Miss YOKOHAMADULT

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
原由子 > Miss YOKOHAMADULT
Miss YOKOHAMADULT
YUKO HARA 2nd
原由子スタジオ・アルバム
リリース
録音 1983年6月 - 9月
VICTOR STUDIO
ジャンル J-POP
時間
レーベル タイシタレーベル
プロデュース 桑田佳祐
チャート最高順位
原由子 アルバム 年表
はらゆうこが語るひととき
1981年
Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd
(1983年)
MOTHER
1991年
『Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd』収録のシングル
  1. 恋は、ご多忙申し上げます
    リリース: 1983年8月21日
  2. 横浜 Lady Blues
    リリース: 1983年11月5日
テンプレートを表示

Miss YOKOHAMADULT YUKO HARA 2nd』(ミス・ヨコハマダルト・ユウコ・ハラ・セカンド)は、原由子の2枚目のオリジナル・アルバム1983年11月21日発売。発売元はタイシタレーベル

1991年5月21日1998年2月25日に再発売されている。

本作のタイトルは正確には「YUKO HARA 2nd」も含んだものとなっているが、サブタイトルというよりは2ndアルバムであるという記述に留まっているため、ここでは省略する。

背景[編集]

前作から約2年7ヶ月ぶりとなるソロのオリジナル・アルバム。本作はソロとして初のヒットとなった4枚目のシングル曲「恋は、ご多忙申し上げます」が収録されている。

制作[編集]

タイトルは横浜アダルトを足した造語で、タイトル通り横浜を舞台に、大人の雰囲気を醸し出した曲が並んでいる。

なお、1982年リリースのシングル曲「誕生日の夜」は本作と製作時期が異なったため、本アルバムには収録されず、現在もシングル盤のみで聴くことが出来る。カップリングの「I'LL BE GOOD TO YOU」はベスト盤『Loving You』に収録。

原の夫でありサザンオールスターズのボーカルを務める桑田佳祐が前作に引き続き全面プロデュースを行い、サポートメンバーとして原以外のサザンのメンバーも全員参加しており、サザンのサポートメンバーである斎藤誠(本作のクレジットでは藤誠)も参加している。

本作ではシンセサイザー英語表記“Synthesizer”が“Synthesyzer”と複数箇所誤って表記されている

リリース[編集]

本作は初版からCDアルバムとしても発売されている。また、原の命名により誕生したサザンのプライベートレーベルであるタイシタレーベルからの発売となっている。

収録曲[編集]

  1. 夕方 Friend
    (作詞・作曲:原由子 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers
    タイトルの「夕方」は「You got a」をもじったものである。
  2. Rimbaud(ランボオ)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers 弦管楽器編曲:八木正生
    「ランボオ」とはフランスの詩人アルチュール・ランボーのことである。
  3. Misty Morning
    (作詞・作曲:原由子 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers)
    5枚目シングル「横浜 Lady Blues」のカップリング曲。
  4. 横浜 Lady Blues
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers)
    5枚目シングル曲。
    先行シングルのため、本作と同一のビジュアルを採用している。
  5. 新・野毛山模様
    (作詞:桑田佳祐 作曲・編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers)
    タイトルは「新」となっているが、もともと「野毛山模様」という楽曲は存在せず、続編などという意味ではない。横浜野毛山公園が舞台で、夜の物静かな情景を唄っている。歌詞に出て来る“ポンタさん”とは、サポートでも参加しているドラマー村上秀一の事。
  6. 恋のメモリー:三昧編
    (作詞・作曲:原由子 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers 管編曲:八木正生)
    タイトルに“三眛編”とあるが、別バージョンが存在するわけではない。ベストアルバムLoving You」にも収録された。
  7. 嵐の第三京浜
    (作詞・作曲:原由子 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers)
    タイトル通り第三京浜道路でのドライブデートをテーマにした曲。
  8. 女優
    (作詞:桑田佳祐 作曲:桑田佳祐 & 神山暁雄 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers)
    後に増田惠子がカバー。
    歌詞には“ヘイ・ヘイ・ホー”というフレーズが登場する。
  9. 恋は、ご多忙申し上げます
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers)
    4枚目シングル曲。
  10. 冷たい月曜日
    (作詞・作曲:斉藤誠 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers With 斉藤誠)
    サポートメンバーの斎藤誠が作詞・作曲を手がけた曲で、本作では唯一の原、桑田以外による作品。
  11. いちょう並木のセレナーデ
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers)
    サザンのシングル「Ya Ya (あの時代を忘れない)」と同様、青山学院時代の思い出を歌った曲。
    小沢健二はこの曲へのリスペクトを込めて、同名のオリジナル曲を作った[1]。曲は、1994年にリリースされた小沢の2ndアルバム『LIFE』に収録されている。
  12. ヨコハマ・モガ
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:桑田佳祐 & Head Arrangers)
    シーナ&ザ・ロケッツ鮎川誠とのデュエット曲。間奏ではドラマ風の2人のセリフ回しが聴ける。
    モガ」とは、昭和初期に流行した言葉で、ファッション・文化の最先端を行く女性「モダンガール」の略。

参加ミュージシャン[編集]

夕方Friend

Rimbaud(ランボオ)

  • 野沢秀行:Percussions
  • 鈴木重男:Flute
  • 玉野グループ:Strings

Misty Morning

横浜 Lady Blues

新・野毛山模様

恋のメモリー:三昧編

  • 武田和三グループ:Brass

女優

  • 松田弘:Percussions
  • 今野拓朗:Percussions

恋は、ご多忙申し上げます

  • 野沢秀行:Percussions

冷たい月曜日

  • 斉藤誠:Guitars, Chorus

いちょう並木のセレナーデ

ヨコハマ・モガ

脚注[編集]

[ヘルプ]