NEVER END (安室奈美恵の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NEVER END
安室奈美恵シングル
初出アルバム『break the rules
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 小室哲哉
プロデュース TETSUYA KOMURO
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2000年度年間32位(オリコン)
  • 安室奈美恵 シングル 年表
    LOVE 2000
    2000年
    NEVER END
    (2000年)
    PLEASE SMILE AGAIN
    (2000年)
    break the rules 収録曲
    LOVE ENHANCED ♥ single collection 収録曲
    Ballada 収録曲
    Finally 収録曲
    ミュージックビデオ
    「NEVER END」 - YouTube
    テンプレートを表示

    NEVER END」(ネヴァー・エンド)は、日本の女性歌手安室奈美恵の単独名義では17枚目のシングル小室哲哉2000年7月12日第26回主要国首脳会議(九州・沖縄サミット)のためにプロデュースした楽曲でもある。

    概要[編集]

    • 前作『LOVE 2000』から半年ぶりにリリース。4枚目のアルバム『GENIUS 2000』に続くシングル。
    • 小室哲哉が故小渕恵三内閣総理大臣から九州・沖縄サミット(主要国首脳会議)の総合音楽プロデューサーとして、サミットのイメージソングの作曲をして欲しいと頼まれた事が今作のきっかけである。またこの時、「是非安室奈美恵に歌ってもらいたい」という注文も同時に入った。その後、楽曲は完成したが小渕が急逝したことを受け、明るかった曲調をこの楽曲の曲調に変え、作り直された。曲の完成時にはCDが森喜朗内閣総理大臣(当時)に贈呈された。2000年6月21日正午には全国計103か所の有線放送所が一斉にこの曲をオンエアした[1]
    • 琉球民謡のメロディが取り入れられ、レコーディングでは知名定男ネーネーズ、比嘉慶子らが、バックコーラスには沖縄県在住の女子小中学生(当時)30人が参加した[1]第26回主要国首脳会議の歓迎パーティーにおいて、安室・知名・比嘉・浦添市少年少女合唱団らによって各国首脳の前でこの曲を披露した[2]
    • 安室はこの年の『ミュージックステーションスーパーライブ』(テレビ朝日系)に出演し、同曲と「think of me」の2曲を歌唱して1997年以来3年ぶり2度目のトリを務めた。
    • 6年連続出場の『第51回NHK紅白歌合戦』では、小室哲哉の応援の元、ラストから3番目の高位置で歌唱した(対戦相手はSMAPであった)。
    • 2004年のアジアツアー『namie amuro Tour 2004 featuring BEST SINGLES in Taipei & in Seoul』では同曲を最後のアンコール曲として歌い、2番目のフレーズを台湾では北京語で、韓国では朝鮮語で歌った。
    • 東京モノレールより限定盤「九州・沖縄サミット トレイン運行 CD付き記念乗車券 (AVT1-81003)」が発売されたが、収録曲は同一である。
    • PVでは最後のサビの部分を手話で歌っている。
    • 発売からおよそ18年後の2018年には、セブン&アイ・ホールディングスの沖縄限定CM曲として起用された[注 1]
    • 日本音楽著作権協会(JASRAC)の著作権使用料分配額(国内作品)ランキングでは、2018年度の年間6位[3]を獲得した。

    収録曲[編集]

    作詞・作曲・編曲:小室哲哉

    1. NEVER END (Radio Edit)
    2. NEVER END (Original Mix)
    3. NEVER END (Chanpuru Mix)
    4. NEVER END (Acappella)

    収録アルバム[編集]

    • オリジナル『break the rules』(Album Mix)
    • ベスト『LOVE ENHANCED single collection』(new vocal)
    • ベスト『Ballada
      • 表記されていないが、「LOVE ENHANCED single collection」収録のテイクを元に、大サビと最後のコーラス部分を、カットして収録。
    • ベスト『Finally』(Disc-1)
      • 楽曲を再録・ニューレコーディングで収録。

    脚注[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ 使用されている音源は、2017年にリリースされたベストアルバム『Finally』に収録されているNew Recordingバージョンである。

    出典[編集]