NHK衛星第1テレビジョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
日本放送協会 > NHK-BS > NHK衛星第1テレビジョン
NHK衛星第1テレビジョン
基本情報
略称(愛称) BS1、衛星第1
運営(番組供給)事業者 日本放送協会
本社(本部) 〒150-8001
東京都渋谷区神南二丁目2番1号
NHK放送センター
(NHK衛星放送局)
放送(配信)開始 1989年6月1日
放送(配信)終了 2011年3月31日予定
アナログ放送(BS)
放送事業者 日本放送協会
チャンネル番号 BS-7ch
放送開始 1989年6月1日
放送終了 2011年3月31日予定
特別衛星放送(BSデジタル放送)
放送事業者 日本放送協会
チャンネル番号 Ch.101
リモコンキーID 1
物理チャンネル BS-15ch
放送開始 2000年12月1日
放送終了 2011年3月31日予定
その他(再送信・配信)
その他 以下アナログ放送
南大東島 VHF-4ch
小笠原父島 VHF-9ch
小笠原母島 VHF-10ch
公式サイト
特記事項:
開局日はアナログ放送本放送開始日。試験放送開始は1984年5月12日
NHK BS1
知りたい今が、ある。
基本情報
略称(愛称) BS1
運営(番組供給)事業者 日本放送協会
本社(本部) 〒150-8001
東京都渋谷区神南二丁目2番1号
NHK放送センター
(NHK衛星放送局)
放送(配信)開始 2011年4月1日
HD放送(配信)開始 2011年4月1日
アナログ放送(BS)
放送事業者 日本放送協会
チャンネル番号 BS-7ch
放送開始 2011年4月1日
放送終了 2011年7月24日予定
特別衛星放送(BSデジタル放送)
放送事業者 日本放送協会
チャンネル番号 Ch.101
リモコンキーID 1
物理チャンネル BS-15ch
放送開始 2011年4月1日
HD放送開始 2011年4月1日
その他 以下アナログ放送
南大東島 VHF-4ch
小笠原父島 VHF-9ch
小笠原母島 VHF-10ch

NHK衛星第1テレビジョン(エヌエイチケイえいせいだいいちテレビジョン、略称:BS1〔ビーエス・ワン〕、デジタル放送の受信機表示アイコン:NHK1)とはNHKBSテレビチャンネルの一つである。デジタル放送・アナログ放送ともにNHKは委託放送事業者として放送を行っている。

目次

概要

放送開始の経緯・開始当時の状況

1984年5月12日、日本初となる人工衛星放送衛星)を利用し直接受信が可能なテレビジョン局として放送を開始。専用の放送衛星を打ち上げてテレビ放送をする、当時は全世界中極めて珍しいチャンネルであった。NHKのBSチャンネルは当初から2チャンネル体制での放送体制を計画しており、当初は山間部や離島地域など難視聴地域への対策として地上波(BS1はNHK総合テレビジョンNHK衛星第2テレビジョン(BS2)はNHK教育テレビジョン)の同時・または時差放送を中心軸として編成する事を想定していた。しかし事実上初代となる実用放送衛星「ゆり2号a」が打ち上げ直後に中継器とその予備各1台が故障するトラブルが発生。放送開始後しばらくは1チャンネル分での放送を余儀なくされた。

その後1986年2月12日に予備衛星の「ゆり2号b」が打ち上げられ、本来の2チャンネル体制での放送が可能となった。1987年7月4日から地上波の同時中継はBS2が担う様になり、BS1は後述する様な独自の番組編成を行う様になった。これに伴い地上波時差編成はBS2に集約され、BS2開局前以来1年半ぶりの総合・教育混合編成再開となった。

放送編成

日本国内外のニュース(BSニュースセンターの独自制作。ただし、政治・皇室関連や重大な事件・事故があった場合の特設ニュースについては総合テレビと同時放送される。)、スポーツ中継、ドキュメンタリー(国際情勢やスポーツに関する内容)に特化した編成になっている。2004年11月以降、24時間ニュース専門チャンネルを目指す観点から深夜・早朝を含めた毎時間『NHK BSニュース』を定時放送している。この『NHK BSニュース』は海外向けのNHKワールド・プレミアムでも放送されている(日本時間で主に深夜帯と週末の昼間の時間帯)ため総合テレビ同時放送の『NHKニュース』とあわせて世界中で24時間、日本国内向け放送のニュース番組がリアルタイムでの視聴が可能になっているメリットもある。しかしこの構想を発案・推進した当時の会長である海老沢勝二がNHKを離れてからは進展が一切見られず、スポーツ関係の番組が増え続けるなど同構想と明らかに矛盾する編成が顕著になっていく。さらにNHKの衛星放送チャンネルの削減へ向けた動きも出てきていることもあり、実現の見通しは全く立っていない。

