-アセチルラクトサミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
N-Acetyllactosamine
識別情報
CAS登録番号 32181-59-2 チェック
PubChem 439271
ChemSpider 7975931 チェック
UNII 3Y5B2K5OOK チェック
KEGG C00611 チェック
ChEBI
ChEMBL CHEMBL457432 チェック
特性
化学式 C14H25NO11
モル質量 383.35 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

N-アセチルラクトサミンN-acetyllactosamine、略称: LacNAc)は、窒素含有二糖の一つである[1]

N-アセチルラクトサミンは多くの糖タンパク質の構成成分であり[2]、糖質抗原として機能し、正常な細胞認識や悪性転化英語版および転移に関与すると考えられている。また、ヒト母乳オリゴ糖の構造中にも含まれており[3]プレバイオティクス英語版効果があるとされている[4]

出典[編集]

  1. ^ Katzman RL (1972). “Isolation of N-Acetyllactosamine and Galactosyl-β-D-(1 → 4)-N-acetyllactosamine from Beef Brain Glycopeptides”. J. Biol. Chem. 247 (12): 3744–9. PMID 5033387. https://www.jbc.org/content/247/12/3744.long. 
  2. ^ Zhou D (February 2003). “Why are glycoproteins modified by poly-N-acetyllactosamine glyco-conjugates?”. Current Protein & Peptide Science 4 (1): 1–9. doi:10.2174/1389203033380304. PMID 12570780. 
  3. ^ Ito N, Yokota M, Nagaike C, Morimura Y, Hatake K, Matsunaga T (January 1996). “Histochemical demonstration and analysis of poly-N-acetyllactosamine structures in normal and malignant human tissues”. Histology and Histopathology 11 (1): 203–14. PMID 8720464. 
  4. ^ Alavijeh MK, Meyer AS, Gras SL, Kentish SE (February 2020). “Simulation and economic assessment of large-scale enzymatic N-acetyllactosamine manufacture”. Biochemical Engineering Journal 154: 107459. doi:10.1016/j.bej.2019.107459.