NEARLIVE方式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

NEARLIVE方式とはスポーツなどで生中継ができない場合、同じ日に放送時間をずらして初回放送を行う放送形態のことである。撮って出しの一種。録画完全中継ともいわれる。(例・試合開始16:00→放送開始18:00)

目次

概要

この放送形態では基本的に完全中継(ノーカット)がされる。また、試合日の翌日に初回で放送する場合は録画放送、または初回放送とみなされる。なお、放送時間を遅らせるだけであって放送時間中にまだ試合が行われていることもある。

代表的な使われ方

近年で見れば、バレーボール中継や格闘技中継でこの方式をとることが多い。

関連項目

今日は何の日(4月24日

もっと見る

「NEARLIVE方式」のQ&A