MegaNet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

『MegaNet』(メガネット)は、かつて存在した日本民放ラジオネットワークの一つ。『MegaNet』は愛称で、正式名称はMegalopolis Radio Network(メガロポリス・レディオ・ネットワーク)[注釈 1][1])。InterFM897キー局としていた。

概要[編集]

1999年12月、愛知国際放送(RADIO-i、2010年9月30日に閉局)の開局発表[注釈 2]と同時に発足したラジオネットワークであった。現在は東京都・大阪府・福岡県で外国語放送を実施しているFMラジオ局3社のネットワークであるが、JFLとは異なり、北海道・愛知県には加盟局を持たない[注釈 3]FMネットワークとしては日本で3番目、AMを含めたラジオネットワークとしては5番目で日本で最新であった。

ネットワーク番組や特番のセールス、緊急時・災害時の放送協力などを通じて相互に補完・協力し、外国語FM放送の発展と媒体価値の向上を目指し、日本における国際交流の発展に寄与すること、日本国民日本の外国人相互の親睦と融和を図ることを目的としていた。

発足当初は、JFLと通ずる理念で、番組内容だけは共通性を持ちつつ各加盟局独自で番組展開をする企画ネット番組での繋がりだったが、その後、InterFMキーステーションとして、ネットワーク加盟局でもInterFM制作の番組が放送されていたこともある。ただしInterFM自身にも経営状況が厳しく、他局を支援できるほどの余裕がないため、その影響力にも限界があった。

2002年、日本と韓国で開催されたFIFAワールドカップでは、「外国人向けのFM局のネットワーク」である特徴を活かし、他の民放ラジオ全局とは別に、MegaNet独自での日本戦中継を実施。実況は英語で、音声はステレオで放送され、日本で大会を楽しみたい外国人のニーズに応えた。しかし2006年ドイツ大会では回線運用等の都合で他の民放に歩調を合わせ日本戦民放統一放送を流したが、FM COCOLOは放送しなかった。また2010年の南アフリカ大会では、実施局がLove FMだけだった。

平成不況後に外国語放送局として開局し国内在住の外国人のみならず日本の洋楽ファンからも選曲の良さに定評があったものの、知名度が浸透せず苦境に立たされている状況が続いた。

  • InterFM897は2009年(平成21年)3月にテレビ東京の完全子会社となり、その後2012年6月20日からは木下工務店の子会社であるキノシタ・マネージメントの連結子会社(2013年に完全子会社)に、さらに2020年9月1日からは、MegaNetキー局でありながらもジャパンエフエムネットワーク(JFNC)の完全子会社かつ全国FM放送協議会(JFN)の特別加盟局にもなった。同年11月1日からはJFNC制作番組を中心に、JFN系列の番組[注釈 4]を放送するようになった。
  • FM COCOLOは事実上FM802(JFL加盟局)の傘下となり、さらに2012年4月1日に放送事業の全てをFM802に譲渡し、1局2波体制で放送を継続している。事業譲渡後に旧運営会社の関西インターメディアは清算され、日本民間放送連盟の会員資格はFM802に統合されている。FM802の運営となってからは、編成の都合によりJFL系列局制作番組がFM COCOLOで放送されることがある。
  • LOVE FMは経営難に陥り西日本鉄道との事業譲渡交渉を行った結果、2011年1月1日付で天神エフエム(もともとコミュニティFM局だったが、Love FMの譲受に伴い天神エフエムを廃局)との間で、吸収分割により免許譲渡を行い、旧運営会社の九州国際エフエムは清算された。九州国際エフエムから引き継ぐ形で天神エフエムが日本民間放送連盟に加盟し、同年7月にラブエフエム国際放送に社名変更した。
  • RADIO-iは興和の完全子会社となったが、破綻し2010年9月30日で閉局(廃局)となった。
  • 2014年4月1日にはInterFMが東海地方での中継局となるInterFM NAGOYA(のちにRadio NEOとして別会社化)を開局、同じ周波数で放送していたRADIO-iの閉局から3年半での新局開局となった。しかし経営難により2020年6月30日をもって、開局より6年少しでの閉局(廃局)となった[2]

放送対象地域は都道府県単位ではなく、「外国語放送実施地域」として都道府県の中の特定の自治体や空港のみが指定される形となっているが、実質的にはスピルオーバーにより[注釈 5]広域で聴取する状態となっているため、放送対象地域であっても聴取できない事もある。

radikoには、全ての加盟局が参加している。ドコデモFMには、LOVE FMのみ参加していた。これは、当時JFN以外では唯一の参加局であったが、2020年6月30日をもって離脱している。

