macOS Big Sur

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
macOS Big Sur
macOS ファミリー
MacOS Big Sur wordmark 2.svg
開発者
アップル
ウェブサイト www.apple.com/jp/macos/
最新安定版 11.0.1 (20B50) - 2020年11月19日
ソースモデル オープンソースのコンポーネントを用いたクローズドソース
ライセンス APSLソフトウェア利用許諾契約秘密保持契約
カーネル ハイブリッドカーネル (XNU)
更新方式 Mac App Store
プラットフォーム x86-64ARM64
先行品 macOS Catalina

macOS Big Sur (マックオーエス ビッグサー)は、Macintosh用のオペレーティングシステムであるmacOSの17番目のメジャーリリース。バージョンナンバーは11.0。macOS Catalinaの後継として、2020年6月22日のWWDC 2020の基調講演で同年秋にリリース予定と発表された[1][2]。2020年11月10日のApple Eventにて、11月13日リリースと発表された[3]

名前はカリフォルニア州セントラルコーストにある沿岸地域ビッグサーに由来する。バージョンナンバーは11.0となり、Mac OS X Public Beta以降の20年近く用いられてきたメジャーバージョンである10から変更された。

従来のIntelベースのMacに加えてAppleシリコンを搭載したMac上でも動作する。ユーザーインターフェースの大幅な変更や、開発者によって許可されたiOSiPadOSのアプリが動作する[4][5]

システム要件[編集]

対応機種は以下の通り。一つ前のリリースであるmacOS Catalinaをサポートする機種のうち、2012年、2013年モデルのMacの一部が対象から外れた[6]

特徴[編集]

デザイン[編集]

メニューバーDockウィンドウなどのmacOS全体にわたるインターフェースの色合いや形状を変更する[7]。また、サイドバー英語版のウィンドウの高さ一杯への拡張やツールバーも再設計され、iOSのインターフェースに近づける[8][9]。またmacOS付属アプリケーションアイコンを一新することにより他の端末との一貫性を持たせた[8]

また、アプリケーションごとにアクセントカラーが持てるようになる[10]。これに合わせてiOSなどで用いられてきたシンボルであるSF Symbolsが更新され、macOSのサードパーティアプリケーションの開発者が容易に利用できるようになる[11][12]

これらの変更について、Appleは「Mac OS Xのリリース以来最大となるデザインのアップグレード」と表現した[1]

コントロールセンター[編集]

Wi-Fi, Bluetooth, AirDropなどの設定を速やかに変更できる機能であるコントロールセンターは、これまでiOSに搭載されていたが初めてmacOSに追加された。iOSのものとは異なりメニューバーからクリック1回で呼び出す仕様となる[7]

通知センター[編集]

アプリケーションからの通知を集約して表示する通知センターには、通知のグループ化や通知上での操作が追加された。また、iOS14で採用されたウィジェットが導入され、大きさや配置の自由度が増した。App Storeで通知センター用のウィジェットが検索できるようになった[1]

Safari[編集]

macOSの標準ブラウザであるSafariには、以下の機能が追加されている[1]

  • スタートページのカスタマイズ
  • デフォルトでタブへのファビコン表示
  • タブにカーソルを重ねた時のページプレビュー
  • プライバシーレポートやパスワードモニタリングといったプライバシー保護機能の強化
  • ウェブページの翻訳機能(ベータ版)[13]
  • Google ChromeFirefoxの拡張機能と互換性のあるWebExtensions APIのサポート
  • 表示速度や電力効率の改善
  • 履歴、ブックマーク、パスワード等のGoogle Chromeからのインポート機能
  • WebPVP9への対応

App Store[編集]

アプリケーションのダウンロードサービスを提供するApp Storeには、以下の機能が追加されている[1]

  • 通知センターのウィジェット
  • Safari拡張機能
  • 各アプリのページのプライバシー情報。
  • 家族共有での支払い

その他[編集]

  • 起動音が復活し、起動音のオンオフの切り替えが「システム環境設定」で変更可能になる
  • システムレベルでWebP画像に対応した
  • Time MachineAPFSに対応し、省スペースかつ高速となる[14]
  • Appleシリコン版[15]、Intel版[16]ともに、The Open GroupによるUNIX 03認証を受けた、UNIXオペレーティングシステムである

バージョン履歴[編集]

バージョン Build リリース日 Darwinバージョン リリースノート 単体アップデータ
11.0 プレインストール ごく一部の限られたMacなどにプレインストールされているのみ[17]
11.0.1 20B29 2020年11月12日 19.6.0 macOS Big Sur 11.0.1 Release Notes

macOS Big Sur 11.0.1 Universal Apps Release Notes

macOS Big Sur 11.0.1 iOS & iPadOS Apps on Mac Release Notes

About the security content of macOS Big Sur 11.0.1

macOS Big Surインストーラ
20B50 2020年11月19日 ブラックアウトなどの問題がある機種、MacBook Pro (13インチ、2013), (13インチ2014)[18]へのインストールを一時的に無効としたビルド

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Apple、美しい新デザインのmacOS Big Surを発表”. アップル. 2020年6月26日閲覧。
  2. ^ Keynote - WWDC 2020”. アップル. 2020年6月26日閲覧。
  3. ^ macOS Big Sur” (日本語). Apple(日本). 2020年11月11日閲覧。
  4. ^ “Apple、MacにAppleシリコンを搭載することを発表” (プレスリリース), アップル, (2020年6月22日), https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/06/apple-announces-mac-transition-to-apple-silicon/ 2020年6月26日閲覧。 
  5. ^ iPad and iPhone apps on Apple Silicon Macs”. アップル. 2020年6月26日閲覧。
  6. ^ macOS Big Sur Preview”. アップル. 2020年6月26日閲覧。
  7. ^ a b macOS Big Sur Preview - Features”. アップル. 2020年6月26日閲覧。
  8. ^ a b What’s New in macOS - macOS - Human Interface Guidelines”. アップル. 2020年6月26日閲覧。
  9. ^ Adopt the new look of macOS - WWDC 2020”. アップル. 2020年6月26日閲覧。
  10. ^ macOS 11 Big Surではアクセントカラーと強調表示色を各アプリで指定できる「MultiColor」を採用。”. AAPL Ch.. 2020年6月26日閲覧。
  11. ^ Apple、macOS 11.0 Big Sur/iOS 14にあわせて750以上の新しいシンボルを追加しMultiColorに対応した「SF Symbols 2.0」のBeta版を公開。”. AAPL Ch.. 2020年6月26日閲覧。
  12. ^ SF Symbols”. アップル. 2020年6月26日閲覧。
  13. ^ 使用できる言語は、英語、スペイン語、中国語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、ポルトガル語(ブラジル)
  14. ^ macOS Big Sur 11.0.1 Release Notes”. developer.apple.com. 2020年11月17日閲覧。
  15. ^ Open Brand Certificate on Apple silicon-based Mac computers
  16. ^ Open Brand Certificate on Intel-based Mac computers
  17. ^ Apple セキュリティアップデート” (日本語). Apple Support. 2020年11月14日閲覧。
  18. ^ If you can’t install macOS Big Sur on certain 13-inch MacBook Pro computers from 2013 and 2014” (英語). Apple Support. 2020年11月20日閲覧。