Microsoft Windows XP Professional x64 Edition

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マイクロソフト > Microsoft Windows > Windows NT系 > Microsoft Windows XP > Microsoft Windows XP Professional x64 Edition
Windows XP Professional x64 Edition
Microsoft Windows ファミリー
Windows XP wordmark.svg
開発者
マイクロソフト
リリース情報
リリース日 2005年4月23日 (2005-04-23)(日本)[1]
2005年4月25日 (2005-04-25)(米国)[2]
最新安定版 5.2 Service Pack 2(Build 3790) - 2007年3月12日 [info]
ソースモデル シェアードソース
ライセンス Microsoft EULA
カーネル ハイブリッドカーネル
プラットフォーム x64
サポート状態
サポート終了
メインストリーム サポート終了日:2009年4月14日
(米国日時・終了済み)
延長サポート終了日:2014年4月8日
(米国日時・終了済み)[3][4]

Windows XP Professional x64 Editionマイクロソフト2005年に発売した、x64パーソナルコンピュータ用のオペレーティングシステムである。x64アーキテクチャによる拡張64ビットメモリアドレス空間を使用するよう設計されている[5]

64ビットに移行したことによる最大のメリットは、使用可能な最大RAMが増えたことにある。Windows XP 32ビット版は合計4ギガバイトに制限されている。64ビットコンピュータの理論上のメモリ制限は約16エクサバイト (171億ギガバイト) だが、Windows XP x64では物理メモリが128GB、仮想メモリが16TBに制限されている[6]

Windows XP Professional x64 Editionは「Windows XP」と称しているが、32ビット版XPではなくWindows Server 2003と同じカーネルおよびコード体系を使用しており[7]、サービスパックもServer 2003向けのものを適用する[8]。いわば「クライアント版Windows Server 2003」と言うべき存在である。しかしながら、Windows Server 2003には搭載されていないシステムの復元Windows Messenger、高速なユーザー切替、ようこそ画面、セキュリティセンターやゲームといったWindows XPのクライアント機能はx64 Editionにも搭載されている。クライアント版Windowsにおける32ビット版と64ビット版のコードの統一は、次代のWindows Vistaの登場を待つことになる。

Itaniumアーキテクチャ向けに設計されたWindows XP 64-bit Editionとは別の製品である[9][10]。但し、開発初期段階では、Windows XP Professional x64 Editionは「Windows XP 64-Bit Edition for 64-Bit Extended Systems」という名前であった[11]

利点[編集]

  • 最大128GBのRAMをサポート[12]
  • 最大2基の物理CPU(別々の物理ソケット)および64基の論理プロセッサ(同一CPUのコアやスレッド数)をサポート
  • 32ビット版Windows XPより新しいWindows Server 2003カーネルを使用しており、スケーラビリティを拡張している[13]。Windows XP Professional x64 Editionではルートキットの除去に効果があるKernel Patch Protection(PathGuardとしても知られる)が搭載された[14]
  • SP1以降でGPTパーティションのディスクをデータ用ドライブとしてサポートし(起動用には使えない)[15]、2TBを超えるディスクを単一のGPTパーティションで使えるようになった
  • 64ビットハードウェアに最適化されたソフトウェアで、より高速な音声や映像のエンコード、コンピュータゲーム、3Dレンダリングを可能にした
  • Internet Information Services (IIS) バージョン6.0が付属。32ビットエディションのWindows XPはIIS v5.1が付属する
  • Windows Media Player (WMP) バージョン10が付属[16]。WIndows XP ProfessionalではWMP8が付属するが、全てのWindows XPエディションでWMP11が利用可能である
  • Windows Server 2003で改善されたIPsec機能[17]
  • Windows Server 2003で搭載されたシャドウコピー[18]
  • Unicodeキーボード入力をサポートするリモートデスクトップサービス、クライアントサイドのタイムゾーンリダイレクト、GDI+レンダリング関数のパフォーマンス改善、FIPS暗号化、代替プリンタドライバ、自動再接続および新しいグループポリシー設定[19]
  • 32ビットおよび64ビット版Windows XPからの設定の移行をサポートする、ファイルと設定の転送ウィザード[20]

ソフトウェアの互換性[編集]

Windows XP Professional x64 EditionはWindows-on-Windows 64-bit (WOW64) という技術を利用して32ビットアプリケーションの実行を可能にしている。これはItanium用のWindows XP 64-bit Editionで最初に使われ、後にx64エディションのWindows XPおよびWindows Server 2003に搭載された。

x64アーキテクチャはハードウェアレベルで32ビット命令をサポートしているため、WOW64は単純にプロセスを32ビットと64ビットでモードを切り替える。そのため、x64アーキテクチャマイクロプロセッサで32ビットWindowsアプリケーションを実行するときにパフォーマンスが落ちることはない。Itaniumアーキテクチャでは、WOW64は32ビットx86命令を64ビットItanium命令に変換することでプロセッサはそれを実行できるようになる。全ての32ビットプロセスはWindows タスク マネージャーに "*32" と表示され、64ビットプロセスには表示されない。

