message (ViViDの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
message
ViViDシングル
初出アルバム『INFINITY
B面 ring
vanity
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
ロック
オルタナティヴ・ロック
ポップ・パンク
時間
レーベル エピックレコードジャパン
作詞・作曲 シン(作詞)
イヴ(作曲)
プロデュース ViViD
宅見将典
チャート最高順位
ViViD シングル 年表
FAKE
2011年
message
(2012年)
REAL
(2012年)
ミュージックビデオ
message - YouTube
テンプレートを表示

message」(メッセージ)は、日本ヴィジュアル系ロックバンドViViDのメジャー4作目(通算8作目)のシングル

概要[編集]

  • 前作「FAKE」から約2ヶ月ぶりのシングル
  • 表題曲はドワンゴdwango.jp』のCMソングに起用された。CMソングへの起用は自身初となる。
  • 初回生産限定盤Aと初回生産限定盤B、スペシャルボーナストラック盤の3形態で発売された。初回生産限定盤Aには特典として表題曲のミュージック・ビデオとメイキング映像、メンバーからのメッセージ映像を収録したDVDが、初回生産限定盤Bには特典として表題曲のミュージック・ビデオと「素顔のViViD」と題されたメンバーのプライベート模様を収録したDVDが同梱された[1]
  • オリコン初登場4位を獲得。「BLUE」以来2作ぶりに、トップ5入りを記録した。

収録曲[編集]

  1. message [4:53]
    生のストリングスを取り入れた、初のバラードシングル。
  2. ring [3:51]
  3. vanity [4:45]
    スペシャルボーナストラック盤にのみ収録されている。

参加ミュージシャン[編集]

ViViD
Extra Musician
  • クラッシャー木村:Violin (#1)
  • 牛山玲名:Violin (#1)
  • 武藤宏樹:Violin (#1)
  • 藤田弥生:Violin (#1)
  • 細川亜維子:Viola (#1)
  • 館泉礼一:Viola (#1)
  • 赤荻雄二:Music Transcrider (#1)

タイアップ[編集]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]