD
SM28-5424
CM28-5424
MD32-5022
1位
2 1998年6月10日 ポリドール CD POCH-1701 -
3 2007年3月14日 ユニバーサルミュージック CD UPCY-6338 - 紙ジャケット仕様
4 2014年4月23日 ワーナーミュージック・ジャパン SHM-CD WPCL-11807 - 2014年24bitデジタルリマスタリング

収録曲[編集]

A面[2]
全編曲: 後藤次利
#タイトル作詞作曲時間
1.Mis Fit安藤秀樹原田真二
2.キャンドルの瞳安藤秀樹原田真二
3.Modern Time吉川晃司吉川晃司
4.MISS COOL安藤秀樹中島文明
5.Drive 夜の終わりに安藤秀樹佐藤健
B面
#タイトル作詞作曲時間
6.選ばれた夜安藤秀樹原田真二
7.BODY WINK安藤秀樹吉川晃司
8.ナーバス ビーナス吉川晃司吉川晃司
9.サイケデリックHIP吉川晃司吉川晃司
10.ロスト チャイルド安藤秀樹安藤秀樹

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ シングルバージョンとして発売。

脚注[編集]

  1. ^ a b 「全アルバム解説 MODERN TIME」『月刊カドカワ 1993年3月号』第11巻第3号、角川書店、1993年3月1日、 34頁。
  2. ^ Koji Kikkawa - Modern Time (1986, Vinyl)”. Discogs. 2021年2月23日閲覧。