NINJIN娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
NINJIN娘
田原俊彦シングル
初出アルバム『田原俊彦A面コレクション』
B面 ジャングル・シェイク
リリース
規格 EPシングル
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル NAV/キャニオン・レコード
作詞・作曲 宮下智
プロデュース ジャニー喜多川
チャート最高順位
田原俊彦 シングル 年表
原宿キッス
(1982年)
NINJIN娘
1982年
誘惑スレスレ
(1982年)
ひらけ!ポンキッキ 年表
「ほいでもってブンブン〜子供篇〜」ちびっこブラザース
(CX-129/1981年8月)
「NINJIN娘」田原俊彦
(7A0213/1982年8月)
「SOSペンペンコンピュータ」PEGMO
(CX-130/1982年9月)
テンプレートを表示

NINJIN娘」(ニンジンむすめ)は、1982年(昭和57年)8月6日にリリースされた田原俊彦の10枚目のシングル。

解説[編集]

購入者には、赤いナイロン製の袋が特典としてついていた。

表題曲は、フジテレビ系『ひらけ!ポンキッキ』の「今月の歌」となり、軽快なジャズ・テイストとコミカルな振付と共に広い層に人気を得た[1]。アニメーションを交えた田原本人の歌唱シーンは番組内で度々放映された。曲中では同じく『ひらけ!ポンキッキ』で使用されたなぎら健壱の「いっぽんでもニンジン」のフレーズを引用している。この曲はそれまで『ひらけ!ポンキッキ』の音楽ディレクターを一人で担当していた小島豊美ではなく、田原の音楽ディレクターだった羽島亨が担当している[2]。また、『ひらけ!ポンキッキ』の後継番組『ポンキッキーズ』では爆チュー問題がコントの一環としてカバーしている。なお、『ひらけ!ポンキッキ』にて使用されていたバージョンは、1コーラス部分をカットして2コーラス目から始まり、サビの部分の歌詞の「3本でも」「5本で」が、それぞれ「1本でも」「2本で」に差し替えられた、演奏時間2分強のものである。このバージョンは『ひらけ!ポンキッキ』関連のオムニバスアルバムに収録されているものの(初出は1982年発売のLP『NINJIN娘〜やせろ!チャールス豚三世』品番:C18G0159)、田原のアルバムには未収録である。

収録曲[編集]

  1. NINJIN娘
    作詞:宮下智
  2. ジャングル・シェイク
    作詞:森雪之丞

カバー[編集]

NINJIN娘

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 羽島亨ライナーノート」(『BEST OF TOSHIHIKO TAHARA』)(ポニーキャニオン、1998年)
  2. ^ 小島豊美とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、248-249頁。ISBN 978-4-907583-45-3

参考資料[編集]

関連項目[編集]