NHK津軽地区テレビ中継局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

NHK津軽地区テレビ中継局(えぬえいちけいつがるちくてれびちゅうけいきょく)は、青森県津軽地方にあったNHK青森放送局単独のテレビ中継局である。

概要[編集]

当地には相内・脇元・出来島・金木の各中継局が置かれていたが、五所川原中継局の30Wから2kWへの増力に伴い廃止された[1]。なお、青森放送青森テレビも併設していた中継局については、十三湖テレビ中継局を参照のこと。

また、鯵ヶ沢・NHK東鯵ヶ沢の両中継局については西津軽舞戸テレビ中継局を、津軽地方にアナログ放送終了まで現存したNHK単独中継局についてはNHK南鰺ヶ沢中継局の項目をそれぞれ参照のこと。

NHK相内テレビ中継局[編集]

アナログテレビ放送[編集]

チャンネル
番号
放送局名 空中線電力
(映像/音声)
ERP
(映像/音声)
偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
51 NHK
青森教育
1W/250mW - / - 水平偏波 全国 - 1974年
9月28日[2]
53 NHK
青森総合
青森県

NHK脇元テレビ中継局[編集]

アナログテレビ放送[編集]

チャンネル
番号
放送局名 空中線電力
(映像/音声)
ERP
(映像/音声)
偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
52 NHK
青森教育
500mW/125mW - / - 水平偏波 全国 - 1974年
9月28日[2]
54 NHK
青森総合
青森県
  • 所在地: 北津軽郡市浦村(現:五所川原市)脇元
  • 五所川原中継局の増力・新設に伴い、1982年9月21にすべて廃止された。

NHK出来島テレビ中継局[編集]

アナログテレビ放送[編集]

チャンネル
番号
放送局名 空中線電力
(映像/音声)
ERP
(映像/音声)
偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
40 NHK
青森総合
500mW/125mW - / - 水平偏波 青森県 - 1975年
8月30日[3]
42 NHK
青森教育
全国
  • 所在地: 西津軽郡木造町(現:つがる市木造)出来島
  • 五所川原中継局の増力・新設に伴い、1982年8月7日にすべて廃止された。

NHK金木テレビ中継局[編集]

アナログテレビ放送[編集]

チャンネル 放送局名 空中線電力
(映像/音声)
ERP
(映像/音声)
偏波面 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
59 NHK
青森総合
3W/750mW - / - 水平偏波 青森県 - 1976年
7月23日[4]
61 NHK
青森教育
全国
  • 所在地: 北津軽郡金木町(現:五所川原市金木町)
  • 五所川原中継局の増力・新設に伴い、1982年9月21日にすべて廃止された。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修部 『NHK年鑑'83』 日本放送出版協会、1983年、247頁。 
  2. ^ a b 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'75』 日本放送出版協会、1975年、313頁。 
  3. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'76』 日本放送出版協会、1976年、334頁。 
  4. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'77』 日本放送出版協会、1977年、337頁。 

関連項目[編集]