NANA MIZUKI LIVE FIGHTER -BLUE×RED SIDE-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水樹奈々 > 水樹奈々の作品 > NANA MIZUKI LIVE FIGHTER -BLUE×RED SIDE-
NANA MIZUKI LIVE FIGHTER
-BLUE×RED SIDE-
水樹奈々ライブ・ビデオ
リリース
録音 2008年7月5日6日
国立代々木競技場 第一体育館
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
アニメソング
ロック
時間
レーベル キングレコード
チャート最高順位
  • 週間ブルーレイチャートオリコン
    • 2位
  • 週間音楽DVDチャート(オリコン)
    • BLUE SIDE:7位
    • RED SIDE:6位
  • 週間総合DVDチャート(オリコン)
    • BLUE SIDE:18位
    • RED SIDE:16位
    • 両作品:登場5回
水樹奈々 映像作品 年表
NANA MIZUKI LIVE FORMULA at SAITAMA SUPER ARENA
(2008年)
NANA MIZUKI LIVE FIGHTER -BLUE×RED SIDE-
(2008年)
NANA MIZUKI LIVE DIAMOND×FEVER
(2009年)
テンプレートを表示

NANA MIZUKI LIVE FIGHTER -BLUE×RED SIDE-』(ナナ ミズキ ライブ ファイター ブルー×レッド サイド)は、水樹奈々の7作目となるライブ映像作品(PV集を含めた映像作品としては通算11作目)。 2008年12月25日キングレコードから発売された。なお本項では『NANA MIZUKI LIVE FIGHTER -BLUE SIDE-』、『NANA MIZUKI LIVE FIGHTER -RED SIDE-』についても併せて記載する。

概要[編集]

2008年7月5日6日国立代々木競技場・第一体育館で行われ、各1万2000人(計2万4000人)を動員した2Daysライブの模様をBlu-ray Discに2日分まとめて収録されている。また、7月5日公演分を『-BLUE SIDE-』、7月6日公演分を『-RED SIDE-』とそれぞれ題して、従来のDVD規格からも発売されている。本作では、キングレコードとして初めてブルーレイディスク規格が採用されている。また、従来のDVD規格からもタイトル違いで発売された。

2日間限定のスペシャルライブだが、7月5日を"BLUE SIDE"、7月6日を"RED SIDE"とし、ステージの演出、セットリストといった内容をそれぞれに合わせて変えるという大胆な試みが成され、2日間で大きく様変わりしている(後述参照)。

本作のコンセプトはライブタイトルにもあるように「FIGHTER」である。これは体育館でのライブということで、スポーツ的な要素を盛り込みたいとした水樹奈々の発案によるもの[1]。そのため、会場はリングに見立て、青コーナーと赤コーナーに分けることで、対決的な形式をとっている[2]。 これは、水樹奈々自身の「ライブは自分を試される戦いの場所」という考え方にも沿っている。

『LIVE FIGHTER』でのバックバンド「Cherry Boys」は、最大で9人構成となっている。水樹奈々のライブでは、「Cherry boys」は通常6人編成を主体としているが、『LIVE FIGHTER』では7人編成メンバーに、さらには途中からギターの市川祥治とベースの田中章弘の2人がゲストプレイヤーとして加わっている。これにより、水樹奈々のライブでも最大規模の9人編成となった。これは、通常のミュージシャンに付くサポートメンバーの編成と比較しても、異例の規模である。このため、水樹奈々は特別編成の「Cherry Boys」に対して、「Super Cherry Boys」と名付けた。

オリコン週間ブルーレイチャートでは、初登場2位を獲得。2009年2月2日付の同チャートで15位を獲得するとともに累計販売枚数1万枚を達成した。また、ブルーレイの音楽作品としては、同チャート集計において初めて累計1万枚以上の販売数を記録、同時にサザンオールスターズ真夏の大感謝祭 LIVE』を抜いてブルーレイ音楽作品部門の当時の歴代1位となった[3]

また、DVD規格2作品も、週間音楽DVDチャートに「BLUE SIDE」が7位(総合18位)、「RED SIDE」が6位(総合16位)にそれぞれランクインした。

なお、ブルーレイディスクの採用に際して、当時の水樹本人は「自宅のDVDプレイヤーが、ブルーレイに対応していないため観られない」とこぼしていた[1][4]

演奏参加ミュージシャン[編集]

演奏会場[編集]

  • 国立代々木競技場 第一体育館(2008年7月5日6日

セットリスト[編集]

演奏順 BLUE SIDE RED SIDE
OPENING
1 Astrogation
2 still in the groove
MC 1
3 Happy Dive
4 TRY AGAIN
5 空時計
CHERRY BOYS SHOWCASE
6 Dancing in the velvet moon
7 FAITH
MC 2
8 砂漠の海 White Lie
9 deep sea ヒメムラサキ
10 COSMIC LOVE
11 You have a dream
MC 3
12 迷宮バタフライ[5] 赤いスイートピー[6]
MC 4
13 Level Hi! BE READY!
STOMP
14 Bring it on!
15 Pray TRANSMIGRATION
MC 5
16 Orchestral Fantasia
BAND BATTLE
17 suddenly 〜巡り合えて〜 Justice to Believe
18 アオイイロ MASSIVE WONDERS
19 SUPER GENERATION BRAVE PHOENIX
MC 6
20 POWER GATE ETERNAL BLAZE
encore
21 What cheer?
MC 7
22 Nostalgia
MC 8
23 New Sensation ミラクル☆フライト
ALL LINE UP
end roll