日本民間放送連盟のホームページのラジオネットワーク一覧では、InterFM897のJFN加盟を契機に加盟3局はMegaNetではなくその他(独立放送局)として分類されている他、MegaNetに関する記述がFM COCOLOはFM802の1局2波となったタイミングで、InterFMはJFNに加盟したタイミングでそれぞれ削除され、事実上の空中分解状態となっている[3]。また、LOVE FMのサイトからもInterFMのJFN加盟直後から一旦MegaNetに関する記述が削除された(現在は当該ページが復活しているが、InterFM897についての記述が削除されている。#外部リンクも参照)。

参加局[編集]

2021年4月時点での加盟局[編集]

愛称 コールサイン 親局周波数 運営会社 放送対象地域
(法令上は「外国語放送実施地域」)
備考
InterFM897 JODW-FM 東京 89.7MHz[注釈 6] InterFM897 東京都区部さいたま市千葉市
横浜市川崎市成田国際空港
2014年3月までの社名はエフエムインターウェーブ
2015年9月までの愛称及び2017年3月までの社名はInterFM
2020年9月1日からは全国FM放送協議会(JFN)の特別加盟局でもある
FM COCOLO JOAW-FM[注釈 7] 大阪 76.5MHz FM802[注釈 8] 大阪市堺市東大阪市
京都市神戸市尼崎市
奈良市関西国際空港
2012年3月まで関西インターメディアが運営
LOVE FM JOFW-FM 福岡 76.1MHz ラブエフエム国際放送[注釈 9] 福岡市北九州市久留米市
大牟田市佐賀市
2010年12月まで九州国際エフエムが運営

旧加盟局[編集]

愛称 コールサイン 親局周波数 運営会社 放送対象地域
(法令上は「外国語放送実施地域」)
備考
RADIO-i JOGW-FM 名古屋 79.5MHz 愛知国際放送 名古屋市瀬戸市豊田市岡崎市
常滑市豊橋市静岡県浜松市
2010年9月閉局
Radio NEO JOCW-FM[注釈 10] Radio NEO 名古屋市瀬戸市豊田市
岡崎市常滑市豊橋市
2015年9月までの愛称はInterFM NAGOYA
2016年11月までInterFMが運営
2020年6月閉局

代表的なネット番組[編集]

  • BEAMS TOKYO CULTURE STORY(InterFM897、FM COCOLO、Radio NEO[注釈 11])
  • RADIO EUTOPIA(FM COCOLO、InterFM897、Radio NEO)
  • Sunrise(Radio-i、Love FM)[注釈 12]
  • After Dark(Radio-i、Love FM)
  • Journey(Radio-i、Love FM)
  • The Wolfman Jack Show(FM COCOLO)※ただしInterFMとは放送期間などが異なる
  • WIKI WIKI HAWAII(2010年3月までは全局。2010年4月からはFM COCOLO以外)
  • RADIO UP NINE(FM COCOLO以外)
  • BILLBOARD BEST OF POPS(終了)
  • TOYOTA GROOVE IN THE CITY(終了)
  • DHC SOUND COSME(終了)
  • BARAKAN BEAT(終了)
  • Nite Crawler(終了)
  • RADIO LATINA(終了)
  • HITS ON DRIVE(終了)

など

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 『日本民間放送年鑑2009』より。
  2. ^ 会社設立は1999年8月10日。
  3. ^ 愛知県には後述の通り過去に2度存在したが、いずれも経営難により廃局となった。
  4. ^ ただし、JFN系列のキー局であるエフエム東京(TOKYO FM)と放送対象地域がほぼ合致しているため、InterFM897で放送されるのはTOKYO FMで放送されない番組に限られる。
  5. ^ 設置している中継局はInterFM897横浜送信所(76.5MHz)、LOVE FM北九州送信所(82.7MHz)および福岡西送信所(82.5MHz)のみ。
  6. ^ 開局時の周波数は76.1MHz(2015年10月まで使用)。
  7. ^ かつては中部日本放送(現:CBCラジオ尾鷲局のコールサインであった。
  8. ^ FM802自体はJFL加盟局で、同局のコールサインはJOFV-FM(大阪 80.2MHz)。
  9. ^ 旧社名は天神エフエム。「FREE WAVE」(コールサインはJOZZ0AA-FM 福岡 77.7MHz)の愛称でコミュニティ放送を行っていた。
  10. ^ かつて信越放送伊那中継局のコールサインであった。
  11. ^ 2020年6月26日までネット。閉局前日の同年6月29日はフィラーで穴埋め対応。
  12. ^ InterFMでも『TOKYO SUNRISE』ならびに『SATURDAY SUNRISE』・『SUNDAY SUNRISE』として放送。ただし放送内容は異なっている。

出典[編集]

  1. ^ InterFM897について | インターFM897
  2. ^ Radio NEO閉局のお知らせ
  3. ^ ラジオネットワーク”. 一般社団法人日本民間放送連盟. 2020年11月28日閲覧。