Mr.Children "HOME" TOUR 2007

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Mr.Children > Mr.Children "HOME" TOUR 2007
Mr.Children "HOME" TOUR 2007
Mr.Childrenライブ・ビデオ
リリース
録音 2007年6月15日
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース 小林武史
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2007年度年間8位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • Mr.Children 年表
    MR.CHILDREN DOME TOUR 2005 "I ♥ U" 〜FINAL IN TOKYO DOME〜
    2006年
    Mr.Children "HOME" TOUR 2007
    2007年
    Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field-
    2008年
    テンプレートを表示

    Mr.Children "HOME" TOUR 2007』(ミスターチルドレン ホーム ツアー 2007)は、Mr.Childrenのライブビデオ。2007年11月14日トイズファクトリーより発売。

    概要[編集]

    2007年に発売したアルバム『HOME』の発売後に行われたアリーナツアーをDVD化した作品。本作には2007年6月15日日本ガイシホール(旧 名古屋レインボーホール)で行われたライブの模様を収録しており、Mr.Children史上初めて、関東圏外で行われたライブが映像化された。

    また、このライブではバックスタンドにも観客を入れた円形ステージを採用しており、会場の広さの割にステージと観客の距離が近かったが、結果として故意に物を投げ込む事態が発生。「youthful days」ではタオルが、「ランニングハイ」ではペットボトルが投げ込まれた(いずれも別の観客によるものだが、演者に当たったり踏んでしまうような事態は免れた)。また、終演後のステージ挨拶時では、最前列の女性客が持っていた向日葵の造花を桜井和寿に渡そうとするが、桜井は受け取らずに去り鈴木が代わりに受け取った場面が存在し、本作では該当箇所がカットされている。

    映像編集を担当したのは前作に引き続きイエローブレインだが、今回丹下紘希はパッケージやコンテンツ制作のみに携わり、代わって谷聰志が総合映像プロデュースを担当した。モニターの映像をビデオに合成したり、色数を減らしたモノトーンのような編集がなされている。

    このツアーからサポートメンバーを大きく入れ替え、「regress or progress '96-'97 tour final IN TOKYO DOME」以来、約10年ぶりにホーンセクションが復活し、キーボードや打ち込みで代用していたストリングスを生音で演奏した。

    今ツアー終了後、デビュー15周年の集大成となるスタジアムツアー「Mr.Children "HOME" TOUR 2007 -in the field-」が行われた。このツアーでもホーンセクションとストリングスチームが参加している。

    演奏[編集]

    収録曲[編集]

    Disc 1[編集]

    1. 彩り
    2. and I love you
      ツアーでは初となる原曲キーでの演奏。意図的にテンポを速めて演奏されており、3番のメロディーを変えて歌っている。
    3. youthful days
    4. 箒星
      モニターには流星のような映像が流れている。
    5. Another Story
    6. もっと
      ライブでは、オープニングや「彩り」に登場したロボットのビデオクリップがモニターに映っていた。
    7. いつでも微笑みを
      31stシングル「旅立ちの唄」のカップリングに、このライブ音源が収録されている。
    8. PIANO MAN
    9. ランニングハイ
    10. Imagine
      ジョン・レノンのカバー曲。ここから「Any」までノンストップで演奏する。
    11. CENTER OF UNIVERSE
    12. Dance Dance Dance
      1番は打ち込みによるテクノアレンジで、2番から本来のバンドサウンドへ変化する。
    13. フェイク
      前曲の締めにこの曲のイントロが流れ始める。終盤、次曲へ繋ぐためのアレンジが追加されている。
    14. Any
      Mr.Children Tour 2004 シフクノオト』以来、約2年9か月ぶりに演奏された。
      CD音源とはアレンジが大きく異なっており、1番はピアノ演奏のみでバンドは2番から参加している。

    Disc 2[編集]

    1. to U
      Bank Bandのカバー曲。ステージモニターに歌詞が出て、1番は観客による合唱。
    2. タガタメ
    3. ポケット カスタネット
    4. Worlds end
      モニターに映された文字が画面にダビングされて流れている。
    5. 終わりなき旅
      歌詞に合わせて、昭和の時代を映したモノクロの映像がバックに流れている。
    6. しるし
    7. あんまり覚えてないや
      ここからアンコール。2番を鈴木に歌わせようと桜井がアイコンタクトを送るが、鈴木が遠慮する場面がある。
      前日(6月14日)の公演では実際に鈴木が2番を歌っていた。
    8. overture 〜 蘇生
    9. 彩り
      ap bank fes '06」でも披露したアコースティックバージョン。