MR 41 (核弾頭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
MR 41
タイプ 核弾頭
開発国 フランスの旗 フランス
配備先 フランス海軍
開発・生産
生産期間 1969年-[1]
配備期間 1971年-1979年[1]
生産数 35発
要目
核出力 500kt
弾頭 核分裂弾頭ブースト型核分裂兵器
重量 700kg
テンプレートを表示

MR 41フランスが開発した核弾頭フランス海軍潜水艦発射弾道ミサイルM1及びM2に搭載されていた。ブースト型核分裂兵器であり[2]、1963年より開発が開始された[1]高濃縮ウランのほか、重水素及び三重水素を用いている[1]1971年にかけては開発試験のため、核実験が行われている[3]

1969年から生産され[1]、1971年より備蓄配備が開始された[1]。35発が生産されており、1972年からミサイル搭載潜水艦への配備が行われている[2]

後継となるM20ミサイルおよびTN 60核弾頭の配備は1977年から始まり、1979年までに更新し、TR 41は退役した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g France's Nuclear Weapons
  2. ^ a b Weapons of Mass Destruction: The no-nonsense guide to nuclear, chemical and biological weapons today, Robert Hutchinson,2011,ISBN 9781780223773
  3. ^ Spying on the Bomb: American Nuclear Intelligence from Nazi Germany to Iran and North Korea,Jeffrey Richelson,2007,P210,ISBN 9780393329827