Macintosh LC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Macintosh LCとMacintosh 12" RGB Display, Apple Keyborad II, Apple Desktop Bus Mouse
Macintosh LCとMacintosh 12" RGB Display, Apple Keyboard II, Apple Desktop Bus Mouse

Macintosh LC(マッキントッシュ エルシー)とは、アップルコンピュータが1990年に発売した[1]Macintoshシリーズのデスクトップパソコン。また、その後継機種を含めたMC68020MC68030MC68LC040搭載のデスクトップMacintoshのシリーズの総称。「LC」は低価格でカラー表記が可能な「ローコストカラー」の略で「LC」を意味すると言われている。

Macintosh LCは、Macintoshの低価格路線の第一弾として、上位機種にあたるMacintosh IIシリーズの廉価版Macintosh IIsi、下位機種にあたる白黒モニタ一体型のMacintosh Classicとともに発表された。ピザボックスと呼ばれる薄型の特徴的な筐体を持っており,純正の12インチモニタMacintosh 12" RGB Displayと横幅がぴったり合うように設計されていた。CPUとして16MHzのMC68020を搭載しており、カラー対応のMacintoshとしては、当時最も廉価でコンパクトな機種だった。

当時、米国では教育市場で広く使われていたApple IIからMacintoshへの移行を担う戦略機種でもあり,拡張スロットにApple IIe カードを挿入することで、Apple IIとしても利用できた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 週刊アスキー. “祝 Macintosh 30周年!! 低価格のカラー表示を目指したLCシリーズ|Mac” (日本語). 週刊アスキー. 2020年1月20日閲覧。

関連項目[編集]

  • Performa - LCシリーズにソフトウェア、キーボードをバンドルして販売されたモデル。