1987年7月4日に独自編成になってから『NHK BSニュース』などの一部例外を除き、エンディングの「終/(制作著作)NHK」の表記はほとんど見られなくなり番組名を画面下部右隅に出す程度(アイキャッチとほぼ同等)になった。

放送映像・音声ほかの仕様

デジタルアナログともに同一内容の放送を実施している。デジタル放送は開局当初から、アナログ放送は2007年11月1日からNHKは放送免許を持たず委託放送事業者として放送を行っている。

BSデジタルでは全放送時間の半数以上がハイビジョン同様16:9の画面で放送(ニュース番組のすべてと一部のスポーツ中継、ドキュメンタリーなど)されている。16:9の画面で放送されている番組は原則としてハイビジョン制作である。音声に付いては2か国語放送・解説放送もステレオで放送される事がある。2006 FIFAワールドカップ(デジタル放送は全試合ハイビジョン同様16:9の画面で放送)ではBS1のデジタル放送開始以来初めて5.1サラウンド放送が行われた(デジタル衛星ハイビジョン同時放送のみ。BS1で5.1サラウンド放送が行われたのはこのほか2010バンクーバーオリンピック開会式のみ)。

またリモコンのdボタンで、気象情報のデータ放送を見る事もできる(ハイビジョンチャンネル化後は総合テレビ・BSハイビジョンとほぼ同じ内容のデータ放送となる予定)。

これまでNHKの国内のデジタルテレビジョン放送では唯一字幕放送が行われていなかったが(アナログテレビ放送では2007年9月30日で終了したBSアナログハイビジョンもあてはまる)、2011年4月のハイビジョンチャンネル化と同時に字幕放送も開始する予定である(現時点では「COOL JAPAN」と「BS世界のドキュメンタリー」の2番組で実施予定)。

アナログ放送・デジタル放送の現状と今後の予定

現在、BS1はデジタル放送でも標準画質で放送されているが2011年のテレビ放送の完全デジタル化を機にハイビジョンチャンネル化される。総務省における手続きを経て2010年12月9日、その概要が発表され、このチャンネルについては「BS1」の名称が引き続き使用されることになった。NHKによると現在の「BS1」は衛星第1テレビの意味合いで使っているが新「BS1」は日本の衛星放送のパイオニア(日本初の実用衛星放送局)であることを自覚し、「衛星放送のNo.1を目指す」という願いを込めたものとなっている。基本的なコンセプトは「知りたい今が、ある」をテーマに、現・BS1とほぼ同じくニュース・国際情報とスポーツ中継を軸としたものになる。

2011年3月31日の終了と共にBS1・BS2・BShiの衛星3波はその歴史に幕を閉じる。その後デジタル放送はスロット数変更作業を行なうため放送を休止、翌4月1日午前6時(日本時間)からデジタル101チャンネルは新生「BS1」として放送を開始する。デジタル102チャンネルは欠番扱いとなり、デジタル103チャンネルは「BSプレミアム」に衣替えする。アナログ放送については終了日の同年7月24日まで新生「BS1」のサイマル放送を行うが途中から通常番組は一切放送せず、アナログ放送が終わったことを示す告知のみに切り替える。

