NEVER GONNA GIVE YOU UP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NEVER GONNA GIVE YOU UP
倉木麻衣シングル
初出アルバム『delicious way
B面 Trying To Find My Way
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル GIZA studio
作詞・作曲 倉木麻衣
マイケル・アフリック
Miguel Sá Pessoa
Perry Geyer
プロデュース KANONJI
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2000年6月度月間4位(オリコン)
  • 2000年度年間58位(オリコン)
倉木麻衣 シングル 年表
Secret of my heart
2000年
NEVER GONNA GIVE YOU UP
(2000年)
Simply Wonderful
(2000年)
テンプレートを表示

NEVER GONNA GIVE YOU UP」(ネヴァー・ゴナ・ギヴ・ユー・アップ)は、2000年6月7日に発売された、日本の女性歌手・倉木麻衣の4作目のシングル曲。

概要[編集]

アルバム『delicious way』の3週間前に発売された。インディーズからアナログ盤も発売された。

もともとは前作「Secret of my heart」のc/wに収録される予定であったが、ミディアム・スロウなイメージを打破する、という理由もあって、急遽シングル化が決定した。倉木で初めて作曲者が大野愛果以外のシングル曲でもある。

サウンドプロデュースに加え、作曲・編曲もPerry Geyer、Miguel Sá Pessoa、マイケル・アフリックによるもの。歌詞は英語と日本語が半々になっており、どちらも単体で意味が通るようになっている。マイケル・アフリックと掛け合うラップの中では全米デビューシングル「Baby I Like」の名前も登場する。PVはレコーディングの映像。

浜崎あゆみの「SEASONS」が同発となり、発売当時マスコミからは「歌姫対決」として注目された。結果としてはオリコンシングルチャートで第2位となり僅差で浜崎に敗れる形となった。2000年度6月度FMラジオ局オンエアチャートでは第1位を記録。

収録曲[編集]

  1. NEVER GONNA GIVE YOU UP (4:00)
    元々は前作のc/w用に作られた曲であり、シングル化する予定は無かった。初のラップを披露している。
  2. Trying To Find My Way (3:31)
    前作の「This is your life」同様、歌詞カードに歌詞が記載されていない。
  3. NEVER GONNA GIVE YOU UP ~It's On Tonight Remix~ (4:59)
  4. NEVER GONNA GIVE YOU UP ~Instrumental

参加ミュージシャン[編集]

タイアップ[編集]

  • MFTV(のちThe MUSIC 272)"I'm MUSIC FRANK" キャンペーンソング。(#1)

カバー[編集]

マイケル・アフリックがNEVER GONNA GIVE YOU UPをセルフカバー。『MICHAEL AFRICK』に収録している。

収録アルバム[編集]