Mozilla Corporation

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Mozilla Corporation
Mozilla-corporation-logo-color.svg
種類 私有企業
本社所在地 アメリカ合衆国
カリフォルニア州マウンテンビュー
設立 2005年8月3日
業種 -
代表者 ミッチェル・ベーカー
従業員数 60人以上
外部リンク http://www.mozilla.com/
テンプレートを表示

Mozilla Corporation(モジラ・コーポレーション、以降「コーポレーション」)は、Mozilla Foundation(以降「ファウンデーション」)の完全子会社である。オープンソースの多くの開発者と自社の開発者にコミュニティによってMozilla FirefoxMozilla Thunderbirdのようなインターネット関連のソフトウェアを開発することを目的としている。コーポレーションはこれらの製品の宣伝も行なっている。非営利企業である親会社のファウンデーションとは異なり、コーポレーションは課税対象の企業である。多くの企業とは異なり、コーポレーションは収益を上げることを目的とはしておらず、収益をMozillaプロジェクトへ還元している。コーポレーションはファウンデーションの目標である「preserving choice and innovation on the Internet.」(インターネット上の選択と革新を維持します)を目指して活動している。

mozillaZineの記事によれば[1]、コーポレーションの設立に際して、コーポレーションはファウンデーションの完全子会社であり、収益の全てはMozillaプロジェクトに還元されること、株主が存在せずストックオプションも発行されず配当も支払われないこと、上場しないことから他社が乗っ取ったり買収することは不可能なこと、ファウンデーションが商標や知的財産権を保持してコーポレーションにライセンスを与えること、ファウンデーションがソースコードリポジトリを管理しチェックイン権限の付与を行なうこととされている。

歴史[編集]

コーポレーションは、ファウンデーションの収益に関する活動を扱うために2005年8月3日に設立された[2]。非営利企業として、ファウンデーションは収益の形式や金額に制限があった。コーポレーションは課税対象企業であるから(経済活動には必須である)、ファウンデーションのような厳しい制限に従う必要がない。これによって、コーポレーションはファウンデーションの業務の一部を引き継ぐこととなった。具体的には世界的なフリーソフトウェア・コミュニティによるFirefoxやThunderbirdの開発や、他社との関係の管理である。

コーポレーションの設立により、ファウンデーションはMozillaプロジェクトと方針の管理に焦点を絞ることとなった。 2005年の冬、「Mozilla Firefox 1.5」のリリースと共に、コーポレーションのウェブサイトであるmozilla.commozilla.orgに代わってFirefoxとThunderbirdの新しいホームとなった。

2006年3月、ウェブログズの創設者であるジェイソン・カラカニスが自身のブログにおいて、コーポレーションが前年度7200万ドルの収益を上げ、その多くがFirefoxに搭載されたGoogleの検索エンジンによるものであったという噂を公表した[3]。後にこの噂はコーポレーションの取締役であるクリストファー・ブリザード英語版が自身のブログ上で否定した[4]

2006年8月には、マイクロソフトオープンソース研究所のディレクターであるサム・ラムジー[5]がmozillaのニュースグループ上で、ワシントン州レドモンドのマイクロソフト本社にオープンソース関連施設を設立し、マイクロソフトとMozillaの開発者が一対一で対応できる場を設けることを申し出た[6]。これはFirefoxおよびThunderbirdとMicrosoft Windows Vista相互運用性の確保が目的であり、Mozilla側もこれを受け入れた[7]

2006年9月、マイクロソフトでセキュリティ対策を担当した経験がある、Window Snyderを採用した[8]

2008年1月7日、ジョン・リリー英語版最高経営責任者(CEO)に就任。ミッチェル・ベイカー英語版は、会長兼常勤役員として引き続きその任に当たる。

2014年3月24日、ブレンダン・アイクがCEOに就任したが、2014年4月3日に辞任した[9][10]。彼が反同性婚活動を支援したことが問題となったためである。これによりコーポレーションは経営危機に陥ったが、2013年にコーポレーションを離れていたChris Beardが復帰し、CEOに就任した。Beardは「Mozillaが生き残れないかもしれないという危機感を実際に感じた」という。それから2017年までの3年の間に、Firefox OSを打ち切ってFirefoxの開発に集中し、「後で読む」サービスのPocketを買収するなどの施策を行った。また、それまでFirefoxのデフォルトの検索エンジンで、売り上げの98%を担ってきたGoogleとの契約を解消した[11]

取締役・経営者[編集]

コーポレーションの取締役会はファウンデーションにより任命され、ファウンデーションに対して責任を負う。

2014年4月3日現在の取締役は以下の通り[12]

  • ミッチェル・ベイカー英語版 — 会長
  • リード・ホフマン英語版
  • カタリーナ・ボルヒェルト英語版

2014年4月3日現在の経営者は以下の通り[13]

  • リー・ゴン英語版 [14] — 最高執行責任者 (COO)

コーポレーションの設立時には、ファウンデーションから多くの職員が移籍してきた。

参考文献[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]