沿革

  • 1984年5月12日 試験放送開始
    • 当初は難視聴対策の為、BS1では総合テレビ、BS2は教育テレビの中継をする予定が放送衛星「ゆり2号a」の中継器3台のうち2台が故障、1チャンネルで総合・教育の混合編成を行っていた。その後1986年2月12日に予備衛星「ゆり2号b」が打ち上げられ、衛星第2テレビが開局すると地上波の中継は総合テレビのみとなる
  • 1987年7月4日 独自編成による24時間放送を開始
    • NHKの衛星・地上波を通して史上初の24時間編成が実現した[1]。ワールドニュース、スポーツ中継、コンサート、映画などの総合編成を行った。但し1997年8月1日にBSAT-1に移行するまでは毎年2 - 4月及び8 - 10月の一時期は「」(放送衛星が地球と重なるため太陽の光が遮られる状態。基本的に日食と同じ原理)が発生するため未明の0:30 - 4:30を放送休止とし、20時間放送となった。また、年に1 - 3回不定期で月による食(放送衛星が月に入り、太陽の光が遮られる状態。基本的に月食と同じ原理)で1 - 4時間放送休止することがあった。
  • 1989年6月1日 本放送開始
    • これに伴い衛星放送の番組体系をより明確にする為、ニュースとスポーツ中継を中心とした専門チャンネルとして放送するようになる。
  • 2000年12月1日 デジタル衛星第1テレビジョン放送開始
    • BSアナログ放送停止までの暫定措置としてBSアナログ放送と同内容の放送を行う。NHKでは将来的なBS衛星放送の完全デジタル化を目指し、それへの移行を円滑に進めるための放送と位置づけている。尚、デジタル放送としての放送免許は持たず他のBSデジタル放送局と同様、委託放送事業者として放送。
  • 2007年
    • 11月1日 アナログ放送の送信業務も放送衛星システム社に委託、委託放送事業者に移行
      • これに伴い、従来のアナログ放送の放送免許は廃止(廃局)。
    • 11月26日 アナログBShiの終了に伴う衛星スロット配置の変更
      • デジタル放送は5時から従来の6スロットに3スロット追加されて9スロットでの放送となり、画質が向上した。
  • 2008年5月1日 アナログ放送の透かしの「BS1」の下に「アナログ」の透かし文字を追加。
    • 2011年7月のアナログ放送終了に備えて、視聴者が自分でアナログ放送かどうかを識別できるようにした(デジタル放送は変更なし)。
  • 2011年3月11日 東北地方太平洋沖地震に伴い、閉局の3月31日まで特別編成で放送。
総合テレビと同じ番組内容の震災関連情報を終日提供し、3月18日までは完全同時放送を実施した。19日からはニュースと震災関連番組については総合テレビの同時放送を実施し、それ以外の時間帯はBS1のコンテンツであるスポーツやドキュメンタリーを放送。BS1のニュース番組についてはNHK制作のニュース番組は21日放送の『きょうの世界』から再開、海外のニュース番組は22日から再開した。
通常BS2で放送されているNHKニュースおはよう日本正午のニュースNHKニュース7がBS1でも放送した他、首都圏ローカルのニュース・気象情報も特に差し支えがない限り同時放送を実施(ただし、字幕放送は実施せず)。同時放送については28日から減少したが、31日まで継続して続けられた。BS2で本来放送されるべき総合テレビの番組はこれまでも国会中継や一部スポーツ中継で代替放送された事例があるが、終日総合テレビの番組を同時編成するのは1987年7月の独自編成以前に行なわれた以来。
また、深夜24時以後基点までは概ね30分おきのニュース+フィラー<お天気カメラと震災関連情報のロール字幕>を放送。またBS2も19日から通常放送に戻すが、上述3番組についてはBS1・2サイマル放送となる。
これにより、旧BS1での最後の放送番組となる筈だった定時ニュース番組の『NHK BSニュース』は3月11日13時台を最後に閉局を迎える。
予定
  • 2011年
    • 3月31日 現体制における「NHK衛星第1テレビジョン」の放送を24時をもって終了
    • 4月1日 新体制における「NHK BS1」の放送を6時より開始(当初はデジタル・アナログ同時放送、デジタル放送は23スロットへ変更予定)
    • 7月24日 アナログでの「NHK BS1」同時放送終了し、デジタルに一本化

コールサインの遍歴

現在は受託放送事業者の株式会社放送衛星システムが一括して管理・コールサインを保有している関係からNHKは委託放送事業者として放送を行っている為、NHK単体でのコールサインは無い。

2007年10月31日まではアナログ放送についてはNHKが送信業務を実施(デジタル放送は開局時からNHKが委託放送事業者として放送)していた為に、NHK単体でのコールサインが割り当てられていた。このコールサインは放送を発信する衛星によって割り当てられたコールが異なっていた。

  1. 1984年(試験放送開始当初 ゆり2号a使用) JO2B-BS-TV
  2. 1986年(ゆり2号b使用) JO21-BS-TV
  3. 1990年(ゆり3号a使用) JO31-BS-TV ※この時、放送チャンネルがBS-15chからBS-7chに変更される
  4. 1997年(BSAT-1使用) JO21-BS-TV

