MeLA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MeLA
基本情報
イタリアの旗 イタリア
所在地 ロンバルディア州ミラノ県ミラノ市
運行範囲 カシーナ・ゴッバ駅イタリア語版 - サン・ラッファエーレ病院イタリア語版
種類 新交通システムケーブルカー
開業 1999年7月12日
運営者 ATMイタリア語版
詳細情報
総延長距離 0,682 km
路線数 1路線
駅数 2駅
最高速度 35 km/h
路線図
路線図
テンプレートを表示

MeLAMetropolitana Leggera Automatica頭字語、自動ライトレールの意)は、イタリア共和国ミラノ市にある「People mover[1]」型の新交通システムである。

ミラノ地下鉄M2線カシーナ・ゴッバ駅イタリア語版とミラノ市内のサン・ラッファエーレ病院イタリア語版を接続するシャトルサービスである。 1999年7月12日月曜日)に開業し、同日より運行開始された。

当システムでは、ポマ・イタリア (Poma Italia) 社(現・Agudio[2])の技術を使用している[3]。 当システムは、ATMイタリア語版によって運営されている[4]

技術的な特徴[編集]

当システムでは、1編成の列車がカシーナ・ゴッバ駅とサン・ラッファエーレの間を「行ったり来たり」移動しており、単独で軌道を往復イタリア語版する形となっている。 各列車の車両は1-3両で編成されており、それぞれ以下の機能が提供されている。

  • 乗客用の自動ドアサービス
  • カシーナ・ゴッバのリモート操作室に接続された非常用ドアホン英語版
  • オンボードサービスへの電力供給用のバッテリー2個
  • 12座席を含む40席
  • 換気と暖房が独立した2つの設備

カシーナ・ゴッバ駅は地上に設置されており、高速道路の高架に沿って、地下鉄M2線の同名の駅上層階に連絡している。 階下にはATMが運営する管理センターがあり、ここではいつでも牽引機関と保守用ワークショップを見ることができる。 サン・ラッファエーレ近くの駅はその代わりに地下となっており、ここではケーブル張力と牽引コントロール用の自動監視センターの適切な保守が行われている。

導入システムの総延長は682メートルであり、最大速度は35キロメートル毎時である。

車両は、滑らかなプレートが目立っており、それぞれベアリングとガイド、水平および垂直軸のゴムタイヤを備えている。

サービス提供[編集]

利用するにはチケット代の1.30ユーロが必要であり、その支払いは当システムの運行にも役立っている。 24時間以内であれば、同じチケットで戻ることが可能である。 なお、他のすべてのATMチケットや地域のパスは無効となっている。 チケットは、小売店または自動地下鉄の2駅に据え付けられた券売機で購入できる。

サン・ラッファエーレ病院には、常に925バス路線で、通常の市街運賃で行くことも可能である。 路線は、常に次の日の06:00 - 01:00に運行される。

脚注[編集]

関連項目[編集]