MorningTec

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
MorningTec
現地語社名 上海晨之科信息技术有限公司
企業形態 有限責任公司
事業分野 コンピュータゲームの開発・運営、ソーシャルネットワーキングサービス
設立 2013年6月
本社 中華人民共和国の旗 中国 上海市徐匯区宜山路700号C2棟2屋
主要人物 朱明(CEO)
親会社 中文在線中国語版
子会社 GULU Games
ウェブサイト 公式ウェブサイト
テンプレートを表示

上海晨之科信息技術有限公司簡体字上海晨之科信息技术有限公司MorningTec)は、中華人民共和国上海市に本社を置くコンピュータゲームの開発・運営企業。

本項では、日本法人のMorningTec Japan株式会社(モーニング・テック・ジャパン)についても解説する。

沿革[編集]

2013年6月に上海で設立された。2016年北京市に本社を置く出版社の中文在線中国語版に20%の第三者割当増資を行う[1]。中文在線はその後も増資を進め、晨之科の総発行株式の80%を取得して子会社化した[2]

本業のコンピュータゲーム開発・運営の他に「二次元ユーザーコミュニティ」をキャッチコピーとしたソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の「GuluGulu」を運営している[3]

日本法人[編集]

MorningTec Japan株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-0033
東京都中央区新川1丁目22-17
グランド茅場町ビル3階
設立 2017年3月30日
業種 情報・通信業
法人番号 5011001115624
事業内容 コンピュータゲームの開発・運営
代表者 代表取締役 蒋鈺
資本金 5000万円
従業員数 10名(2018年11月現在、出向者含む)
主要株主 上海晨之科
外部リンク http://www.morningtecjapan.com/
テンプレートを表示

日本ではモブキャストや6wavesなど別のメーカーを代理店として自社開発タイトルの日本語版を運営していたが、2017年に日本法人のMorningTec Japan株式会社を設立した。

自社開発タイトル以外に他の中国メーカーが開発したタイトルの日本版運営も実施しており、2018年5月には日本オンラインゲーム協会(JOGA)へ正会員として加盟している[4]

開発・運営タイトル[編集]

中国版運営タイトル[編集]

日本版運営タイトル[編集]

  • 百姫退魔 放課後少女
過去の運営タイトル
  • 学園戦姫プラネット・ウォーズ - 2017年10月〜2018年12月
  • アビス・ホライズン(開発:重慶煜顔文化伝播)- 2018年12月31日付でY.Y.Globalに運営権譲渡
  • 神無月中国語版(開発:盛大伝世遊戯工作室)- 2019年3月14日付でACCESSPORTに運営権譲渡

出典[編集]

  1. ^ “[公告]中文在线:关于投资上海晨之科信息技术有限公司的公告”. 中財網. (2016年11月21日). http://www.cfi.net.cn/p20161121002284.html 2018年6月24日閲覧。  (簡体字中国語)
  2. ^ 中文在线:关于重大资产重组延期复牌的公告”. 東方財富網 (2017年4月25日). 2018年6月24日閲覧。 (簡体字中国語)
  3. ^ 【TGS 2016】過去最高! 東京TGSに中国企業襲来”. 上海晨之科信息技術有限公司 (2016年9月22日). 2018年6月24日閲覧。
  4. ^ “MorningTec Japanが一般社団法人“日本オンラインゲーム協会(JOGA)”へ入会”. 4Gamer.net (Aetas). (2018年5月25日). https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20180515006/ 2018年6月24日閲覧。 
  5. ^ 中国スマホゲーム業界の新勢力図 上海モーニング・テック社が開拓する「二次元」市場”. PR TIMES (2015年12月28日). 201806-24閲覧。

関連項目[編集]