N・P

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
N・P
著者 吉本ばなな
イラスト 絵: 原マスミ
装丁: 山口昌弘
発行日 1990年12月25日
発行元 角川書店
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 235
コード ISBN 4048726242
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

N・P』(エヌ・ピー)は、吉本ばなな小説

概要[編集]

1990年12月25日、角川書店より刊行された。1992年11月、角川文庫として文庫化された。

自殺した作家・高瀬皿男の小説「N・P」をめぐる、激しい愛の物語。

吉本ばなながそれまで取り組んでいた、オカルト、宗教、テレパシー、シンパシー、近親相姦などのテーマをすべて盛り込んだ作品である。しかし本人はあとがきで「力不足でやはりうまく書けなかった」と語っている。

登場人物[編集]

私(加納風美)
主人公で語り手。大学の英文学研究室で働く。
箕輪萃
作家・高瀬皿男の娘だが、親子と知りながら関係をもった過去がある。小説「N・P」に関連するものを集め続けている。風美と出会い、奇妙な友情を育む。
高瀬咲
作家・高瀬皿男の娘。萃とは異母姉妹だが、あえて交流はしていない。風美が勤務する大学で「N・P」を研究している。快活な性格で風美とも親しくなる。
高瀬乙彦
作家・高瀬皿男の息子で、咲の双子の弟。萃とは異母きょうだいであるにもかかわらず恋仲になる。咲と二人暮らし。
庄司
翻訳家。萃の恋人であった時期に「N・P」を紹介され、訳し始める。のちに高校生の風美を恋人にもつ。パーティーで咲・乙彦の姉弟を風美に紹介する。「N・P」翻訳途中で自殺する。
風美の母。翻訳家。ろくでなしの夫と離婚し、女手一つで二人の娘を育ててきた。