Mana (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Mana
Mana moi dix mois.jpg
Moi dix Moisのライヴを行うMana (2011年)
基本情報
別名 Mana様、魔名
生誕 1969年3月19日[1]
出身地 日本の旗 日本広島県[2]
ジャンル ゴシックメタル
インダストリアル・メタル
プログレッシブ・ロック
ニュー・ウェイヴ
シンセポップ
パンク・ロック
職業 ギタリスト
シンセシスト
作曲家
作詞家
音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
シンセサイザー
活動期間 1986年 -
レーベル Midi:Nette M.†.M(ミディネット エーム・クロワ・エーム)
事務所 Midi:Nette
共同作業者 Moi dix Mois
公式サイト Monologue†Garden 独白の庭
著名使用楽器
ESP jeune fille X Bronze -Cross Ray-
モトリー・クルー
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ
ゴブリン
クリスチャン・デス
ミレーヌ・ファルメール

Mana(マナ)は、日本のギタリストシンセシスト音楽プロデューサー。現在活動停止中のヴィジュアル系バンドMALICE MIZER及び、現在自身が手がけるサウンド・プロジェクトMoi dix Moisリーダー。愛称は「Mana様」。MALICE MIZERのメンバーからは「Manaちゃん」、Moi dix Moisのメンバーからは「ボス」と呼ばれる。

広島県出身[3]。血液型O型。身長173cm。

エレガント・ゴシック・ロリータ(ゴシック・アンド・ロリータ)を愛好しており、教祖的存在と言われている。このことが高じてファッション・ブランド「Moi-même-Moitié(モワ・メーム・モワティエ)」を立ち上げ、デザインおよびプロデュースを手がける。

音楽活動の他にゲーム雑誌「ゲームラボ」にてコラム「Mana様の郷愁なるGame inferno」を執筆・連載していたが、後述の通り現在は連載を終了した。

人物[編集]

  • 人形のように無表情で、本人は喋らないという設定のため、バンド・メンバーたちに耳打ちして通訳をさせたり、ジェスチャーで意思を伝える。ラジオ出演の時は、音の鳴る道具などを使って意思表示をしていた。ただし、雑誌のインタビューやTwitterなど、声を流さない場では話す。
  • 性別にとらわれず、男装も女装も着こなす。MALICE MIZERで女形をしており、ドレス姿やゴスロリなどの衣装が多い。服装・ヘア・メイクにこだわりがあり、徹底している。彼の姿に憧れてコスプレをするファンも多数いる。
  • イメージカラーはブルー。黒も好きで、自身のブランドであるモワティエも青や黒を基調とした商品が多い。
  • ジーパンやスニーカーなどカジュアルなファッション・アイテムは持っておらず、自宅の近くにあるコンビニエンスストアに行く時にさえ、ゴシック・ファッションに身を包み出かける。本人曰く「この方が落ち着く」。
  • 耽美で中性的なイメージだが、学生時代にパンク・ファッションを好んで髪型をモヒカンにしていたことがある。
  • 広島県出身で、父親は高校の音楽教師。幼少の頃からクラシック音楽に慣れ親しみ、大阪の専門学校時代にはクラスの人気者になる。後のバンド活動でもクラシック音楽とロックを融合させた楽曲を発表する。また彼の作曲した曲でよくチェンバロパイプオルガンなどの楽器が使われる。広島へは必ずと言ってよいほど年末年始には帰省している。
  • 学生時代はハンドボール部に所属していた。現在でもライブ中に客席に向かってボールなどを投げ込む演出を行うことがあるが、物凄いスピードかつ正確なコントロールなのはこのハンドボール部での経験が生きている。
  • 料理が得意で、たびたびメンバーにも手料理を振る舞い、好評を得ている。
  • 好きな食べ物はカレー。「カレーのマナ様」と言われるほどカレーに並々ならぬこだわりを持っている。また、彼のTwitterにも良くカレーの話が登場している。
  • 子供の頃にスヌーピーの布団で寝ていたので愛着があるため、好きなキャラクターはスヌーピー。
  • テレビゲームが好きで特にレースゲームを好むが、本人曰く「レース本編よりCGで再現された町並みを見ながらのんびりと遊ぶのが好き」と語る。愛読している雑誌は週刊ファミ通
  • ゲームハードに関しても並々ならぬコレクター。フェイバリットハードはかつてアメリカの3DO社から販売された3DOで、「パルテノン神殿的な美しき造形美」とまで言わしめている。2011年1月にゲーム雑誌「ゲームラボ」がヴィジュアル系特集を企画した際に行われたインタビューで、Manaは前述の3DOについて記事内で語ったが、後に物足りないと考え自身のブログに3DOに関する追加記事を書いた。すると、後にそのブログ記事を読んだゲームラボ編集部よりコラムのオファーが届き、ゲームラボにて連載中のコラム「Mana様の郷愁なるGame inferno」の執筆を開始することとなった(担当編集者退職のため現在は連載終了)。
  • ホラー映画のビデオやDVDを多数コレクションしている。
  • 「飛行機に乗るのは嫌いなのに飛行機自体は大好き」と語るほどの飛行機マニアでもある。ボーイング787エアバスA380がお気に入り。
  • 雑誌の、お嫁さんにしたいランキングで、女性芸能人の中に混じって男性でただ一人ランクインしたことがある。マリスのメンバーからは「料理が上手いし、いいお嫁さんになるかも」と評された。
  • 1999年の第4回ネイルクィーン特別賞を受賞した。

略歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]