NFL最優秀コーチ賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

NFL最優秀コーチ賞(エヌエフエルさいゆうしゅうコーチしょう、英語: National Football League Coach of the Year Award)は、NFL(ナショナル・フットボール・リーグ)において、その年のシーズンで最も優れた働きをしたヘッドコーチに贈られる賞。1957年以来、毎年AP通信によって選出されている。この賞は公式の賞と考えられているが、NFLスポーティングニュース、マクスウェル・フットボールクラブなど他のメディアによる賞も存在している。AP通信の賞はNFLオナーズにて発表される。名称はコーチ賞であるが、対象は概ねヘッドコーチのみである。

NFL最優秀コーチ賞一覧[編集]

今までNFL最優秀コーチ賞とみなされた賞は以下のとおり。

名称 主催 期間 備考
AP通信NFL最優秀コーチ賞 AP通信 1957年 - 現在 事実上の公式NFL最優秀コーチ賞
スポーティングニュースNFL最優秀コーチ賞 スポーティングニュース 1947年 - 現在
マクスウェル・フットボールクラブ
NFL最優秀コーチ賞
マクスウェル・フットボールクラブ 1989年 - 現在
カンザスシティ・101アワード委員会
AFC/NFC最優秀コーチ賞
カンザスシティ・101アワード委員会 1969年 - 現在
プロフットボール・ウィークリー/
プロフットボール記者協会NFL最優秀コーチ賞
プロフットボール記者協会 (PFWA) 1968年 - 2008年
ポール・ブラウン・トロフィー タッチダウン・クラブ・オブ・コロンバス 1971年 - 2003年
UPI通信社NFL最優秀コーチ賞 UPI通信社 1955年 - 1996年
  • 太字は現在も表彰している賞

AP通信NFL最優秀コーチ賞[編集]

AP通信NFL最優秀コーチ賞
Current event 2021年のNFL
概要
選考会 NFL
受賞対象 最も優れた働きをしたヘッドコーチ
英語名 AP NFL Coach of the Year Award
歴史
初回 1957年
初回受賞 ジョージ・ウィルソン
最新受賞 K.ステファンスキー英語版2020年

受賞者一覧[編集]

年度 最優秀コーチ賞
名前 チーム 勝敗
1957 ジョージ・ウィルソン デトロイト・ライオンズ 8–4
1958 ウィーブ・ユーバンク英語版 ボルチモア・コルツ 9–3
1959 ヴィンス・ロンバルディ グリーンベイ・パッカーズ 7–5
1960 バック・ショウ英語版 フィラデルフィア・イーグルス 10–2
1961 アリー・シャーマン英語版 ニューヨーク・ジャイアンツ 10–3–1
1962 アリー・シャーマン英語版 ニューヨーク・ジャイアンツ 12–2
1963 ジョージ・ハラス シカゴ・ベアーズ 11–1–2
1964 ドン・シュラ ボルチモア・コルツ 12–2
1965 ジョージ・ハラス シカゴ・ベアーズ 9–5
1966 トム・ランドリー ダラス・カウボーイズ 10–3–1
1967 ジョージ・アレン英語版 ロサンゼルス・ラムズ 11–1–2
ドン・シュラ ボルチモア・コルツ 11–1–2
1968 ドン・シュラ ボルチモア・コルツ 13–1
1969 バド・グラント英語版 ミネソタ・バイキングス 12–2
1970 ポール・ブラウン シンシナティ・ベンガルズ 8–6
1971 ジョージ・アレン英語版 ワシントン・レッドスキンズ 9–4–1
1972 ドン・シュラ マイアミ・ドルフィンズ 14–0
1973 チャック・ノックス英語版 ロサンゼルス・ラムズ 12–2
1974 ドン・コリエル英語版 セントルイス・カージナルス 10–4
1975 テッド・マーチブローダ英語版 ボルチモア・コルツ 10–4
1976 フォレスト・グレッグ英語版 クリーブランド・ブラウンズ 9–5
1977 レッド・ミラー デンバー・ブロンコス 12–2
1978 ジャック・パテラ英語版 シアトル・シーホークス 9–7
1979 ジャック・パーディー英語版 ワシントン・レッドスキンズ 10–6
1980 チャック・ノックス英語版 バッファロー・ビルズ 11–5
1981 ビル・ウォルシュ サンフランシスコ・フォーティナイナーズ 13–3
1982 ジョー・ギブス英語版 ワシントン・レッドスキンズ 8–1
1983 ジョー・ギブス英語版 ワシントン・レッドスキンズ 14–2
1984 チャック・ノックス英語版 シアトル・シーホークス 12–4
1985 マイク・ディトカ シカゴ・ベアーズ 15–1
1986 ビル・パーセルズ ニューヨーク・ジャイアンツ 14–2
1987 ジム・E・モーラ英語版 ニューオーリンズ・セインツ 12–3
1988 マイク・ディトカ シカゴ・ベアーズ 12–4
1989 リンディー・インファンテ英語版 グリーンベイ・パッカーズ 10–6
1990 ジミー・ジョンソン英語版 ダラス・カウボーイズ 7–9
1991 ウェイン・フォンテス英語版 デトロイト・ライオンズ 12–4
1992 ビル・カウアー英語版 ピッツバーグ・スティーラーズ 11–5
1993 ダン・リーブス英語版 ニューヨーク・ジャイアンツ 11–5
1994 ビル・パーセルズ ニューイングランド・ペイトリオッツ 10–6
1995 レイ・ローズ英語版 フィラデルフィア・イーグルス 10–6
1996 ドム・ケイパース英語版 カロライナ・パンサーズ 12–4
1997 ジム・ファセル英語版 ニューヨーク・ジャイアンツ 10–5–1
1998 ダン・リーブス英語版 アトランタ・ファルコンズ 14–2
1999 ディック・ヴァーミール英語版 セントルイス・ラムズ 13–3
2000 ジム・ハスレット英語版 ニューオーリンズ・セインツ 10–6
2001 ディック・ジャーロン英語版 シカゴ・ベアーズ 13–3
2002 アンディ・リード フィラデルフィア・イーグルス 12–4
2003 ビル・ベリチック ニューイングランド・ペイトリオッツ 14–2
2004 マーティ・ショッテンハイマー サンディエゴ・チャージャーズ 12–4
2005 ラビー・スミス英語版 シカゴ・ベアーズ 11–5
2006 ショーン・ペイトン ニューオーリンズ・セインツ 10–6
2007 ビル・ベリチック ニューイングランド・ペイトリオッツ 16–0
2008 マイク・スミス英語版 アトランタ・ファルコンズ 11–5
2009 マービン・ルイス英語版 シンシナティ・ベンガルズ 10–6
2010 ビル・ベリチック ニューイングランド・ペイトリオッツ 14–2
2011 ジム・ハーボー英語版 サンフランシスコ・フォーティナイナーズ 13–3
2012 ブルース・エリアンス インディアナポリス・コルツ 9–3
2013 ロン・リベラ英語版 カロライナ・パンサーズ 12–4
2014 ブルース・エリアンス アリゾナ・カージナルス 11–5
2015 ロン・リベラ英語版 カロライナ・パンサーズ 15–1
2016 ジェイソン・ギャレット英語版 ダラス・カウボーイズ 13–3
2017 ショーン・マクベイ英語版 ロサンゼルス・ラムズ 11–5
2018 マット・ナギー英語版 シカゴ・ベアーズ 12–4
2019 ジョン・ハーボー ボルチモア・レイブンズ 14–2
2020 K.ステファンスキー英語版 クリーブランド・ブラウンズ 11-5

関連項目[編集]