NETWORK TM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「NETWORKTM」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
NETWORKTM
TM NETWORKシングル
初出アルバム『NETWORKTM -Easy Listening-
A面 SCREEN OF LIFE -Single Mix-
TAKE IT TO THE LUCKY(金曜日のライオン)
風のない十字路
B面 SCREEN OF LIFE -Instrumental-
TAKE IT TO THE LUCKY(金曜日のライオン) -Instrumental-
風のない十字路 -Instrumental-
リリース
規格 12センチCD
ジャンル ロック
トランス
時間
レーベル R&C Japan / gaball screen
プロデュース 小室哲哉
チャート最高順位
TM NETWORK シングル 年表
CASTLE IN THE CLOUDS
2002年
NETWORKTM
2004年
WELCOME BACK 2
2007年
テンプレートを表示

NETWORKTM(ネットワーク)は、2004年2月25日にリリースされたTM NETWORKの通算36[1]枚目のシングル。

内容[編集]

R&C Japan移籍第二弾シングル。表題曲が存在しないマキシシングルであるが、本人らが本作リリース時にコメントした際、今作品を「SCREEN OF LIFE」と紹介しており、また一部には「NETWORK -SCREEN OF LIFE-」と表記をするメディアもあり、「SCREEN OF LIFE」がA面扱いにされる事もあった。旧曲のリミックスを含めているが、3曲ともトランス風のアレンジがなされている。

1曲目「SCREEN OF LIFE」は団塊の世代に向けたメッセージソングとして作られており、今までTM NETWORKでは見られなかった「です・ます」調の歌詞が使用されている。

2曲目は1枚目のシングルのリメイク、3曲目は木根尚登による書き下ろしの新曲である。コンサートツアーREMASTERのパンフレット 文/藤井徹貫によると、2曲目「TAKE IT TO THE LUCKY」の発表時、この曲の歌入れについて、宇都宮隆は、デビューという時を回想しながら「ボーカルはボーカルだが、ある意味パーカッション的な感覚で歌った」と語っており、ボーカルもサウンドの一部という構造であると自覚していたという。

なお本作(シングル)バージョンではベストアルバム等の収録は無い。

収録曲[編集]

  1. SCREEN OF LIFE -Single Mix-
    作詞作曲編曲小室哲哉
  2. TAKE IT TO THE LUCKY(金曜日のライオン)
    作詞・作曲・編曲 : 小室哲哉
  3. 風のない十字路
    作詞:小室みつ子 作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉、吉田建
  4. SCREEN OF LIFE -Instrumental-
    作曲・編曲:小室哲哉
  5. TAKE IT TO THE LUCKY(金曜日のライオン) -Instrumental-
    作曲・編曲:小室哲哉
  6. 風のない十字路 -Instrumental-
    作曲:木根尚登 編曲:小室哲哉、吉田建

収録アルバム[編集]

SCREEN OF LIFE

TAKE IT TO THE LUCKY (金曜日のライオン)

  • NETWORKTM -Easy Listening- (ALBUM MIX)

風のない十字路

  • NETWORKTM -Easy Listening- (ALBUM MIX)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 一般販売のみをカウントした場合は33枚目