Memories Off carta fiorato

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Memories Off carta fiorato
ジャンル 恋愛シミュレーションゲーム
ゲーム
対応機種 iアプリ
S!アプリ
発売元 サイバーフロント
メディア 携帯電話アプリケーション
プレイ人数 1人
発売日 2008年8月1日(iアプリ)
テンプレート - ノート

Memories Off carta fiorato』(メモリーズオフ カルタ フィオラート)は、サイバーフロントから配信されていた携帯電話ゲーム。同社の解散とともに配信は停止している。

本作はMemories Offシリーズ初の恋愛シミュレーションゲームである。2007年11月30日には、5pb.が同シリーズを独占的・排他的に利用する権利を取得したことを発表しているが[1] 携帯電話アプリケーションサービスだけは例外的にサイバーフロントのもとで運営されていた。

ゲームの目的は、男子高校生となって恋愛に充実した学校生活を送ること。ヒロインは5名。複数の相手と親密になることも可能だが、度が過ぎると修羅場を見ることになる。

シリーズ公式サイトや関連書籍には『carta fiorato』に関する記述が一切ない。

登場人物[編集]

松ヶ野 楓子(まつがや ふうこ)
愛称「フーコ」。心優しいが、飽きっぽくてお調子者。
片桐 杏子(かたぎり きょうこ)
高慢に振舞いがちな芸能人。女優を目指している。
菊池 由希子(きくち ゆきこ)
生物教師。いわゆる不思議系であり、なにかに熱中するとそのことで頭がいっぱいになってしまう。
萩原 かつみ(はぎわら かつみ)
バイクショップのアルバイトで出会う少女。手先は器用だが態度は乱暴。
藤谷 志乃(ふじたに しの)
おとなしい後輩。専用のアトリエを持ち、志望校も芸術大学である。

スタッフ[編集]

  • グラフィック : フェザード
  • シナリオ : 平戸一匡
  • ディレクション : 川本和央、植松あゆみ、大片実穂
  • プロデュース・総監督 : 若林健

脚注[編集]

  1. ^ 5pb.ニュースリリース”. 5pb. (2007年11月30日). 2014年10月17日閲覧。