NAKED (UP-BEATのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
NAKED
UP-BEATスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
プロデュース 井上剛
チャート最高順位
35位(オリコン)[1]
UP-BEAT 年表
A DAY 〜Best Melodies Series1〜
(1994年)
NAKED
(1994年)
FINAL
(1995年)
NAKED収録のシングル
  1. REBEL YELL 〜運命のシナリオ〜
    リリース: 1994年7月21日
テンプレートを表示

NAKED』(ネイキッド)は、UP-BEATの9枚目のオリジナルアルバムである。

解説[編集]

  • UP-BEAT最後のオリジナルアルバム(翌年ベストアルバムとラストシングルをもって解散)。
  • 当時の世情や時事問題を風刺した歌詞の曲がいくつか収録されている。
  • キャッチコピーは、「君は、どこにいる。愛は、どこにある。

収録曲[編集]

全編曲: UP-BEAT・潮崎裕己・田中NOB。
# タイトル 作詞 作曲 備考 時間
1. REBEL YELL 〜運命のシナリオ〜 広石武彦・柳川英巳 広石武彦 本作と同日発売のシングル。
PVが制作されているが、商品化されていない。
2. 「WILD SIDE STREET」 広石武彦 広石武彦  
3. 「NEWEST WORLD Voices from 1999〜? Version1」 広石武彦・柳川英巳 広石武彦 シングルとはバージョンが異なる。
なお、シングルバージョン(Version 2)は、後のベストアルバム『up-beat』に収録。
4. 「VIOLET...熱く」 広石武彦 広石武彦  
5. 「KISS & DIE」 広石武彦・柳川英巳 広石武彦・嶋田祐一  
6. 「DARK NIGHT DRIVE」 広石武彦 岩永凡  
7. 「BLOODY SKY」 広石武彦・柳川英巳 広石武彦 歌詞は当時の松本サリン事件ボスニア紛争などの、殺人事件や戦争が絶えない当時の世間・世情をテーマにしている。
8. 「SISTER BLUEに微笑を」 広石武彦・柳川英巳 広石武彦  
9. 「太陽へ向かう道」(Including a)EASTWARD b)THE STORM c)RISING SUN) 広石武彦 広石武彦・潮崎裕己・田中NOB・岩永凡・嶋田祐一 短編組曲集な構成となっている曲。
10. 「PARADE」 広石武彦 広石武彦  

脚注[編集]

  1. ^ UP-BEAT「NAKED」 - ORICON STYLE”. ORICON STYLE. 2014年11月9日閲覧。