Majordomo

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Majordomo
開発元 Brent Chapman
最新版 1.94.5 / 2000年1月19日(17年前) (2000-01-19
プログラミング言語 Perl、一部にC言語
対応OS Unix
サポート状況 Mature
種別 メーリングリスト管理ソフトウェア
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト http://www.greatcircle.com/majordomo
テンプレートを表示

Majordomoは、Great Circle AssociatesのBrent Chapmanが開発したメーリングリスト管理ソフトウェアPerlで記述され、UNIXやそれに類するオペレーティングシステムの上でSendmailと連携して動作する。“major domo”(ラテン語「家の長」) は家令を指す言葉である。

Majordomoの現在のバージョンは1.94.5で、2000年1月19日にリリースされている[1]

歴史[編集]

Majordomoは1992年から広く使われるようになった。このころはウェブブラウザはまだひろまっておらず、多くの人が電子メールは使えてもワールド・ワイド・ウェブへのアクセスはできなかった。そのため、メーリングリストへの登録やリストからの登録解除を (現代の読者にとってはめんどうな方法と感じられるかもしれないが) システムへの指示を記入した電子メールメッセージを送ることで実現した。

後にはMajorCoolのように、ウェブインタフェースを提供するフロントエンドもあらわれた[2]が、多くのメーリングリストではMajordomoの本来の機能を使いつづけている。Majordomoを完全に書き直し英語版て、ユーザが使い慣れた電子メールインタフェースを保ちながらウェブインタフェースなどの面で大幅に改良しようとする試みとしてMajordomo 2があり、OpenBSDプロジェクトなどで利用されている。

Majordomoが登場する以前は、メールサーバに設置してあるメーリングリスト——特定のアドレスあてのメッセージをどこに転送するかの一覧を記したデータ——を手作業で保守していた。リストの所有者(リストを変更する権限を持つユーザ)がテキストファイルを直接編集して、購読者の電子メールアドレスを加えたり外したりしていたのである。まもなく、たくさんのメーリングリストをひとつのサーバに置いて貸し出す商用のサービスがあらわれ、多くの利用者がそこに移った。が、そういったサービスでメールを配送しつづけるには、リストの所有者に年間100ドルも支払わなければならなくなることもしばしばだった。こうした業者の多くはYahoo!のような専門業者に身売りしていき、次第にYahoo! Groups英語版などのサービスに吸収されていった。

この時代に利用されたメーリングリスト用の商用製品としてはLISTSERVがある。また、ここ数年で人気を獲得したオープンソースのメーリングリストソフトウェアとしてはGNU Mailmanphplistqmailで動作するソフトウェアとしてはezmlm (およびその改良版のezmlm-idx) がある。

ライセンス[編集]

Majordomoは、コミュニティベースでサポートされる「半フリーソフトウェア」ではあるが、ライセンスの条項は「Majordomoのいかなる部分であっても、販売されるプログラムその他の製品と結合したり、それらから収益を得たりするには、Great Circle Associatesによる書面での承諾を要する〔…〕」[3]と述べている。ライセンスが挙げる例外はわずかなものである。「あなたはMajordomoをあなたのサイトに配備し、それを利用する他者のために実行することができ、それらのサービスに対して収益を得ることができる。あなたはMajordomoを他のサイトに配備することができ、配備、設定、カスタマイズ、運用の際に収益を得ることができる。あなたは〔ライセンスに〕規定された配布条件に従う限り、Majordomoソフトウェアに対して行った改良で収益を得ることができる。あなたはMajordomoソフトウェアそのものから収益を得ることはできない。」[4]

脚注[編集]

  1. ^ Chan Wilson (Wed, 19 Jan 2000 16:22:13 +0100 (MET)). “Majordomo 1.94.5 released -- security and bugfix release”. Majordomo-Announce Mailing List. http://www.greatcircle.com/lists/majordomo-announce/mhonarc/majordomo-announce.2000/msg00000.html. 
  2. ^ MajorCool: A Web Interface To Majordomo”. 2010年4月14日閲覧。
  3. ^ Majordomo License Agreement, Version 1.1” (1996年5月18日). 2010年4月14日閲覧。 “No part of Majordomo may be incorporated into any program or other product that is sold, or for which any revenue is received without written permission of Great Circle Associates, [...]”
  4. ^ Ibid. ”You may install Majordomo at your site and run mailing lists for other (sic) using it, and charge for that service. You may install Majordomo at other sites, and charge for your time to install, configure, customize, and manage it. You may charge for enhancements you've made to the Majordomo software, subject to the distribution restrictions listed [in the license]. You may not charge for the Majordomo software itself.”