Mona Lisa OVERDRIVE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
BUCK-TICK > 作品リスト > Mona Lisa OVERDRIVE
Mona Lisa OVERDRIVE
BUCK-TICKスタジオ・アルバム
リリース
録音 STUDIO SOUND DALI
AOBADAI STUDIO
HEART BEAT RECORDING STUDIO
LANDMARK STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル BMGファンハウス
プロデュース BUCK-TICK
南石聡巳(毒組)(#7・8・10・11)
比留間整 (#1 - 6・9・12)
チャート最高順位
BUCK-TICK 年表
極東 I LOVE YOU
2002年
Mona Lisa OVERDRIVE
(2003年)
at the night side
2004年
『Mona Lisa OVERDRIVE』収録のシングル
  1. 残骸
    リリース: 2003年1月8日
テンプレートを表示

Mona Lisa OVERDRIVE』(モナリザ・オーバードライヴ)は、日本ロックバンドであるBUCK-TICKの13枚目のオリジナルアルバム[1]2003年2月13日BMGファンハウスよりリリースされた。

解説[編集]

  • ハードコアテクノミクスチャー・ロックの要素を取り入れた楽曲が多く収録されている。
  • もともとは収録曲のうちの数曲は前作『極東 I LOVE YOU』で2枚組にする案も出た際に候補として挙がっていたものだった。しかしそれには曲数が足りず、その数曲をミニアルバムとしてリリースすることも想定されていたが、結局は本作に収録される運びとなった。そのため前作と本作は対を成すアルバムとして位置付けられており、内容も前作とは一転し攻撃性に満ちたアルバムになっている。またそれぞれの1曲目と最後の曲が互いに繋がるような構成になっており、最後の曲のタイトルもそれぞれ「Continue(続く)」・「Continuous(連続的な、途切れない)」と、2作品が対を成していることを示唆している。
  • アメリカSF作家ウィリアム・ギブスンの著書に同名の小説が存在するが、ギタリスト今井寿ロバート・ロンゴの作品『Samurai Overdrive』を混同して記憶しており、こちらからインスピレーションを受けたという[2]
  • インストゥルメンタルを除く11曲中今井作詞曲が5曲と、3rdアルバム『TABOO』以降の作品としてはその比率が多い。
  • 先行シングル残骸」およびカップリング曲の「GIRL」はシングルとバージョンが異なる。
  • Viewsicで放送された特番でのインタビューによると、今井には本作のリミックス盤を制作するアイデアがあったようだが、実現はしていない。
  • 2017年11月7日に、デビュー30周年を記念し、全曲リマスター・ブルースペックCD2・紙ジャケット仕様で再発売された[3]

リリース履歴[編集]

No. 日付 レーベル 規格 規格品番 最高順位 備考
1 2003年2月13日 BMG JAPAN CD BVCR-11048 7位
2 2017年11月7日 アリオラジャパン Blu-Spec CD2 BVCL-30039 247位 デジタルリマスター盤、紙ジャケット仕様

収録曲[編集]

全編曲:BUCK-TICK(特記以外)

  1. ナカユビ [3:34]
    • 作詞・作曲:今井寿
    前作『極東 I LOVE YOU』(2002年)の最終ナンバー「Continue」を元に作られている。
  2. BUSTER [3:50]
    • 作詞・作曲:今井寿
    歌詞は北朝鮮アメリカ同時多発テロ事件をモチーフにしている。
  3. 残骸 -Shape2- [3:52]
    先行シングル。
  4. LIMBO [4:23]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
    歌詞に「SEX for YOU」・「SIX or NINE」・「JUST ONE MORE KISS」など過去の楽曲や作品を連想させるフレーズが折り込まれている。
  5. Mona Lisa [4:32]
    • 作詞・作曲:今井寿
    Aメロは今井のラップ。デモテープの段階ではメロディーがあったが、レコーディングの際にラップに変更した。
  6. GIRL -Shape2- [4:26]
    • 作詞・作曲:今井寿
    先行シングル「残骸」のカップリング曲。
  7. Sid Vicious ON THE BEACH [4:29]
    • 作詞・作曲:今井寿
    今井がメインボーカルを担当。タイトルにイギリスパンクバンド、セックス・ピストルズベーシストであるシド・ヴィシャスの名が用いられている。ザ・スターリンの楽曲「ロマンチスト」の歌詞を引用しており、歌詞カードに作詞者である遠藤ミチロウへの敬意が記載されている。
  8. BLACK CHERRY [3:53]
    • 作詞:櫻井敦司・星野英彦、作曲:星野英彦
    作詞が櫻井と星野の共作となっているが、星野が考えたのはサビの「BLACK CHERRY」というフレーズのみである。これは櫻井が星野から手紙を渡され、そのフレーズを活かす指示があったとリリース時のインタビューで語っている。
  9. 原罪 [2:39]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  10. MONSTER [4:01]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:星野英彦
    トリビュート・アルバムPARADE〜RESPECTIVE TRACKS OF BUCK-TICK〜』(2005年)でRUNAWAY BOYS (kyo and nackie) がカバーしている。
  11. 愛ノ歌 [4:53]
    • 作詞:櫻井敦司、作曲:今井寿
  12. Continuous [3:45]
    前作『極東 I LOVE YOU』のオープニングナンバー「疾風のブレードランナー」を解体、再構築したインストゥルメンタル。

参加ミュージシャン[編集]

サポートミュージシャン[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ セルフカバー・アルバム『殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits』を除いた場合。『殺シノ調べ This is NOT Greatest Hits』を7thアルバムとした場合14thアルバムとなる。
  2. ^ 音楽と人』(2003年2月号)
  3. ^ “BUCK-TICK、アリオラ時代のアルバム9作がリマスター盤で登場”. BARKS. (2017年11月7日). https://www.barks.jp/news/?id=1000148712 2018年10月19日閲覧。