MRTエキサイティングナイター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MRTエキサイティングナイター
ジャンル プロ野球中継
放送方式 生放送
放送時間 水曜 - 金曜 19:00 - 21:00
放送局 宮崎放送
テーマ曲 武田真治『SPEED』
テンプレートを表示

MRTエキサイティングナイターは、宮崎放送 (MRT) ラジオプロ野球中継番組の名称。

放送概要[編集]

放送日時[編集]

年度 月曜 火曜 水・木・金曜 土曜 日曜
2000年 放送なし 18:30 - 22:00 18:00 - 22:00
2001年 18:30 - 21:55
2002年 19:30 - 22:00 18:30 - 22:00
2003年 18:30 - 22:00 18:00 - 22:00
2004年
2005年
18:30 - 22:00
2006年
2007年
放送なし 19:00 - 22:00 18:30 - 22:00
2008年
2009年
18:40 - 21:50 18:30 - 21:50
2010年 放送なし
2011年 18:30 - 21:50(4月 - 6月)
18:40 - 21:50(7月 - 9月)[1]
2012年
2013年
2014年
2015年
19:00 - 21:50
2016年 19:00 - 22:00
2017年 19:00 - 21:00
2018年 放送なし 19:00 - 21:00
  • 1999年以前は調査中。
  • 早終了時は、2009年までは『栗山英樹のミュージックブルペン』を、2010年からは自社制作の『ナイター応援団!』→『MRTベースボール応援団!』を放送。2013年からは自社制作の 『MRT music fieid』→『mrt music fieid』を放送。2017年からは放送終了時刻の繰り上げに伴い早終了時の番組の放送が廃止された。

ネット[編集]

現在[編集]

過去[編集]

制作担当局(2017年時点)[編集]

地域(球団)/曜日
基本系列 JRN NRN
北海道 HBC STV
宮城 TBC
関東[2]西[3] TBSRF LF
東海 CBC SF
近畿 ABC MBS ABC
広島 RCC
福岡 RKB KBC

番組テーマ曲[編集]

補足[編集]

  • オープニングは、男性アナウンサーによるタイトルコールの後、甲子園球場のサイレンと共に番組テーマ曲(上述)が流れ、その後女性アナウンサーが『プロ野球ファンの皆さんこんばんは、MRTエキサイティングナイターの時間です。今夜は、○○(球場)から、○○対○○(対戦カード)をお送りします。この時間は○○(スポンサー名)の提供でお送りします。』とアナウンスし、その後CMが流れ中継に飛び乗る。
  • エンディングは、番組終了4分前に飛び降り(試合が終わらない場合やヒーローインタビューの途中でも、音声をフェードアウトさせ中継を打ち切る。)、その後CMが流れ女性アナウンサーが『MRTエキサイティングナイター、この放送は○○の提供でお送りしました。』とアナウンスし、ステーションブレイク枠まで番組テーマ曲を流し番組は終了。
  • 年に1~2回ほどサンマリンスタジアム宮崎で公式戦が開催されることがあり、MRTからもリポーターを派遣することがあるが、制作は原則として主催球団の地元局が担当する。なお、2006年7月23日に同球場で開催されたオールスターゲーム第2戦はJRNネットで、制作はTBSラジオが担当(解説:田淵幸一、実況:TBS戸崎貴広アナ、リポーター:中村秀昭清原正博両アナ)した。
  • 2010年7月24日のオールスターゲーム第2戦(HARD OFF ECOスタジアム新潟)は土曜日開催であったが、例外的に中継の放送が行われた。通常はTBSラジオ制作の『Listen SOUL!』を放送しているためか、JRNラインによる中継(TBSラジオ発。こちらも例外的に放送)のネットとなり、『Listen SOUL!』を差し替えて19:00からの飛び乗りで放送した。ちなみに当日、地元に球団がない地域でJRNラインの中継を放送した局はMRTが唯一であり、同局とCBCの2局を除いた『Listen SOUL!』ネット局はTBSからの裏送りで通常通り同番組を放送した。
  • 日本シリーズは、2009年までは開催曜日に合わせて4・5戦をNRN受け、それ以外をJRN受けとしていたが、2010年は土・日開催分をNRN受けに変更したため、JRN受けは第3戦のみで、それ以外は全てNRN受けとなった。

脚注[編集]

  1. ^ 政策情報 官邸発』放送開始のため10分繰り下げ。
  2. ^ JRN(TBSラジオ)ネットの時はヤクルト主催ゲームの中継はできない(日本シリーズおよび本拠地球場開催のオールスターゲームを除く)。
  3. ^ かつては文化放送(「ライオンズナイター」)からも予備でネットする場合もあった。

関連項目[編集]