Mr.オクレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Mr.オクレ
本名 岡田 信行
生年月日 1953年4月30日
出身地 兵庫県明石市
血液型 B型
身長 160 cm
言語 日本語
最終学歴 兵庫県立明石南高等学校
グループ名 吉本新喜劇
芸風 喜劇
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1974年 -
公式サイト プロフィール
Mr.オクレ
出生名 岡田 信行
出身地 兵庫県明石市
学歴 兵庫県立明石南高等学校卒業
ジャンル コミックバンド
職業 ベーシスト
お笑い芸人
俳優
活動期間 1974年-
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
共同作業者 ザ・パンチャーズ
紳助バンド(SHINSUKE-BAND)
何人トリオ

Mr.オクレ(ミスターオクレ、1953年4月30日 - )は、日本お笑い芸人俳優。本名、岡田 信行(おかだ のぶゆき)。血液型はB型。年齢非公表。

兵庫県明石市出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部所属。吉本新喜劇の座員。ベーシストでもある。兵庫県立明石南高等学校卒業。

来歴・人物[編集]

父親は明石市内で中学校の教師をしていた。メガネを外した顔が小野田寛郎に似ているため、明石家さんまに「おかえりなさい。小野田さん」とツッコまれることがあり、本人もまれにネタにしている。

最初は1965年結成のボーイズ(音楽ショウ)クエッション・ボーイズローディーをしていた。

後にクエッション・ボーイズはザ・クエッションと改名したが解散し、1972年に残党でザ・パンチャーズが結成され、1973年1月よりメンバーに推挙される。その頃は南場(ナンバ)四郎と名乗っていた。タキシードを着て、まれにテレビ番組に出演する。

オレたちひょうきん族」(フジテレビ)のコーナー「ラブ・ユー・貧乏」で「何人トリオ」(前田政二村上ショージ、Mr.オクレの3人)として出演し、全国区でブレイクした。

弟子に元宝塚歌劇団仙堂花歩らがいる。

島田一の介とは40年来の親友である。帯谷孝史とは月一で食事をする関係。

名前の由来と芸風[編集]

ベーシスト・何人トリオとして[編集]

「オクレ」という名前は、物乞いの「おくれ」ではなく、「トロい(遅れる)」から来ている。ザ・パンチャーズ時代、他のメンバーからワンテンポ遅れてズッこけ「遅い遅い!」と突っ込まれるのが唯一の芸であった。ただしあくまでも芸で成立する物で、本来のベースの腕前は大した物である。島田紳助率いる「紳助バンド(SHINSUKE-BAND)」のメンバーでもあった。かつてレギュラーだった「MBSヤングタウン」では、オクレがベースを弾き、リスナーが曲を当てるというコーナーがあった。1980年代後半、テレビ番組「オレたちひょうきん族」(フジテレビ系)に、村上ショージ前田政二と共にお笑いトリオ『何人トリオ(当初は「難民トリオ」)』の一員としてレギュラー出演して人気を博す。[要出典]

役柄・ギャグ[編集]

役名は通常、本名の岡田信行として出ている。主に警官(交番の巡査ではなく捜査一課長・管理官・警部といった比較的偉い役やSP)、警備員、VIPのボディーガード、ヤクザの組長、飛行機の操縦士、などキャラクターと正反対の役で出演(初期はキャラクターそのままに背後霊、実は貧乏神の役であった)。その虚弱そうな容貌から、「死に神」「貧乏神」「干物」「洗濯物が飛んできた」などといじられる。ストーリーラインに絡む役を演じることもある。新喜劇での演技面の特徴としては声が通らない、無気力、無表情な演技であるが、それでいて笑いの取れる唯一無二の人物である。

  • 入場時にひ弱な声で「こんにちは〜」(共演者はコケる)
  • 共演者に「生きてるの?」と聞かれると、自分の脈を確認して、笑いながら「ああ、生きてるわ」と言う。
  • (大事な話の後で)「え?」(聞いていなかったフリ)
  • 「私にドン!と任せなさい」と胸を叩いてゲホゲホと咳き込む。
  • 退場時に「アホ〜」(まれに池乃めだかがいる時は同時に言うことがある)
  • (容姿でいじられた後)「コラ〜ッ!ナメとったら、足腰立たんようにしてまうぞ〜」と言いながら、その場に崩れ落ちる。
  • 少し面白いことを言って客席から笑い声が聞こえると、笑いながら「おお、ウケたウケた」と言う。

出演[編集]

レギュラー[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

Vシネマ[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

  • 恋人じゃない(PALMS

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]