32ビットアプリケーションを透過的に実行できるものの、同じプロセスに両方のコードが混合することは許されていない。64ビットプログラムは32ビットダイナミックリンクライブラリ (DLL) を使うことができず、また32ビットプログラムは64ビットDLLを使うことができない。これは、ライブラリの開発者は32ビット版と64ビット版の両方のバイナリを供給する必要があることを意味する。特に、エクスプローラの32ビットシェル拡張は64ビット版エクスプローラでは機能しない。Windows XP x64 Editionでは32ビット版と64ビット版の両方のエクスプローラが付属する[21]。32ビット版を既定のWindowsシェルとすることはできる[22]。また、Windows XP x64 Editionは32ビット版と64ビット版の両方のInternet Explorer 6を搭載しており、ユーザーは64ビット版でブラウザ拡張機能やActiveXコントロールを使用することができない。

Windows XP x64 Editionでは64ビットドライバはサポートされていないが、メディアプレーヤーが32ビットであるように32ビットコーデックがサポートされている[23]

プログラムのインストール[編集]

既定では64ビット (x64) Windowsプログラムは"C:\Program Files"フォルダに各自のフォルダを作成してそこにインストールされる。32ビット (x86) Windowsプログラムは "C:\Program Files (x86)"フォルダの中に同じようにしてインストールされる。

既知の制限[編集]

Windows XP Professional x64 Editionにはいくつか特筆すべき問題が存在する。

  • NTVDMまたはWindows on Windowsを搭載していないため、16ビットアプリケーションまたはネイティブMS-DOSアプリケーションは動作しない[24]。いくつかの古い32ビットアプリケーションは16ビットインストーラを使用しているが、ACME Setupバージョン2.6、3.0、3.01、3.1およびInstallShield 5.xのような16ビットインストーラはWOW64によって置き換えられるようになっており、この問題を回避している[23]
  • 64ビットドライバのみサポート[23]
  • 全ての32ビットエクスプローラ用シェル拡張は64ビットエクスプローラでは動作しない[21]。しかし、Windows XP x64 Editionでは32ビット版エクスプローラも付属する。これを既定のシェルとして設定することもできる[25]
  • コマンドプロンプトは全画面で使用できない[要出典]
  • Type1フォントをネイティブにサポートしていない[要出典]
  • Web Extender Client component for Web Folders (WebDAV) を搭載していない[26]
  • Outlook Expressでスペルチェックを利用できない[27]
  • IEEE 1394 (FireWire) オーディオがサポートされていない[28]
  • PCのRAMが4GB以上の場合は休止状態をサポートしていない[29]

サービスパック[編集]

前述の通り、Windows XP Professional x64 EditionのRTM版はWindows Server 2003 Service Pack 1のコードがベースになっている[7]。Windows XP Professional x64 Editionは32ビット版Windows XPとは異なるコードベースに基づいて設計されているため、サービスパックも別々に開発される[30]。Windows XP x64 Edition用のService Pack 2は2007年3月13日にリリースされ、早期にリリースされた32ビット版Windows XP用Service Pack 2とは異なるものである[30]。実際、2004年9月2日に既にリリースされていた32ビット版Windows XP用のService Pack 2で追加された多くの主要な機能が、x64のRTM版で既に実装されている[7]。Service Pack 2はWindows XP Professional x64 Edition用の最後のサービスパックである。

脚注[編集]