2007年11月1日以降はアナログ放送も放送衛星システムに送信業務を委託し委託放送事業者に移行した為、NHK単体でのコールサインは廃止された。

放送形態

詳細は「日本放送協会の放送形態」を参照

毎日5:00を起点とした24時間放送(年1回メンテナンスのためデジタル放送のみ放送休止あり。アナログ放送は送出を2系統化しているためメンテナンスがあっても完全無休で放送。但し日によってデジタル・アナログ双方とも休止する場合もあり)

放送休止

  • 2006年7月2日深夜(7月3日0:55〜5:00)にメンテナンスのためアナログ・デジタルとも放送休止となった(デジタル放送はデータ放送・EPGを含めて休止とアナウンスはされているが実際には停波しない限り利用可能である)。BSアナログ放送でのBS1の放送休止は1997年春に「食」による放送休止がなくなってからは1997年と1998年に設備メンテナンスで数回あったが、2000年12月1日のBSデジタル放送開始以降では初めてである(それまでは6年近く放送休止が全く無かった)。
  • 2006年9月3日深夜(9月4日0:55〜5:00)に設備保守点検のためアナログ・デジタル共に放送休止になった(デジタル放送は放送休止中もデータ放送・EPGは利用可能。また青ボタンを数秒間押して表示するB-CASカードの番号確認も可能)。デジタル放送の放送休止時の灰色画像は画角16:9となっている。
  • 2006年11月20日1:10〜5:00(BS2は0:55〜5:00)はデジタル放送のみ放送休止でアナログ放送のみで通常放送を行った。
  • 2007年6月11日未明、9月18日未明にBS1、BS2、BS hiのBS放送全チャンネルが海外向け国際放送のNHKワールドTV、NHKワールド・プレミアム(6月11日未明のみ)とともに放送・配信が休止された。
  • 2007年11月26日1:00〜5:00(BS2は0:55〜5:00)にデジタル放送のみ放送休止でアナログ放送のみで通常放送を行った。これはアナログBShiの終了に伴う衛星スロット配置の変更作業に伴うものである。
  • 2010年1月23日深夜(1月24日4:40〜4:50)にアナログBS1のみ放送休止した。この日は通常4時台に放送している『JAPAN 7DAYS』が休止されフィラー番組が放送された。
  • 2010年10月31日深夜(11月1日1:00〜5:00)・11月28日深夜(11月29日1:00〜5:00)にアナログ・デジタルとも定期点検のために放送を休止(2007年9月18日未明以来約3年ぶりのアナログ・デジタル完全停止)。また1:00の放送終了後にはブルーバック字幕(普段、BShiの休止時に出ているものと同じ柄)で「衛星第1テレビジョンは放送設備の点検整備のため、午前5:00まで放送を休止しています。なお、デジタル衛星第1テレビジョンのデーター放送とEPG(番組ガイド)もご利用いただけません。ご了承ください。」の字幕を表示した。2011年1月30日深夜(1月31日未明1:00-5:00)および2月13日深夜(2月14日未明1:00-5:00)も同様の放送休止となったが、こちらは「なお、データ放送とEPG(番組ガイド)についてはご利用いただけます。」という文言に変わっていた。

時報スーパー

詳細は「日本放送協会の放送形態#時報スーパー」を参照

5:00〜10:00(スポーツ中継の都合で8:00または9:00までのときがあるほか、当該時間帯でも表示しない場合あり。また、番組の始まりに関係なく毎正時にも10秒間表示。デジタル・アナログともクロスカット切り替わり)

2006年11月25日より、アナログ放送での時報スーパーの縁が地上波と同様に薄くなった(地上波よりもさらに縁が薄い)。しかし位置がやや左上に寄っているため、一部のテレビでは全て表示できない場合がある。

2007年1月13日津波警報発令に伴う緊急ニュースを放送したため他のNHK放送波と同様13:42〜18:10:10まで時報スーパーの表示をしていた。1999年3月まで朝の時報スーパーの表示は9:00までだった。また2009年8月17日は、10時の『BSニュース』でも表示(10:10まで)を行った。

平日夕方に「総理記者会見」など、総合テレビとサイマル放送する場合も時刻スーパーが表示される。

その他

2006年11月20日の5時以降、BSデジタル放送では標準画質であるもののハイビジョン制作の番組は画角16:9のサイズで放送されるようになった。ただしごくわずかだが、4:3で放送する番組も残る(例として海外から送られる一部のスポーツ中継、Xゲーム、ABCニュースシャワー、NHKワールド制作の『NIPPON OUT ABOUT』、その他ごく一部のミニ番組)。

