MONOEYES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MONOEYES
出身地 日本の旗 日本
ジャンル オルタナティヴ・ロック
エモ
活動期間 2015年 -
レーベル EMI Records2015年 - )
事務所 ソニー・ミュージックアーティスツ
公式サイト MONOEYES公式サイト
メンバー 細美武士ボーカルギター
スコット・マーフィーベースコーラス
戸高賢史(ギター)
一瀬正和(ドラムス

MONOEYES(モノアイズ)は、日本のロックバンド

概要[編集]

ELLEGARDENthe HIATUSでも活動する細美武士が立ち上げたロックバンドで、細美(Vo, G)のほか、一瀬正和(Dr)、スコット・マーフィー(B, Cho)、戸高賢史(G)からなる4人組[1][2]。当初は細美のソロ・アルバムの制作のために始まったプロジェクトだったが、その過程でバンドとして活動することになった[3][4]。細美曰く、「残りの3人が"細美のソロを手伝う"という気分で来てればソロだったし、"このバンド面白そうだ"ってバンドをやる気で来てたらバンドになるしってところだった」とのこと[3]

the HIATUSではメンバー全員で曲作りをするためにしばらくやっていなかったひとりで作曲をするというところから始まったプロジェクト[3]。また歌も楽器パートの一つに過ぎないthe HIATUSに対してMONOEYESは歌がメインとなるバンドと決めたことにともない、歌詞も音の響きの面白さよりも内容の方を重要視している[4]。1stアルバムだけは細美が作詞作曲の他に全パート分の楽譜をある程度下書きするなど、バンドではあっても最初のスタートである「とにかく人生で1回、自分で完璧に納得するところまで(一人で)やりたいから手伝ってくれ」という感覚でメンバーには接した[5]。しかしもうバンドになってしまったので、二作目以降はそのような作り方をする気は無いと語っている[5]

バンド名はTVアニメ機動戦士ガンダム」に登場するジオン軍モビルスーツに共通の特徴であるモノアイ(単眼)に由来し、ガンダム世代の細美が名付けた[注 1][3][6]。"S(ズ)"を付けたのは語感から[3]

メンバー[編集]

略歴[編集]

  • 2015年
    • 5月13日、バンド名、メンバー発表[7]
    • 6月24日、1stシングル『My Instant Song E.P.』をリリースし、デビューを果たす。
    • 7月29日、1stアルバム『A Mirage In The Sun』をリリース。
    • 7月30日-11月6日、全30公演のツアー「A Mirage In The Sun Tour 2015」を敢行。一部公演にはゲストバンドが招致された。
    • 9月12日-17日、Fire Ex.、THORNAPPLEらと共にアジア3ヵ所を巡るサーキットツアー「Far East Union Vol.1」を開催した。
    • 11月24日-12月20日、全10公演のツアー「Cold Reaction Tour 2015」を敢行。11月24日のZepp Divercity公演のみ、ゲストバンドとしてJOHNSONS MOTORCARが参加した。
  • 2016年
    • 3月9日、1st DVD&Blue-ray『MONOEYES Cold Reaction Tour 2015 at Studio Coast』をリリース。2015年に行われたツアー「Cold Reaction Tour 2015」の12月17日の新木場スタジオコースト公演の模様が収録されている。
    • 10月26日、2ndシングル『Get Up E.P.』をリリース[8]
    • 10月31日-12月22日、全22カ所を回る「Get Up Tour 2016」を敢行[8]
  • 2017年
    • 7月5日、2ndアルバム『Dim The Lights』をリリース[9]
    • 7月12日-10月21日、全28公演のツアー「Dim The Lights Tour 2017」を敢行。
  • 2018年
    • 5月1日-7月6日、全23公演の対バンツアー「Mexican Standoff Tour 2018」を敢行[10]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 最高位
1st 2015年6月24日 My Instant Song E.P. UPCH-80405 4位
2nd 2016年10月26日 Get Up E.P. UPCH-80452 11位

アルバム[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 最高位
1st 2015年7月29日 A Mirage In The Sun UPCH-20397 3位
2nd 2017年7月5日 Dim The Lights UPCH-20454 5位

DVD・Blu-ray[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 最高位
1st 2016年3月9日 MONOEYES Cold Reaction Tour 2015 at Studio Coast UPBH-20154(DVD)
UPXH-20040(Blu-ray)
4位
2nd 2018年3月28日 MONOEYES 「Dim The Lights Tour 2017 at Studio Coast」 UPBH-20204(DVD)
UPXH-20040(Blu-ray)

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 最高位
2017年10月18日 PAUSE 〜STRAIGHTENER Tribute Album〜 TYCT-69121 (初回限定盤)
TYCT-60109 (通常盤)
ROCKSTEADY TBA

公式バンドスコア[編集]

シンコーミュージック・エンタテイメントより発売。

  • A Mirage In The Sun - 2016年4月22日初版発行 ISBN 978-4401358359

ライブ[編集]

ツアー[編集]

  • 主催ツアーについて記載
日程 タイトル 公演規模・会場(対バン) 備考
2015年
7月21日7月22日 MONOEYES プレツアー
7月30日11月6日 A Mirage In The Sun Tour 2015
11月24日12月20日 Cold Reaction Tour 2015
2016年
10月31日12月22日 Get Up Tour 2016
2017年
7月12日10月21日 Dim The Lights Tour 2017
2018年
5月1日7月6日 Mexican Standoff Tour 2018

出演イベント[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 本当はもっと長いバンド名を付けたかったが、考える余裕がなかった[3][4]

出典[編集]

  1. ^ MONOEYESの記事まとめ”. 音楽ナタリー. 2018年7月16日閲覧。
  2. ^ MONOEYESの新着ニュース・新曲・ライブ・チケット情報”. BARKS. 2018年7月16日閲覧。
  3. ^ a b c d e f MONOEYES インタビュー(1ページ目)”. 激ロック. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2015年7月23日). 2018年7月16日閲覧。
  4. ^ a b c MONOEYES インタビュー(2ページ目)”. 激ロック. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2015年7月23日). 2018年7月16日閲覧。
  5. ^ a b MONOEYES インタビュー(3ページ目)”. 激ロック. 激ロックエンタテインメント株式会社 (2015年7月23日). 2018年7月16日閲覧。
  6. ^ J-WAVE「TOKIO HOT 100」2015年6月28日放送
  7. ^ 細美武士、新バンド「MONOEYES」始動”. BARKS (2015年5月13日). 2018年7月16日閲覧。
  8. ^ a b MONOEYESが1年4カ月ぶり新作CD、22公演の全国ツアーも”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年9月5日). 2018年7月16日閲覧。
  9. ^ MONOEYES、2年ぶりアルバム携えツアー28公演”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2017年5月15日). 2018年7月16日閲覧。
  10. ^ MONOEYES、春のツアーでアジカン、ホルモン、MWAM、BRAHMANら17組と対バン