NBL×TKbjリーグ DREAM GAMES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NBL×TKbjリーグ DREAM GAMES
Ota city general gymnasium.jpg
大田区総合体育館(会場)
開始年 2015
主催 日本バスケットボール協会
日本バスケットボールリーグ
日本プロバスケットボールリーグ
参加チーム数 4
加盟国 日本の旗 日本
サイト DREAM GAMES
テンプレートを表示

リサイクルショップ ベクトル presents NBL×TKbjリーグ DREAM GAMESは、2015年9月13日大田区総合体育館にて開催された男子バスケットボールの大会である[1]

概要[編集]

JPBLの発足へ向けたプロモーションの一環として行われる[2]

NBL(前身を含む)ターキッシュ エアラインズ bjリーグ(TKbjリーグ)間の対戦は既に各チーム主催のプレシーズンゲームおよびオールジャパン[3]で実現していたが、日本バスケットボール協会と両リーグで交流試合を主催するのは初めてとなる[1]

ルール[編集]

両リーグのルールの違いに対応する為、以下の特別ルールが採用される[1][4]

  • 外国人選手のオンザコート:NBLは1Q・3Qが1名、2Q・4Qが2名。TKbjリーグは常に2名。
  • ボールは両リーグの公式球を使用する。
  • 審判は両リーグから選出する。
  • オフィシャルタイムアウトを採用する。

試合結果[編集]

第1試合[編集]

9月13日
13:04
トヨタ自動車アルバルク東京 98–66 秋田ノーザンハピネッツ 大田区総合体育館
レフェリー: 宇田川貴生、GONZO、デビット・ロウ

レポート
クォーター・スコア: 23–15, 23–10, 35–20, 17–21

第2試合[編集]

9月13日
16:35
アイシンシーホース三河 83–73 浜松・東三河フェニックス 大田区総合体育館
レフェリー: 地頭薗剛、東祐二、平原勇次

レポート
クォーター・スコア: 14–19, 22–22, 26–17, 21–15

テレビ放送[編集]

2試合とも以下の放送局で中継された[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]