Nの家族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Nの家族

Nの家族(Nのかぞく)は、小出楢重1919年に発表した絵画作品。大原美術館蔵。

小説家広津和郎の勧めにより第6回二科展に出展され、新人賞にあたる樗牛賞に選ばれた[1]2003年に国の重要文化財に指定されている。

Nとは「楢重」のことで、自らと妻子を描いている。人物の手前には布や果物、ドイツの画家ハンス・ホルバインの画集が配置かれている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 小出楢重「Nの家族」”. 倉敷市文化財保護課. 2021年4月10日閲覧。