MajiでKoiする5秒前/とまどい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MajiでKoiする5秒前/とまどい
広末涼子シングル
初出アルバム『ARIGATO!
A面 MajiでKoiする5秒前
とまどい[1]
リリース
規格 8cmシングル
7インチレコード
ジャンル J-POP
時間
レーベル ワーナーミュージック・ジャパン
作詞・作曲 竹内まりや
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1997年度年間49位(オリコン)
広末涼子 シングル 年表
MajiでKoiする5秒前/とまどい
(1997年)
大スキ!
(1997年)
テンプレートを表示

MajiでKoiする5秒前/とまどい」(マジでコイするごびょうまえ/とまどい)は、広末涼子の1作目のシングル

概要[編集]

作詞・作曲・プロデュースを竹内まりやが手掛けた。

「MajiでKoiする5秒前」「とまどい」共にミュージック・ビデオが制作されている。「とまどい」は、神奈川県川崎市多摩区稲田堤多摩川の川岸で撮影された。

2017年、『しゃべくり007』にゲスト出演した際に今でもこの曲を歌うのかと問われた広末は「全く歌わない」と答えた。理由として「恥ずかしい」と答えた。また、歌手デビューにあたって歌のレッスンはまったくしていなかったことも告白した。竹内や岡本真夜[2]広瀬香美[3]らがレコーディングに立ち会い、アドバイスを受けながら歌っていたという[4]

なお、2020年6月10日アナログ盤が発売された[5]

収録曲[編集]

全作詞・作曲:竹内まりや

  1. MajiでKoiする5秒前(4:19)
    (編曲:藤井丈司・ストリングス編曲:服部隆之
    NTTドコモポケベル」CMソング
    フジテレビ系ドラマ「木曜の怪談'97 悪霊学園」主題歌
    タイトルは、当時の若者言葉の「MK5(マジで切れる5秒前)」をもじったもの[6]
    イギー・ポップの『ラスト・フォー・ライフ』とリズムパターンがほぼ同じ」と指摘されている[7]
  2. とまどい(4:48)
    (編曲:十川知司
    日本テレビ系『TVおじゃマンボウ』エンディングテーマ
  3. MajiでKoiする5秒前(カラオケ)(4:19) ※8cmシングル盤のみ
  4. とまどい(カラオケ)(4:48) ※8cmシングル盤のみ

カバー[編集]

竹内まりや[編集]

2013年発売の竹内まりやデビュー35周年記念コンピレーション・アルバムMariya's Songbook』の初回盤限定ボーナス・トラックに、竹内まりやによるデモ音源が収録され[8]2019年発売の40周年記念アルバム『Turntable』にセルフカバー音源が収録された。また、『Turntable』発売を記念したショートムービーの第3話の主演を広末が務めている[9]

CDに収録される前には、竹内まりやの夫・山下達郎のラジオ番組『サンデー・ソングブック』(TFM系)で、カラオケ・ヴァージョンに竹内まりやのボーカルを乗せたものが放送されたことがあった。

また、2001年にアルバム『Bon Appetit!』で「とまどい」をセルフカバーしている。

その他のアーティスト[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ アナログ盤ではB面収録となっている
  2. ^ 2ndシングル「大スキ!」の提供者
  3. ^ 4thシングル「summer sunset」の提供者
  4. ^ 広末涼子 デビュー曲「MajiでKoiする5秒前」めぐり告白「絶対歌わない」”. ライブドアニュース (2017年11月28日). 2018年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年10月12日閲覧。
  5. ^ 広末涼子のデビューシングル『MajiでKoiする5秒前』と2ndシングル『大スキ!』初アナログ化(Rolling Stone Japan)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2020年6月10日閲覧。
  6. ^ MK5(えむ・けい・ふぁいぶ) - 日本語俗語辞書
  7. ^ 「ポップスと著作権 よく似た曲がぞろぞろ(ニュース・スナップ)」『朝日新聞』1998年10月15日付朝刊、25頁。(尾谷幸憲による指摘)
  8. ^ “竹内まりや、デビュー35周年を記念した提供曲ベスト・アルバムが登場”. CDJournal (株式会社シーディージャーナル). (2013年12月2日). https://www.cdjournal.com/main/news/takeuchi-mariya/55778 2019年9月19日閲覧。 
  9. ^ “竹内まりやのアルバム『Turntable』発売を記念した広末涼子主演ショートムービー最終話&山下達郎制作のマスターエディットDisc3公開”. SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス (株式会社イープラス). (2019年9月4日). https://spice.eplus.jp/articles/252697 2019年9月19日閲覧。 
  10. ^ MajiでKoiする5秒前/苺色の気持ち”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2015年2月8日閲覧。
  11. ^ “川島海荷、これが初キッス!? お相手のはんにゃ金田はキスを猛練習”. ムビコレNEWS (キッチュ). (2010年7月5日). http://www.moviecollection.jp/news/detail.html?p=1364 2015年2月8日閲覧。 
  12. ^ “指原莉乃、2ndシングルに広末涼子「MK5」カバー収録”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2012年9月26日). https://natalie.mu/music/news/77203 2019年9月19日閲覧。 
  13. ^ “吉川友、アイドルカバーアルバムで“歌姫”意識したジャケット”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2012年10月16日). https://natalie.mu/music/news/78311 2019年9月19日閲覧。 
  14. ^ “「その時、カノジョは。」ED曲は、福田愛依がカバーする「MajiでKoiする5秒前」”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年10月1日). https://natalie.mu/comic/news/301866 2019年9月19日閲覧。