  1. ^ ASCII.jp:「Windows XP Professional x64 Edition」のDSP版が本日発売!アキバでの売れ行きは予想以上?”. KADOKAWA (2005年4月24日). 2016年11月10日閲覧。
  2. ^ マイクロソフト、Windows Server 2003 および Windows XP Professional の 64 ビット バージョン(x64 Editions)の提供開始を発表 - News Center”. マイクロソフト (2005年4月27日). 2016年11月10日閲覧。
  3. ^ マイクロソフト サポート ライフサイクル”. マイクロソフト (2015年6月22日). 2015年10月22日閲覧。
  4. ^ Windows ライフサイクルのファクト シート”. Windows ヘルプ. マイクロソフト (2015年8月). 2015年8月8日閲覧。
  5. ^ “Microsoft Raises the Speed Limit with the Availability of 64-Bit Editions of Windows Server 2003 and Windows XP Professional” (プレスリリース), Microsoft, (2005年4月25日), http://news.microsoft.com/2005/04/25/microsoft-raises-the-speed-limit-with-the-availability-of-64-bit-editions-of-windows-server-2003-and-windows-xp-professional/ 2015年9月10日閲覧。 
  6. ^ 元麻布春男 (2005年7月26日). “64版Windowsへの移行は急がば回れ? x64版Windowsのメリットは32ビットアプリケーションとの互換性 - ITmedia エンタープライズ”. IT media. 2016年11月10日閲覧。
  7. ^ a b c A description of the x64-based versions of Windows Server 2003 and of Windows XP Professional x64 Edition (Revision 3.8)”. Support. Microsoft (2007年10月11日). 2011年1月12日閲覧。 “The x64-based versions are based on the Windows Server 2003 code tree. Service and support activities for these versions use the Windows Server 2003 tree and do not use the Windows XP client tree.”
  8. ^ 64-Bit Windows XP Service Pack 3? Don't think so... at least for now”. Softpedia. SoftNews (2007年12月14日). 2014年10月15日閲覧。
  9. ^ “Microsoft Releases Windows XP 64-Bit Edition Version 2003 to Manufacturing”. News Center (Microsoft). (2003年3月28日). http://www.microsoft.com/presspass/press/2003/mar03/03-28WinXP64BitPR.mspx 2011年1月12日閲覧。 
  10. ^ Evers, Joris (2005年1月4日). “Microsoft nixes Windows XP for Itanium”. Infoworld. IDG. 2011年1月12日閲覧。
  11. ^ Microsoft Announces Beta Version of Windows XP 64-Bit Edition For 64-Bit Extended Systems”. News Center. Microsoft (2003年9月23日). 2013年6月7日閲覧。
  12. ^ Processor and memory capabilities of Windows XP Professional x64 Edition and of the x64-based versions of Windows Server 2003”. Support. Microsoft (2010年12月20日). 2013年9月8日閲覧。
  13. ^ Windows Server 2003 Kernel Scaling Improvements”. Microsoft. 2013年6月7日閲覧。
  14. ^ The Benefits of x64 Technology”. microsoft.com. Microsoft. 2013年6月7日閲覧。
  15. ^ Windows XP Disk Support: Windows and GPT FAQ”. Dev Center – Hardware. Microsoft. 2013年6月7日閲覧。
  16. ^ Changes to Functionality in Microsoft Windows XP Professional x64 Edition”. Microsoft (2005年5月3日). 2013年6月7日閲覧。
  17. ^ Changes to Functionality in Microsoft Windows XP Professional x64 Edition”. TechNet. Microsoft. 2013年6月7日閲覧。
  18. ^ General FAQs About 64-bit Windows”. MSDN. Microsoft. 2013年6月7日閲覧。
  19. ^ Remote Desktop for Windows XP Professional x64 Edition”. TechNet. Microsoft. 2013年6月7日閲覧。
  20. ^ Files and Settings Transfer Wizard for Windows XP Professional x64 Edition”. TechNet. Microsoft. 2013年6月7日閲覧。
  21. ^ a b Some Windows Explorer extensions and some Control Panel items are not displayed on computers that are running an x64-based version of Windows”. Support. Microsoft (2008年2月4日). 2013年6月7日閲覧。
  22. ^ Paddock, Brandon (2005年5月22日). “How to run the 32-bit Explorer shell on Windows x64”. Extended64.com. 2013年6月7日閲覧。
  23. ^ a b c Release Notes for Windows XP Contained in the Relnotes.htm File”. Support. Microsoft (2006年1月9日). 2013年6月7日閲覧。
  24. ^ 64-bit versions of Windows do not support 16-bit components, 16-bit processes, or 16-bit applications”. Support. Microsoft (2011年9月11日). 2013年4月19日閲覧。
  25. ^ How to run the 32-bit Explorer shell on Windows x64”. Extended64.com. 2013年6月7日閲覧。
  26. ^ You cannot connect to a Web folder from a Windows Server 2003 or Windows XP x64 computer”. Support. Microsoft. 2013年6月7日閲覧。
  27. ^ Changes to Functionality in Microsoft Windows XP Professional x64 Edition”. TechNet. Microsoft. 2013年6月7日閲覧。
  28. ^ Changes to Functionality in Microsoft Windows XP Professional x64 Edition”. TechNet. Microsoft. 2013年6月7日閲覧。
  29. ^ You cannot put a computer that has more than 4 GB of memory into hibernation in Windows XP, in Windows Server 2003, in Windows Vista, or in Windows Server 2008.
  30. ^ a b Windows Server 2003 & Windows XP x64 Service Pack Technical Overview”. TechNet. Microsoft (2011年1月25日). 2013年6月7日閲覧。

参考文献[編集]

  1. Benefits of Microsoft Windows x64 Editions. Microsoft Corporation. (February 8, 2006). http://www.microsoft.com/windowsserver2003/techinfo/overview/x64benefits.mspx 2011年1月12日閲覧。. 
  2. Da Costa, Andre (2006年4月25日). “Microsoft Windows XP x64 Edition: Year in Review”. ActiveWin.com. 2011年1月12日閲覧。
  3. List of updates in Windows Server 2003 Service Pack 2 (Revision 15.2)”. Microsoft Support. Microsoft Corporation (2009年2月27日). 2011年1月12日閲覧。