演出[編集]

ステージセット
  • ステージは、古代ローマ・コロッセオのような巨大なセットが組まれたメインステージ、会場中央のサブステージ、ステージ両サイドからアリーナ席にかけて伸びたオーバルロードの3部構成。
セット
  • 1曲目の「Astrogation」では、曲に合わせて空中浮遊する。なお、リハーサルではこのセットに乗りたいスタッフが「安全のための点検」と称して乗っていたという[4]
BLUE SIDEとRED SIDEの差異

公演された7月5日と7月6日とでは、セットリストに変更がある他、以下の変更点がある。

  • 水樹奈々の衣装の色
  • ファイアーバナーの炎の色
  • カラーテープミサイルから出されるテープの色
  • ステージ下から噴出される花、羽根、煙などの色
  • サーチライト、ステージのバックライトなどの照明に使用される光の色
  • アンコールで投げたグローブの色
  • 観客のサイリウム

収録内容[編集]

Disc-1[編集]

  • OPENING
  • Astrogation
  • still in the groove
  • MC-1
  • Happy Dive
  • TRY AGAIN
  • 空時計
  • Dancing in the velvet moon
  • FAITH
  • MC-2
  • 砂漠の海
  • deep sea
  • COSMIC LOVE
  • You have a dream
  • MC-3
  • 迷宮バタフライ[5]
  • MC-4
  • Level Hi!
  • Bring it on!
  • Pray
  • MC-5
  • Orchestral Fantasia
  • suddenly 〜巡り合えて〜
  • アオイイロ
  • SUPER GENERATION
  • MC-6
  • POWER GATE
  • [encore]
  • What cheer?
  • MC-7
  • Nostalgia
  • MC-8
  • New Sensation
  • end roll
SPECIAL FEATURE
  • LIVE FIGHTER -BLUE SIDE- オーディオコメンタリー
  • MAKING OF BLUE SIDE

Disc-2[編集]

  • OPENING
  • Astrogation
  • still in the groove
  • MC-1
  • Happy Dive
  • TRY AGAIN
  • 空時計
  • Dancing in the velvet moon
  • FAITH
  • MC-2
  • White Lie
  • ヒメムラサキ
  • COSMIC LOVE
  • You have a dream
  • MC-3
  • 赤いスイートピー[6]
  • MC-4
  • BE READY!
  • Bring it on!
  • TRANSMINGRATION
  • MC-5
  • Orchestral Fantasia
  • Justice to Believe
  • MASSIVE WONDERS
  • BRABE PHOENIX
  • MC-6
  • ETERNAL BLAZE
  • [encore]
  • What cheer?
  • MC-7
  • Nostalgia
  • MC-8
  • ミラクル☆フライト
  • end roll
SPECIAL FEATURE
  • NLIVE FIGHTER -RED SIDE- オーディオコメンタリー
  • MAKING OF RED SIDE

DVD[編集]

BLUE SIDE[編集]

Disc-1
  • OPENING
  • Astrogation
  • still in the groove
  • MC-1
  • Happy Dive
  • TRY AGAIN
  • 空時計
  • Dancing in the velvet moon
  • FAITH
  • MC-2
  • 砂漠の海
  • deep sea
  • COSMIC LOVE
  • You have a dream
  • MC-3
  • 迷宮バタフライ[5]
  • MC-4
  • Level Hi!
  • Bring it on!
  • Pray
Disc-2
  • MC-5
  • Orchestral Fantasia
  • suddenly 〜巡り合えて〜
  • アオイイロ
  • SUPER GENERATION
  • MC-6
  • POWER GATE
  • [encore]
  • What cheer?
  • MC-7
  • Nostalgia
  • MC-8
  • New Sensation
  • end roll
SPECIAL FEATURE
  • LIVE FIGHTER -BLUE SIDE- オーディオコメンタリー

RED SIDE[編集]

Disc-1
  • OPENING
  • Astrogation
  • still in the groove
  • MC-1
  • Happy Dive
  • TRY AGAIN
  • 空時計
  • Dancing in the velvet moon
  • FAITH
  • MC-2
  • White Lie
  • ヒメムラサキ
  • COSMIC LOVE
  • You have a dream
  • MC-3
  • 赤いスイートピー[6]
  • MC-4
  • BE READY!
  • Bring it on!
  • TRANSMIGRATION
Disc-2
  • MC-5
  • Orchestral Fantasia
  • Justice to Believe
  • MASSIVE WONDERS
  • BRAVE PHOENIX
  • MC-6
  • ETERNAL BLAZE
  • [encore]
  • What cheer?
  • MC-7
  • Nostalgia
  • MC-8
  • ミラクル☆フライト
  • end roll
SPECIAL FEATURE
  • LIVE FIGHTER -RED SIDE- オーディオコメンタリー

脚注[編集]

  1. ^ a b 水樹奈々 スマイル・ギャング
  2. ^ 『NANA MIZUKI LIVE FIGHTER 2008』レポート
  3. ^ 水樹奈々:ブルーレイでサザン超え 音楽作品初の1万枚突破
  4. ^ a b A&G 超RADIO SHOW〜アニスパ!〜』#248
  5. ^ a b c テレビアニメ『しゅごキャラ!』より、ほしな歌唄名義のキャラクターソング。
  6. ^ a b c テレビアニメ『ロザリオとバンパイア』より、赤夜萌香名義のキャラクターソング(カヴァー)。