NEFSS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

NEFSS英語: Next Evolution in Financial Services Systems、ねふす)は、2003年に日本アイ・ビー・エムが発表したJavaベースのオープン系勘定系システムパッケージ[1]

概要[編集]

正式名称は「次世代金融サービス・システム(NEFSS:Next Evolution in Financial Services Systems)」[2]

NEFSSはJava (J2EE)による「マルチプラットフォームなオープン系勘定系」。NEFSSは業務コンポーネントと銀行向けシステム基盤から構成され、預金など標準的な業務コンポーネントには米フィデリティ・インフォメーション・サービス(Fidelity Information Services, FIS)の勘定系パッケージ「Corebank」を提供、ユーザーは独自の業務コンポーネントをJavaで構築することも可能。両者を含めて「NEFSS/Corebank」とも記載される。

NEFSSはWebSphere Application Serverなどのアプリケーションサーバがあれば、メインフレームz/OS上や、UNIXAIX上などでも稼働する。リレーショナルデータベースDB2メッセージングMQなどを使用できる。

歴史[編集]

  • 2003年10月 日本IBMがNEFSSを発表
  • 2005年6月 米国IBMがNEFSSを、銀行向けの次世代勘定系システム構築ソリューション「IBMコア・システム・トランスフォーメーション」の中核製品と位置付ける

採用行[編集]

  • 住信SBIネット銀行(2007年9月稼働[3]
    • 次期システム開発を日立製作所に委託することが2020年1月時点で判明しており、これによってNEFSSの邦銀ユーザはいなくなる[4]
  • スルガ銀行(開発中断、スルガ銀行が日本IBMに損害賠償請求訴訟、2015年判決確定[5]
  • 東京スター銀行(開発中断)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 米IBMがSOA指向の次世代銀行システムを発表、中核に日本IBMの「NEFSS」を採用 - 日経XTECH
  2. ^ 米IBMがCSTの新版を発表,金融機関のビジネス・トランスフォーメーションを支援 - 日経XTECH
  3. ^ IT戦略の分岐点:SBI vs. 楽天 vs. ヤフー ネット3社による「銀行」のつくり方 - 日経コンピュータ
  4. ^ 住信SBIが勘定系刷新へ、日本IBMから日立にリプレース - 日経 xTECH
  5. ^ スルガ銀-IBM裁判で最高裁が上告を棄却、日本IBMの約42億円賠償が確定