MY HEART DRAWS A DREAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > MY HEART DRAWS A DREAM
MY HEART DRAWS A DREAM
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『KISS
B面 Feeling Fine 2007
リリース
ジャンル ポップス
ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
作詞・作曲 hyde (作詞)
ken (作曲)
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
ゴールドディスク
※ いずれも日本レコード協会認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2007年9月度月間5位(オリコン)
  • 2007年度年間45位(オリコン)
  • 登場回数11回(オリコン)
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
SEVENTH HEAVEN
(2007年)
MY HEART DRAWS A DREAM
(2007年)
DAYBREAK'S BELL
(2007年)
KISS 収録曲
Pretty girl
(2)
MY HEART DRAWS A DREAM
(3)
砂時計
(4)
ミュージックビデオ
MY HEART DRAWS A DREAM - YouTube
(※) YouTube Music Premium限定
テンプレートを表示

MY HEART DRAWS A DREAM」(マイ・ハート・ドローズ・ア・ドリーム)は、L'Arc〜en〜Cielの31作目のシングル2007年8月29日発売。発売元はKi/oon Records

解説[編集]

L'Arc〜en〜Cielの2007年第2弾シングルであり、5ヶ月に渡る連続リリース(シングル・アルバムDVD、合計6作品)の第1弾となる作品。

初回限定仕様はスーパーピクチャーレーベル・初回限定ジャケット、初回封入特典はメンバーをアニメキャラ化した「わくわくペーパークラフト第2弾」(4種のうち1種が封入)。また、通常盤と初回限定仕様盤ではジャケットが微妙に異なり、描かれたライオンのイラストが初回限定盤は口を開けているが通常盤は閉じている。

本作はオリコン週間シングルチャート初登場首位を獲得し、「SEVENTH HEAVEN」から2作連続、通算18目の首位となった。

収録曲[編集]

  1. MY HEART DRAWS A DREAM / L'Arc〜en〜Ciel
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:L'Arc〜en〜Ciel
    サッカーJリーグ横浜FC三浦知良が出演する、富士重工業スバル・レガシィ」のCMソングに発売3ヶ月前の5月16日から起用された。また、2007年12月3日から中国全土にて江崎グリコ「Mousa」CMソングに起用されている[1]
    2007年6月8日に戸田市文化会館で行われた、ホールツアー「Are you ready? 2007 またハートに火をつけろ!」の初日公演で初披露されていた楽曲。
    hydeは歌詞について「サビができてから、パズルのピースがはまるように凄く上手くはまっていったという印象を持っている」「自分でも凄く綺麗な歌詞ができたなあと思う[2]」と述べている。また、メンバー3人によるコーラスワークの部分の「夢を描くよ」という歌詞は、サビ部分の歌詞の「夢を描いていくよ」から取られたものである。これは、当初仮歌を録る為の仮歌詞として書かれたもので、レコーディングの際にhydeは他の歌詞に変更していた。しかし、仮歌詞の方がメンバー内で好評で、こちらが採用された[2]。hydeは「歌詞の定義として、同じような場所で微妙にニュアンスの違う言葉、語尾だけ違うような言葉を使い回すのは作詞家として嫌で、避けていた」「でも、客観的に聴く人達の方が的を射てるんだろうなあと思った。自分もメンバーが言おうとしていることの意味は分かったし、だから貫いた」と述べている[2]
    また、2005年に行ったライブツアー「ASIALIVE 2005」以降のオフ期間中に発想が生まれた曲で、ken曰く、ギターを弾かずにただ遊んでいたときにフレーズの一部とアレンジが浮かんだという[3]。kenは自らこの曲に感動を受けたらしく、「引き出しの違いだけじゃなくて、タンス自体が違うところから出てきたみたいな。まだまだ音楽で、自分を驚かせることができるんだ」と語り[3]、tetsuyaも「こういう曲を書いてくれるのを待っていた[4]」と絶賛している。
    ちなみに、バッキングギターを除き、アルペジオ、イントロのギター含め、kenがデモ音源で弾いたギターの音色がそのまま使われている[5]
    ライブではhydekentetsuyaの3人で合唱するコーラスワークが存在する。L'Arc〜en〜Cielの楽曲で3人によるコーラスが行われることはかなり珍しい。また、hyde曰く「みんなで合唱するイメージがあった」ことから、仮タイトルは「ららら」と名付けられた[6]。ちなみに、L'Arc〜en〜Cielがこの仮タイトルを楽曲に付けたのは「winter fall」以来2度目のことである[6]
    2014年5月29日に行われた、建て替え前の国立霞ヶ丘陸上競技場における最後の音楽イベント「SAYONARA 国立競技場FINAL WEEK JAPAN NIGHT」に大トリで出演し、ラストナンバーとして本楽曲が披露された[7]
  2. Feeling Fine 2007 / P'UNK〜EN〜CIEL
    • 作詞:hyde / 作曲:ken / 編曲:YUKI P'UNK
    9thアルバム『SMILE』の収録曲「Feeling Fine」のカバー。
    この曲のギターソロは原曲の物をそのままコピーしている。これはhydeが徹夜で習得したもので、レコーディング現場ではアレンジを担当したyukihiro以下、皆が驚いていたという。また、yukihiroはこの曲をアレンジする際、この曲のリズムハノイ・ロックスっぽくしたかったのだという。
  3. MY HEART DRAWS A DREAM (hydeless version)
  4. Feeling Fine 2007 (TETSU P'UNKless version)

参加ミュージシャン[編集]

  • MY HEART DRAWS A DREAM / L'Arc〜en〜Ciel
  • Feeling Fine 2007 / P'UNK〜EN〜CIEL
    • TETSU P'UNK:Vocal, Stomp
    • HYDE P'UNK:Guitars, Stomp
    • YUKI P'UNK:Bass, Stomp
    • KEN P'UNK:Drums, Stomp

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム
ベストアルバム
セルフカバーアルバム

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ L'Arc-en-Ciel.com 2007 - L'Arc〜en〜Ciel.com
  2. ^ a b c 『WORDSⅡ L'Arc〜en〜Ciel』、p.54-p.55、角川マガジンズ、2010年
  3. ^ a b 『WORDSⅡ L'Arc〜en〜Ciel』、p.59-p.60、角川マガジンズ、2010年
  4. ^ 『WORDSⅡ L'Arc〜en〜Ciel』、p.66、角川マガジンズ、2010年
  5. ^ 『WORDSⅡ L'Arc〜en〜Ciel』、p.61、角川マガジンズ、2010年
  6. ^ a b 『WORDSⅡ L'Arc〜en〜Ciel』、p.53、角川マガジンズ、2010年
  7. ^ 【ライブレポート】L'Arc~en~Ciel、国立ラストステージで「国立の歴史に感謝の気持ちと、生まれ変わる未来に夢を」── <JAPAN NIGHT> DAY2 - BARKS(2014年5月30日)