Microsoft Photo Editor

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Microsoft Photo Editor (マイクロソフト フォトエディター)とは、マイクロソフトWindowsMacintoshむけに販売していたオフィススイートMicrosoft Officeに付属する写真編集ソフトウェアである。Microsoft Office XPまでは標準で搭載されていたが、Microsoft Office 2003では搭載されず、その代わりに(編集機能の大部分が削除されたが)基本的な画像の補正編集機能を備えたファイル管理ツールMicrosoft Office Picture Managerが添付された。これらは、いずれも単体発売はされなかった。

主な機能[編集]

  • スキャナなどTWAIN対応機器からの画像の取り込み
  • トリミング
  • ズーム(拡大表示)
  • ぼかし・シャープ効果
  • サイズ変更
  • 画像の回転
  • ネガ・ノイズ除去などの効果の適用

関連ソフトウェアの経緯[編集]

  • Microsoft Officeの付属ソフトウェアとしてその使用権保有者に提供
    • Microsoft Photo Editor - Microsoft Office XPまで付属。
    • Microsoft Office Picture Manager - Microsoft Office 2003、2007および2010まで付属。Office 2013 以降は付属しなったが、別途に、無償公開されていたSharePoint Designer 2010をダウンロードし、スタンドアロンアプリとしてインストールすることで利用可能だった。
  • Microsoft WindowsのOSの使用権保有者に提供
    • Windows 画像と FAX ビューア(通称:Windows Photo Viewer) - Windows XPのOSシステムにdllファイルとして組み込まれて動作。独立したexeファイルは存在しない。
    • Windows フォト ギャラリー - Windows Vistaで置き換えられた。
    • Windows Live Essentials (Windows Essentials) - Windows 7, 8で、初期インストール状態ではバンドルされなくなり、別途、Windows Updateを介してインストールできる特典扱いの独立したソフトウェアとなった。Windows 8.1には公式には非対応。
    • フォト(Microsoft Photos) - Windows 10 に標準搭載され、ストアでも無償配布されているメトロアプリ( Universal Windows Platform app; (UWP) )。写真だけでなく動画編集や、それらの自動分類も可能。マイクロソフトは公式に「Picture Manager の後継[1]」であると発表している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Where is Picture Manager?”. Office Support. マイクロソフト. 2020年6月22日閲覧。

関連項目[編集]