MYこれ!クション おニャン子クラブBEST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
MYこれ!クション おニャン子クラブBEST
おニャン子クラブベスト・アルバム
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル ポニーキャニオン
おニャン子クラブ アルバム 年表
EURO おニャン子
(2000年)
MYこれ!クション おニャン子クラブBEST
(2001年)
おニャン子クラブ ミニ・ベスト
(2002年)
テンプレートを表示

MYこれ!クション おニャン子クラブBEST』(マイこれ!クション おニャンこクラブベスト)は、おニャン子クラブベスト・アルバム。2001年12月5日発売。発売元はポニーキャニオン規格品番はPCCA-01613。

解説[編集]

ポニーキャニオンから単独でシリーズ化されている『MYこれ!クション』の1作としてリリースされた作品で、1980年代に発売した全シングルA面曲が収録されたほか、ファンに人気の高いアルバム曲や、全部で3パターンあるスタジオ録音版「会員番号の唄」シリーズが網羅された。デジタル・リマスタリングが実施され、音質が向上している。

同時に、おニャン子クラブ関連歌手 "うしろゆびさされ組" "うしろ髪ひかれ隊" "工藤静香" のベストも発売された。

2007年には、『MYこれ!』をさらに発展させた『「おニャン子クラブ」SINGLESコンプリート』が発売されている。こちらでは、2002年11月20日に発売された15年ぶりのシングル「ショーミキゲン」も含め、全シングルのA・B面曲が完全収録された。

収録曲[編集]

  1. セーラー服を脱がさないで(3:44)
  2. およしになってねTEACHER(3:08)
    • 作詞: 秋元康 、作曲・編曲: 佐藤準
  3. じゃあね(3:52)
    • 作詞: 秋元康 、作曲: 高橋研 、編曲: 佐藤準
    • 中島美春をメーンにした、同グループ最大のヒット曲[1]
  4. おっとCHIKAN!(3:12)
  5. お先に失礼(3:50)
  6. 恋はくえすちょん(3:12)
  7. NO MORE 恋愛ごっこ(3:45)
    • 作詞: 秋元康 、作曲・編曲: 後藤次利
  8. かたつむりサンバ(4:09)
    • 作詞: 秋元康 、作曲・編曲: 後藤次利
    • この曲で初めてソロパートを務めたメンバーに工藤静香(会員番号38番)がいた[2]
  9. ウェディングドレス(4:14)
    • 作詞: 秋元康 、作曲: 高橋研 、編曲: 佐藤準
    • 1980年代のラスト・シングル。オリコンヒットチャートでは2位を獲得した。
  10. 真赤な自転車(3:08)
    • 作詞: 秋元康 、作曲: 高橋研 、編曲: 佐藤準
  11. 早口言葉でサヨナラを(3:25)
    • 作詞: 秋元康 、作曲・編曲: 佐藤準
  12. 夏休みは終わらない(4:13)
    • 作詞: 秋元康 、作曲: 高橋研 、編曲: 佐藤準
  13. 会員番号の唄(7:20)
    • 作詞: 秋元康 、作曲・編曲: 見岳章
    • 吉沢秋絵のシングル・レコード「季節はずれの恋」(1986.6.1)の片面に収録。
    • 会員番号4番・新田恵利から、33番・布川智子までの自己紹介ソング。
  14. 新・会員番号の唄(7:23)
    • 作詞: 遠藤察男 、作曲・編曲: 見岳章
    • 吉沢秋絵のシングル・レコード「鏡の中の私」(1986.9.10)の片面に収録。
    • 会員番号4番・新田恵利から、40番・生稲晃子までの自己紹介ソング。
  15. 新・新会員番号の唄(8:49)
    • 作詞: 遠藤察男 、作曲・編曲: 見岳章
    • 会員番号6番・樹原亜紀から、47番・山森由里子までの自己紹介ソング。
  16. あなただけおやすみなさい(Single Version)(5:08)
    • 作詞: 秋元康 、作曲: 高橋研 、編曲: 佐藤準
    • シングル「NO MORE 恋愛ごっこ」のB面曲。

関連項目[編集]

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 中島と同時にグループを卒業した河合その子は、このシングルで既に参加していない。
  2. ^ その工藤のコンサートでは、MCのコーナーにおいて観客から「(この曲のソロパートを)歌って!」とリクエストが飛ぶことがある。2007年8月31日に東京・SHIBUYA-AXで開催された20周年記念ライブでもリクエストが飛び、披露された。なお、1998年10月7日発売のライヴビデオ『工藤静香 I'm not Concert Tour 1998』では、観客とのやりとりを含めて歌唱シーンが映像化されている。