Nプラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

Nプラス(エヌプラス)とは商品ロゴの一つ[1]ノビレチンβ-ラクトグロブリンの同時摂取によるアレルギー症状に対する緩和効果が期待される商品に付けられる[1]愛媛大学大学院農学研究科、伊方サービス株式会社、四国乳業株式会社との共同研究により発見された技術で、柑橘類の果皮に含まれるノビレチンと乳製品に含まれるβ-ラクトグロブリンを同時摂取することでアレルギー抑制効果が出ることが期待される[2]。ノビレチンの頭文字Nを取り、β-ラクトグロブリンとの増強効果を「PLUS(プラス)」と表現することで、Nプラスと名付けられた。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 動物細胞工学教育分野/健康機能栄養科学教育分野のホームページ”. 愛媛大学. 2019年9月22日閲覧。
  2. ^ Nishi, Kosuke; Teranishi, Mikako; Yasunaga, Sho; Iitsuka, Miaki; Matsumoto, Shinya; Sugahara, Takuya (2014-11-01). “The major whey protein β-lactoglobulin inhibits IgE-mediated degranulation of RBL-2H3 cells and passive cutaneous anaphylaxis in mice”. International Dairy Journal 39 (1): 89–95. doi:10.1016/j.idairyj.2014.05.006. ISSN 0958-6946. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0958694614001034.