Magritek

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Magritek
Magritek
種類 株式会社
本社所在地  ニュージーランド
ドイツの旗 ドイツ
ウェリントン
アーヘン
設立 2004年
業種 精密機器
事業内容 分析機器等の開発、製造
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

Magritek(マグリテック)は分析装置を開発、製造するニュージーランドドイツの企業[1]

概要[編集]

2004年にニュージーランドで設立された。[1]。ドイツのアーヘン工科大学、ニュージーランドのマッセー大学ヴィクトリア大学ウェリントンの研究チームによって初期の技術と知的財産が開発された。 永久磁石式核磁気共鳴分光計Spinsolveが主力商品。

沿革[編集]

  • 2004年 - 設立[1]
  • 2005年 - 世界で最初で唯一の通常の研究室の環境で地磁気を使用する3次元MRIの学習装置であるTerranova-MRIを発売
  • 2006年 - Magritekは永久磁石超伝導磁石を備える超低周波数で使用するためのKea NMR分光計を発売[1]
  • 2008年 - Magritek と ACTは採取した岩石を分析するハルバッハ配列の磁石を使用した天然ガス、油層探査用のNMR岩石コア分析器を開発[1]
  • 2012年 - MagritekとACTは合併[1]
  • 2013年 - Magritekは卓上NMR分光計であるSpinsolveを発売[1]

主な製品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g 沿革