オープニング・クロージング

  • 現行 2006年7月24日 -
    • オープニング 砂漠の夜明けの映像の中心に、「BS1」のロゴ~ID画面。画面比は16:9。
    • クロージング 宇宙から撮影された地球の静止画をバックに以下のテロップとナレーションが入る。
      • (パターン1 アナログ・デジタルとも停波する場合)「このあと衛星第1テレビジョンは放送設備の点検・整備のため午前(放送再開時刻)まで放送を休止します」「なお、デジタル衛星第1テレビジョンのデータ放送、EPG(番組ガイド)もご利用いただけません。ご了承ください」
      • (パターン2 アナログ・デジタルとも停波しない場合)「このあと衛星第1テレビジョンは放送設備の点検・整備のため午前(放送再開時刻)まで放送を休止します」「なお、デジタル衛星第1テレビジョンのデータ放送、EPG(番組ガイド)はご利用いただけます」(2007年2月19日未明の放送休止でこのアナウンスが流れた)
      • (パターン3 デジタル放送のみ休止の場合)「このあとデジタル衛星第1テレビジョンは放送設備の点検・整備のため午前(放送再開時刻)まで放送を休止します」「データ放送、EPG(番組ガイド)もご利用いただけません」「なお、アナログの衛星第1テレビジョンは終夜で放送します。ご了承ください」
    • 画面比は当初4:3だったが現在は16:9(アナログ放送はレターボックス放送)に変更されている。
    • 基本的に、映像・BGMはNHKデジタル衛星ハイビジョン(BShi)と同じフォーマットである(当然、BShiは同じフォーマットでもハイビジョン画質である)。また原則24時間放送のため、オープニングとクロージングはめったに見ることができない(年数回程度である)。放送休止中はグレーバックの画面となっている。
    • データ放送については「ご利用いただけません」と実際に表示されていても送信機を完全に止める場合(画像改善のための停止など)は利用できないが、カラーバーや上述の放送休止表示パターンが出ている場合は利用することが可能である。
    • なおアナログ放送を含めた完全委託放送移行でコールサインが廃止される前の2007年10月31日まで、4時前(もしくは日によって5時前)にコールサインのアナウンスが次の通り放送された。放送形態をあわせて参照。
      • アナログ放送のID画面では地面に卵が置かれたCG映像に「NHK(ロゴマーク)衛星第1テレビジョン 7チャンネル(物理チャンネル)」と出し、NHKのマークの上にJO21-BS-TV(BSはNHK-BSのロゴ)を出しそれに男性アナウンサー(不詳)が前述のコールサインのアナウンスを放送した。
      • デジタル放送のID画面では白地で「NHK(ロゴマーク) BSデジタル101チャンネル デジタル衛星第1テレビジョン」と出し、それに渡邊あゆみアナウンサーがコールサインを読み上げていた。
  • 1世代前 不明
  • 1984年の試験放送開始初期でのオープニングは総合テレビジョンの2世代前(パラボラアンテナが動く映像)と同じ映像が使われていた。
  • 24時間放送が開始される以前は終了時に君が代演奏・日章旗掲揚があった

現在の放送チャンネル

  • デジタル放送
BS-101ch(リモコンキーID1)
  • アナログ放送
BS-7ch
中継局
小笠原父島 VHF9ch(10W)
小笠原母島 VHF10ch(1W)
南大東 VHF4ch(100W)
※小笠原諸島と大東島では現在、通信衛星を使い東京で放送されている地上波テレビ放送が再送信されている。

以前の放送チャンネル

  • アナログ放送 BS-15ch(~1990年11月30日
※なお、当初BSアナログ放送では第1テレビではBS-11ch、第2テレビはBS-15chを使用する予定だった。

脚注

  1. ^ BS2はその2年後、1989年開始。地上波はAMラジオ第1放送1992年総合テレビ1997年FMラジオ放送1998年にそれぞれ開始。また、海外向けのNHKワールドTVNHKワールド・プレミアムも1999年10月に24時間編成が実現し、NHKワールド・ラジオ日本の日本語放送(衛星ラジオのみ)も2010年に完全24時間編成が実現した。教育テレビBShi2000-2006年に行っていたが現在は24時間放送を特別な場合を除き中止している

関連項目