MSMC (短機関銃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
MSMC短機関銃

MSMC(Modern Sub Machine Carbine、近代型短機関銃カービン)は、インド短機関銃。インドの兵器廠委員会英語版(Ordnance Factories Board, OFB)に所属するティルチラーパッリ兵器廠英語版により製造されている。新開発の5.56×30mm MINSAS弾を使用する。

概要[編集]

インドのARDE(Armament Research and Development Establishment)によって2006年に設計された。

元はINSAS小銃のカービンモデルを製造するつもりだったが、INSASの強度不足により小型化が困難であると判明し[1]、弾薬の変更など大幅な改修を加えたMSMCの開発が行われた。

レシーバーはプレススチール製であるものの、グリップ周りとハンドガードはポリマーが使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ Max Popenker (2010年). “MSMC”. 2011年3月20日閲覧。

関連項目[編集]

リンク[編集]